記事
  • ロイター
  • 2021年05月11日 13:55 (配信日時 05月11日 16:48)

マレーシアGDP、第1四半期は減少幅が縮小 外需など改善


[クアラルンプール 11日 ロイター] - マレーシア中央銀行が11日発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年比0.5%減少し、4四半期連続のマイナスとなった。ただ、減少幅は2020年第4・四半期(3.4%減)から縮小、ロイターがまとめた市場予想(2.0%減)よりも小幅にとどまった。

新型コロナウイルス感染が拡大しているものの、国内支出が上向き外需も改善した。

2020年のGDPは5.6%減と、アジア金融危機以来の大幅な落ち込みを記録。新型コロナ感染を抑制するため、年の大半を通して移動や経済活動が厳しく制限されたことが響いた。

マレーシア中銀のノル・シャムシア・ユヌス総裁は、オンラインでの記者会見で「今年のGDPの伸びは6─7.5%という予想の範囲内になる見込みだ」と語った。

「回復の道筋は、経済のさまざまなセクターで段階的かつ不均一になるだろう。その過程で減速帯に直面する可能性もある。だが、21年を通じて経済が回復を続けるというのがわれわれの認識だ」と述べた。

第1・四半期は、半導体や医療機器の需要増を受け輸出が18.2%増加。強い外需を追い風に製造業の生産は6.6%増加した。

キャピタル・エコノミクスのアジアエコノミスト、アレックス・ホルムズ氏は、第1・四半期のGDPが予想より小幅な落ち込みにとどまったことについて、実施されたロックダウン(都市封鎖)が限定的で重要なセクターは活動を継続できたことが主因と指摘した。

GDPの70%超を占める個人消費は1.5%減。第4・四半期の3.5%減から持ち直した。政府支出は5.9%増加した。

マレーシアでは再び新型コロナの感染者が急増。感染力の強い変異株に関連しているとの指摘もある。政府は10日、全土での1カ月間のロックダウン(都市封鎖)を発表した。

ホルムズ氏は「ロックダウンの再導入で見通しは再び悪化した。第2・四半期は個人消費が低迷するとみられる」と述べた。

中銀は、回復を支援するため緩和的政策を維持する方針を示しつつも、物価圧力を制御し金融の不均衡が生じないか注視する必要があるとしている。

ノル・シャムシア中銀総裁は「必要なら支援する政策余地が十分ある」と述べた。

中銀は先週、政策金利を過去最低の1.75%に据え置いた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  4. 4

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  5. 5

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  6. 6

    ワクチンデマについて

    河野太郎

    06月24日 11:12

  7. 7

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  8. 8

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  9. 9

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  10. 10

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。