記事
  • ロイター
  • 2021年05月12日 20:25 (配信日時 05月13日 11:45)

米アマゾン、2.5億ユーロの追徴課税巡りEU裁で勝訴


[ブリュッセル 12日 ロイター] - 欧州連合(EU)が米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムへの追徴課税を求めていた問題で、EUの一般裁判所は12日、アマゾンの訴えを支持する判断を下した。

国際企業に対する不公平な税負担軽減を是正する欧州委員会の取り組みに打撃となる。

欧州委はルクセンブルク政府に対し、アマゾンに約2億5000万ユーロ(3億0300万ドル)の追徴課税を課すよう命じていた。

一般裁判所はルクセンブルク政府との取り決めでアマゾンは選択的優遇を受けていなかったとの見解を示した。

「アマゾングループの欧州子会社の税負担が不当に軽減されていたことを示す必要な法的根拠を欧州委は示していない」と指摘した。

一般裁判所は昨年、米アップルに130億ユーロ(150億ドル)の追徴課税を行うようアイルランド政府に命じた欧州委の決定を無効と判断している。

アマゾンはこの判決を歓迎する声明を発表。「当社は適用される全ての法律を順守し特別扱いを受けたことはないという、これまで長きにわたって示してきた立場」に沿ったものだと述べた。

ルクセンブルク政府は今回の判決により、この税制が政府による補助金、すなわち競争を阻害し得る優遇措置ではないことが示されたとした。

欧州委のベステアー上級副委員長(競争政策担当)は、最高裁に上告するかを決定する前に判決を精査すると述べた。

クイーン・メアリー大学(ロンドン)の競争法・経済学教授、Ioannis Kokkoris氏は、欧州委が上告を断念することはないだろうとの見解を示す。「政府補助金を巡る欧州委の次の一手は、今回の判決で示された懸念事項に沿って微調整されるかもしれないが、ベステアー氏が追及の手を緩めることはないだろう」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  8. 8

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。