記事

グリー、未成年者への上限突破課金で消費者庁から口頭注意

今年も宜しくお願いします。

さて、早速何を書こうかと思った矢先に、グリーがやらかしましたので、ピックアップしたいと思います。

「グリー、未成年に超過課金…733人に返金へ」

ソーシャルゲームは、原則無料だが、有料アイテムを使うと、楽にゲームを進められる。しかし、未成年者に対する高額課金が問題になり、同社は昨年4月から、月額の課金額の上限を15歳以下は5000円、16〜19歳は1万円に設定した。

 ところが、携帯電話利用者のうち、クレジットカードで決済するケースについては設定の対象になっておらず、同社関係者によると、10歳から19歳の733人が上限を超えて利用。1か月間で10万円超を課金された人も30人以上いたという。グリーは昨年9月の内部調査で誤りに気づき、設定を改善したが、「該当者が少ない」との理由から公表も返金も行っていなかった。しかし先月、外部から指摘を受け、発表することにした。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130107-OYT1T00010.htm?from=ylist


この問題、情報を最初に掴んだのは、元切込隊長、山本一郎氏だったようです。

そもそも、未成年者への課金制限は、グリーを始めとするソーシャルゲームメーカー各社の、合意で決まったガイドラインに沿っています。ソーシャルゲーム各社は、それぞれガイドラインに沿って、利用規約を策定し、ユーザー登録の際、この課金制限に言及しています。

もちろんグリーもそうですし、ヘルプでも確認できます。

■利用金額の上限

 15歳以下のお客さま:月間5,000円(税込)まで

 16歳以上‐19歳以下のお客さま:月間10,000円(税込)まで

対象となる決済サービス

 ・キャリア決済サービス

 ・クレジットカード

 ・BitCash

 ・楽天Edy

 ・Google Checkout(Google Playアプリ向けの決済手段)

 ・In App Purchase(iOSアプリ向けの決済手段)

 ・PayPal?

 ・WebMoney

https://phelp.gree.net/app/answers/detail/a_id/4543/kw/%E8%AA%B2%E9%87%91/related/1


対象となる決済サービスのクレジットカードの所で、フィーチャーフォンの設定が抜けていたというのが、今回の騒動の原因ですね。

当然約束された制限がかからなかったから契約違反、問題を認識したまま放置したら『詐欺』になってしまうのですが、ここでグリーが超認識を行います。

曰く「クレジットカード決済は未成年者では1%程度であり、影響は限定的」なので、放置したんですね。意味がわかりません。

いや、返金はしていたけど、プレスは打たなかったよということなら、まぁ理解は出来ます。プレスを打つべきですが、まだ理解は出来る。なのに、なんでそこで『積極的な返金もしない』という発想になってしまうのか。

自分たちで策定したガイドラインでしょう。それをユーザーにもアピールして運用してるわけでしょう。それを勝手に「返金しない」と判断するなら、ガイドラインを決めた意味が無いじゃないですか。いや、ユーザーに架空の安心感を与えている段階で害悪ですよ。

『クレジットカード会社が、1人のユーザーから倍の金額を引き落としました。

クレジットカード会社は問題を検討し、1件ならいいやと放置しました』

おいおいおい。返金するだろ、普通。これを733件やらかして、なぜ『限定的』と放置できるのか。

なんと言うかもう、『企業コンプライアンス』という言葉が、相変わらず羽毛より軽い業界であります。

 

■怒る消費者庁

「速やかに公表すべきだ」 森消費者担当相、グリーを口頭注意

未成年者に上限超え課金で内閣府で青少年の健全育成も担当している森担当相は「(内閣府としても)情報収集し今後の対応を検討したい」と話した。

同社は昨年9月に超過課金の事実を内部調査で把握したが、約4カ月間公表してなかった。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130108/crm13010812570009-n1.htm


業界の自主性を尊重している消費者庁ですが、顔に泥をかけられ続ける事態に、ピキピキ来ているようです。山本氏が突っ込まなければ、この問題はそのまま放置されていた可能性が高いわけで、消費者保護の観点からも消費者庁は動かざるを得ない状況です。

業界トップの自浄能力が、これだけさっぱり無いと、消費者庁も守るに守れないというのが本音でしょう。

 

例年通りなら、2月1日か4日にはグリーの決算発表があります。以前から注目されていた海外進出の収益化とともに、グリーの姿勢が改めて問われることになりそうですね。

あわせて読みたい

「GREE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  7. 7

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    前澤氏はお金配りしない方がいい

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。