記事

「日本の20代男性だけ古い考えに囚われている」30~40代より同性愛許容度が低いナゾ

1/2

近年、「同性愛」に関する日本人の意識が大きく変化している。統計データ分析家の本川裕氏は「同性愛に対する日本人の許容度の最新調査(2019年)では男性の若年層(29歳以下)の数字が同中年層(30~49歳)より低く、また女性との差が若年層だけ大きく広がっている。若い男性だけ古い考え方に囚われているともとれる」と指摘する――。

自民党の特命委員会が2021年4月、同性愛者を含む性的少数者に関する「理解増進」を柱にしたLGBT法案を公表した。これに対して党内保守派にはなお慎重な意見がある一方で、当事者や活動家・有識者は、「理解増進」法案は理解が進むまでこれを免罪符にして差別を放置しようとする悪法だとして、むしろ「差別禁止」法案に変更すべきだと反対している。

また、こうした動きに先立つ3月17日には、同性婚を認めないのは「法の下の平等」を定めた憲法14条違反だとする判決がはじめて札幌地裁で下され論議を呼んだ。

今回は、同性愛を取り上げ、わが国でこれについての理解が高まっている点や世界の中でこれをめぐって価値観の二極化が生じている点について、データで確かめてみよう。

同性愛を認める方向への国民意識の大きな変化

まず、「同性愛」については、それに対して理解を示す方向で国民意識が大きく変化してきている点を示そう。

世界数十カ国の大学・研究機関の研究グループが参加し、共通の調査票で各国国民の意識を調べ相互に比較する「世界価値観調査」が1981年から、また1990年からは5年ごとに行われている。ただし最新調査は前回から7~10年後(日本は9年後)となっている。

世界価値観調査は各国毎に全国の18歳以上の男女、最低1000サンプル程度の回収を基本とした個人単位の意識調査である。

この調査の日本に関する結果から、ここでは、同性愛に関する許容度の時系列変化をグラフにした(図表1参照)。同性愛のほか脱税、自殺、DVなどに対する倫理的許容度の設問は「全く間違っている」の1から「全く正しい」の10までの10段階評価で回答する形式となっている。

ますます寛容になる同性愛に対する日本人の見方

最新の調査結果を見ると「全く間違っている」(1点)は9.5%であり、「全く正しい」(10点)の29.4%の3分の1になっている。そして、6~9点の回答は合計で31.0%となっている。同性愛を「正しい」と考える日本人が多数派となっていることが理解できる。

しかし、こうした国民意識の現状は新しいものだ。世界価値観調査が行われた最も古い年次である1981年の結果を見ると「全く間違っている」が56.6%と過半数を占め、「全く正しい」は2.0%とごく少数だった。現在とはまったく正反対の状況だったことがよく理解できる。この40年で国民意識は一変したのである。

1~10点の10段階の回答の平均点を計算してみると1981年から、2000年、2010年を経て、2019年にかけて、2.48→3.53→5.14→6.71と変化している。2010年ごろにほぼ賛否が半々に達してから、さらに、この約10年に大きく同性愛容認の方に国民意識が大きく傾いたことが分かる。平均点による許容度判定については、これ以降も何度も登場するので頭に置いておいてほしい。

若い男性の同性愛許容度はやや低い

こうした急激な変化をもたらしたのが国民のどのような層であるのかをうかがうため、男女・年齢別の許容度(平均点)を次に見ておこう(図表2参照)。

こういう新時代の価値観については、当然、若者が敏感で高齢者は古い考えを抱いたままと予想される。実際、2010年についても2019年についても若年層(29歳以下)の許容度が高く、高齢層(50歳以上)の許容度は低くなっている。ただし、高齢層の変化を見ると2010年から2019年にかけての上昇幅は若い世代と比べて遜色がない。高齢層まで含めた国民全体での意識変化が生じているといってよかろう。

一方、男女を比較すると2010年も2019年も各年齢層で女性の許容度が男性をかなり上回っており、女性の方が同性愛に対して寛容であることが分かる。

まだ囚われている若い男性?

男女・年齢別の動きを見ていて、少し、奇異なのは男性若年層の動きである。2010年から2019年にかけて男性若年層だけ許容度の上昇幅がそれほど大きくなかったため、2019年の状況では、男性中年層(30~49歳)より許容度が低く、また女性との差が若年層だけ大きく広がる結果となっている。若い男性だけまだ古い考え方に囚われているとも見えてしまう。

世界各国の同性愛に対する見方は大きく異なる

こうした意識変化は日本だけの動きなのだろうか? 次に同性愛の許容度についての国際比較を見てみよう。

まず、主要国の最新年次の回答結果を比べてみよう(図表3)。

同性愛許容度の国際比較

許容度の高い国の例としてスウェーデンを掲げた。スウェーデンでは10(全く正しい)に回答した人が72.3%と圧倒的に多い。平均点は8.7である。

次に、許容度の低い国として中国を掲げた。中国では1(全く間違っている)に回答した人が67.7%と圧倒的に多い。平均点は2.3点である。

一方、許容度が中程度の国として、日本と米国を掲げた。平均点が6.7の日本は1や10への回答も多いがその中間の回答もかなりある。米国は平均点では6.2と日本とそれほど変わらないが、具体的な回答結果は、1が19.3%、10が31.2%と1位、2位を占めており、その中間の回答はずっと少ない。

つまり、日本と米国は平均点では同程度なのであるが、国内の意見対立の程度が大きく異なるのである。米国の場合は、先の大統領選ではバイデン候補を推した民主党支持のいわゆるブルーステートの人々とトランプ前大統領を推した共和党支持のいわゆるレッドステートで同性愛に対する見方が、妊娠中絶などと並んで大きく対立しており、それが、こうした両極に分かれた回答分布に結びついていると思われる。

欧米先進国並みに高くなった日本の同性愛許容度

世界では、同性婚を法的に認める国が増加している(図表4参照)。

同性婚ができる国・地域と導入年

たしかに、世界的に人権意識が高まっており、性的少数者であってもその権利を極力尊重しようというのが国際的な潮流になっていることは間違いない。わが国でも、そうした潮流に沿って同性婚を実現しようとする動きが、当事者や社会運動家の間で高まっているといえよう。

しかし、こうした潮流はほんとうに全世界的な動きなのだろうか。それとも一部の国々だけの動きなのだろうか。

こうした点を確かめるため、世界価値観調査における同性愛許容度の平均点の各国分布を2010年期と2017年期で比較した散布図を作成した(図表5参照)。どちらの時期でも調査が行われた42カ国が対象となっている。

あわせて読みたい

「若者」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  4. 4

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  5. 5

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  8. 8

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  9. 9

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  10. 10

    人々が次に求めるもの、そこにビジネスがある

    ヒロ

    06月20日 11:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。