記事
  • ロイター
  • 2021年05月11日 11:36 (配信日時 05月11日 14:32)

第1四半期のフィリピンGDP、前年比4.2%減 予想以上に減少


[マニラ 11日 ロイター] - フィリピン統計局が11日発表した第1・四半期国内総生産(GDP)は前年同期比4.2%減と、ロイターがまとめた市場予想(3.0%減)よりも大幅な落ち込みとなった。ただ、前期比では増加し、景気の回復基調が示された。中銀は回復を下支えするため、今週の政策会合で金利を据え置く見通し。

第1・四半期GDPは、昨年第4・四半期の前年比8.3%減からは改善した。前期比(季節調整済み)では0.3%増加。前期比でのプラス成長は3四半期連続となる。

家計消費は4.8%縮小。一方、政府支出は16.1%増加した。

国家経済開発庁のチュア長官は会見で「パンデミック前の堅調な経済状況とここ数カ月の経済指標の改善は、国内経済が回復しつつあることを示している」と指摘。第2・四半期に景気が回復し始めるとの政府見通しを支える内容だと説明した。政府は今年の成長率目標を6.5─7.5%、来年を8─10%としている。

ただ、フィリピンの新型コロナ感染状況は深刻で、感染者は100万人を突破、死者も1万8000人以上となっている。

ロイター調査では、フィリピン中央銀行は今週、政策金利の翌日物リバースレポ金利を4会合連続で過去最低の2.0%に据え置くとみられている。調査では、回答したエコノミスト13人全員が据え置きを予想した。

INGのシニアエコノミスト、ニコラス・マパ氏は「フィリピン中銀のジョクノ総裁は、景気が回復途上にあるうちは金融支援を継続する姿勢を示している。2021年の残りの期間金利は据え置かれると引き続き予想している」と述べた。

*エコノミストコメントなどを追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法

    PRESIDENT Online

    08月03日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。