記事

公に尽くす精神

公に尽くす精神とは何でしょうか?
滅私奉公と言う言葉もありますが、無私の心で公に尽くすと言うことはどういう意味でしょうか?公の名において個人の自由や人間の尊厳が侵されても、仕方がないと言う全体主義に陥った時代もありました。そのような陥穽にも細心の注意を払いつつ、公に尽くすと言うことを少し考えてみたいと思います。

そもそも尽くす対象の「公」とは何でしょうか?

公(おおやけ)と言う言葉の語源を考えると、日本人が大切にしてきた公の意味について深く考えさせられます。

「大帯日子命(おおたらしひこのみこと)、御宅(みやけ)を此の村に造り給ひき。故(かれ)、―の村といふ」〈播磨風土記〉

この播磨風土記にあるように公(おおやけ)とは、おほやけ(古語)から来た言葉で大きなやけ(宅)、すなわち、大きな家、共同体を営む中心施設を指しています。

聖と俗公と私

宅が次第にさらに大きくなって邑、そして国へと発展していったのでしょうか?

自己同一性と共同体への帰属意識
共同体を共に支える責務と共同体から守られるという安堵。
社会的な営みを行う人間ならではの、共同体の発展過程と日本における公の意識の醸成について考える時、「和」を尊ぶ気風にも思いが至ります。

家という家族を単位とした集団からさらに拡大した同族集団に。同族集団からそれが」さらに広い共通の利益で結ばれた村に。
そして共通の理念や理想を共にする国家に。
公と言う言葉を使う場合に、この言葉が日本においてどのような意味を持って使われてきたかを考えながら使いたいと思います。

あわせて読みたい

「原口一博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  3. 3

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  4. 4

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  5. 5

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  6. 6

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  7. 7

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。