記事

あの「白のパンダ」に隠された秘密とは…? 「アジアの純真」から25年 PUFFYはいまでも“県大会を目指す部活”の最中だ 5月13日は「アジアの純真」の発売日 - 近藤 正高

1/2

 歌い出しでの地名の羅列や「白のパンダ」などナンセンスなフレーズが印象に残る「アジアの純真」が、女性デュオ・PUFFYのデビューシングルとして発売されたのはいまから25年前のきょう、1996年5月13日のことだった。

【写真】この記事の写真を見る(7枚)


PUFFYの2人 ©文藝春秋

プロデュースを担当したのは奥田民生

 PUFFYは大貫亜美(デビュー当時22歳)と吉村由美(同21歳)による2人組。デビューの前年、亜美が同じ事務所(ソニー・ミュージックアーティスツ=SMA)に所属する由美と一緒にやりたいと希望したことから結成された。2人はレコード会社のソニー・ミュージックエンタテインメント系列のそれぞれ別のオーディションを経て、SMAの預かりとなっていた。デビューにあたっては、プロデュースをやはりSMA所属の奥田民生が引き受けることになる。

「アジアの純真」はもともとシングル用につくられたのではなく、1stミニアルバム『amiyumi』(1996年7月22日発売)の制作の過程で収録した1曲だった。奥田のつくった曲に詞をつけたのは、このころ彼とコラボレーションする機会が増えていた井上陽水である。陽水は作詞にあたり、アルバム収録中のスタジオで彼女たちに取材したという。そこでは亜美がかつて父の仕事の関係で韓国に住んでいたという話で盛り上がるも、後日送られてきた詞にはそのことはほとんど反映されていなかった。

「白のパンダ」の秘密は…タモリの「熊猫深山」

 陽水は奥田のデモテープを聴いた時点で、テーマはアジアで行くつもりでいたらしい。歌詞ができあがってきたとき、奥田はPUFFYのスタッフに見せて「デビュー曲をこれで行く勇気はあるのか?」と確認したという(※1)。彼からしても、歌詞があまりにも奇抜だったからだ。だが、ミニアルバムの全曲の収録が終わり、どれをデビューシングルにするかとなったとき、スタッフ全員一致でこの曲に決まった。もっとも、亜美はこのとき、心のなかで「これじゃないな~」と思っていたと、最近になって明かしている(※2)。

 ちなみに例の「白のパンダ」のフレーズは、陽水によれば、タモリがデビューまもない時期のアルバムで歌った「熊猫深山」なるデタラメな中国民謡から着想を得たものだった。PUFFYの楽曲のタイトルも当初は元ネタからそのまま拝借するつもりであったらしい。曲の終わりの歌詞「今、アクセス・ラブ」も、もともとは「ただナンマイダ」となっていたという。しかし、デビュー曲で「ナンマイダ」はさすがにまずいと変更され、「熊猫深山」も、陽水いわく《でもやっぱり五年後、十年後にいろんなインタビューで「パフィーはどんなデビュー曲だったんですか?」なんてきかれて、そのとき「熊猫深山」を一生背負っていくのは大変だなって》(※3)ということで、タイトルは「アジアの純真」に落ち着いた。

 陽水から歌詞が送られてきたとき、ワープロで打たれた詞には、どう歌うか要所要所に手書きで具体的な指示が入っていたという。歌入れのときにも陽水はスタジオに現れ、ギター片手に「もっと抑揚をつけなさい」などと歌唱指導してくれた(※4)。おかげで最初は棒読み歌だったのが、一変して表情のある歌に生まれ変わった。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  5. 5

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  6. 6

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。