記事

大相撲「溜席の妖精」は今場所で見納め? 複雑すぎるチケット事情

1/2
4日目から観客を入れて開催された大相撲夏場所(時事通信フォト)

 緊急事態宣言を受けて無観客で始まった大相撲5月場所(5月9日初日)。宣言は5月31日まで延長されたが、東京都ではイベント開催の制限が緩和されたため、4日目(5月12日)からは有観客(上限5000人)での開催となった。ネット上でまたも話題となったのが「溜席の妖精」だった。

 今場所のチケット事情について、協会関係者はこう話す。

【写真】マスク美人の「溜席の妖精」は3月場所にも来て話題になっていた

「4月27日までに15日分のチケットが販売されていたが、無観客開催となった初日~3日目のチケットは返金対応となり、他の開催日への振り替えは行なわれない。茶屋や協会関係者が販売している席はすでにチケットが購入者の手元に渡っているので、チケットと引き換えに返金されることになる」

 NHKの大相撲中継の画面でも4日目からは観客の姿が戻ってきたことで、「溜席の妖精」も本場所に復帰した。昨年の11月場所から国技館に“皆勤”するようになった、背筋をピンと伸ばしたマスク美人だ。昨年の11月場所と今年の初場所は東の花道付近に15日間座っていたが、今年の3月場所からは向正面のほぼ中央の西花道寄りに定位置が変わり、中継でも常に映り込むようになった。

 今場所は再び東の花道付近(テレビ画面の左上隅)に戻ったが、彼女の姿は今場所で見納めになるとも囁かれている。協会関係者が続ける。

「溜席で観戦できるのは観客の多くは、1場所(15日間)で23万円の『維持費』を支払っている協会の『維持員』になります。維持員たちは定期的に取組を観賞して力士の技量を把握し、その声が大相撲の発展につながっていくと位置づけられており、いわば協会が認めた“公式のタニマチ(支援者)”です。それだけに、目の肥えた好角家が多い。両国国技館で行なわれる東京場所は年に3回なので、維持員たちは年間69万円、これを6か年の一括払いとして414万円を支払っているのです」

 ところがコロナ禍による入場者制限を受け、昨年7月場所や同9月場所では溜席は使用されない状態となった。その結果、維持員たちには溜席ではなく、その後ろの桝席を前列から割り振られるようになったという。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  3. 3

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  4. 4

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  5. 5

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  8. 8

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  9. 9

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  10. 10

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。