記事
  • ロイター
  • 2021年05月13日 14:50 (配信日時 05月13日 14:47)

B737MAXの電気系統問題、当局が改修承認 運航再開に道


[ワシントン 12日 ロイター] - 米ボーイングは、旅客機「737MAX」の約100機に影響が出た電気系統の問題を巡り、米連邦航空局(FAA)が改修を承認したと明らかにした。4月上旬から停止している運航の早期再開に道が開かれた。

FAAの当局者も、改修に関する通知や関連の指示事項を承認したことを確認した。ボーイングは12日、改修について2件の通知を航空各社に送った。

ボーイングはロイターに対し「FAAの最終承認を得た後、影響を受けた機体について通知を出した」と述べた。また「納入再開に備え、作業完了に取り組んでいる」とした。

5月下旬に夏の旅行シーズンが始まるのを前に、同社の発表は米航空各社にとって安心材料となる。

ボーイングは4月、737MAXの一部機体について、バックアップの電源制御装置に関連した問題を報告。航空会社は当該機の運航を停止している。

この問題に関連し、ボーイングは737MAXの納入も停止している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  4. 4

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  5. 5

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  6. 6

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  7. 7

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  8. 8

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  9. 9

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  10. 10

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。