記事
  • ロイター
  • 2021年05月12日 09:55 (配信日時 05月12日 09:51)

英EU離脱によるスワップ取引大量流出、NYが主要移動先に


[ロンドン 11日 ロイター] - コンサルティング大手・デロイトとIHSマークイットは11日、英国が欧州連合(EU)離脱により月間2兆3000億ポンド(3兆2500億ドル)相当のデリバティブ(金融派生商品)取引を失い、代わりの取引地としてニューヨークが最も多く選ばれたとの報告書を公表した。

英国は昨年末にEUから完全に離脱。英金融部門のEU市場へのアクセスに制限が設けられた。

EUの金融機関など市場参加者は、スワップ取引でロンドン拠点の取引プラットフォームを使用できなくなった。その一方、EUは米国に対し、EUの投資家へのサービス提供を許可した。

1月の暫定統計で、ロンドンで行われてきた金利スワップ取引の大部分がEUや米国のプラットフォームに移ったことが示されていたが、今回の報告書はその流れが定着したことを確認する内容となった。

ユーロ建てスワップ取引のシェアは、ロンドンが2020年7月時点の40%弱から今年3月には約10%に低下。一方、EUのプラットフォームは10%から26%に拡大し、米国も10%弱から19%に膨らんだ。全通貨建ての取引におけるニューヨークのシェアは、さらに大きかった。

報告書は「総じて見れば、EUよりも米国のプラットフォームに移った取引の方が多かった」と指摘した。

一方、報告書によると、ユーロ建て金利スワップの決済業務の90%強がロンドンにとどまっている。

EUのマクギネス欧州委員(金融サービス担当)は、11日の国際スワップ・デリバティブ協会のイベントで「EUの金融システムに関するリスクのかなりの量が依然、ロンドンにある」と述べた上で「長期的に持続可能では全くない」と強調した。

EUの金融機関は、ユーロ建てスワップの決済業務を2022年6月までロンドンで続けることが認められている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  3. 3

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  4. 4

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  5. 5

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  6. 6

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  7. 7

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  8. 8

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。