記事

「2020年に一番売れた車」トヨタ・ヤリスのデザインが"絶妙"としか言えないワケ

1/2

トヨタのコンパクトカー「ヤリス」が好調だ。2020年の登録台数は15万1766台で1位。今年3月には欧州カー・オブ・ザ・イヤーも受賞した。なぜ人気なのか。モビリティジャーナリストの森口将之さんが解説する――。

ヤリスのイメージ画像
トヨタが2020年2月に発売したコンパクトカー「ヤリス」 - 写真提供=トヨタ自動車

前年1位のプリウスを上回る勢い

トヨタ自動車が2019月10月に発表し、翌年2月に発売したコンパクトカー「ヤリス」の評価が高い。日本自動車販売協会連合会が発表した、軽自動車を除く乗用車の2020年の登録台数は15万1766台で、実売が11カ月間だったにもかかわらず乗用車第1位の座を獲得した。

ちなみに2019年の年間登録台数のトップは同じトヨタの「プリウス」で、12万5587台だった。コロナ禍にもかかわらず数を伸ばしたわけで、ヤリスの勢いを感じる。

ヤリスは日本とともに欧州を主要マーケットとして開発された車種である。その欧州でも販売は好調で、2021年1月はすべての乗用車でトップになった。

逆にこれまで欧州の乗用車でトップになることが多かったフォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ」は、現地では2019年にモデルチェンジを実施しているが、同じVWから電気自動車(EV)の「ID.3」が導入されたこともあり、かつてのような支持は得られず、続く2月はフランスのプジョー「208」がトップになっている。

ただし日本での登録台数については、少し注釈が必要だ。ヤリスにはハッチバックのほか、SUVの「ヤリスクロス」、スポーツモデルの「GRヤリス」があり、最初に挙げた統計はこの3車種の合算になっているからである。

ヴィッツよりも有利な販売のやり方

GRヤリスは3ドアしかないうえに、走行性能を向上させるために全幅がかなり広く、ハッチバックのヤリスと同じパワートレインを積んだ廉価版も存在するものの、上級グレードではマニュアルトランスミッションで、しかも400万円級の高価格車である。生産工程も手作りに近く、販売台数は期待できない。

一方、ヤリスクロスはハッチバックよりややボディサイズが大きいものの、コンパクトなSUVだ。価格や燃費についてもさほど差がないことから、具体的な数字は出ていないものの、2020年8月の発売以来かなりの販売台数を稼いでいる。

つまりヤリスの登録台数は、本田技研工業(ホンダ)で言えば「フィット」と「ヴェゼル」、日産自動車では「ノート」と「キックス」の合算に通じるものであり、それが大きく数字を伸ばした理由であると指摘する専門家もいる。

しかもヤリスは、日本では「ヴィッツ」に代わるモデルであった。ヴィッツもそれなりに売れていたが、同車はトヨタが持っていた4チャンネルの販売ネットワークのうち、ネッツ店の専売車種であり続けてきた。一方のヤリスは、当初から全チャンネルでの販売としており、販売面で有利だったことは間違いない。

欧州でも通用するコンパクトカーだと証明された

一方欧州におけるヤリスと言えば、3月にさらなるニュースがあった。2021年の欧州カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)で、前に紹介したVWのID.3など欧州の競合車を退けて受賞したからだ。一方、筆者も選考委員を務めた日本のCOTYは、スバル「レヴォーグ」であり、ヤリスは3位だった。

デザインや走り、さらに環境問題に厳しい目を持つ欧州でベストセラーカーになったうえに、COTYまで受賞したことは、ヤリスが欧州でも通用するコンパクトカーであることを証明する結果になった。

欧州でのヤリスはハイブリッド車が主力であり、圧倒的な燃費性能は環境性能の高さとしてアピールしたようだ。さらにGRヤリスの存在も効いていると思っている。

GRヤリス
「GRヤリス」RZ“High performance”(プラチナホワイトパールマイカ) - 写真提供=トヨタ自動車

走りの良さや楽しさも評価されたのではないか

筆者はGRヤリスを含め、ヤリスシリーズ全車種の試乗経験がある。GRヤリスについて簡単に言えば、ただ速いだけでなく、ハンドリングも優れており、しかも通常は相反関係にある操縦安定性と操る楽しさを高次元で両立させた、素晴らしいスポーツモデルだと評価している。

しかもヤリスは2017年から世界ラリー選手権(WRC)に参戦し、翌年から3年連続でマニュファクチャラー(製造者)あるいはドライバーのタイトルを獲得している。ヤリスは開発過程でWRCでの経験が生かされており、GRヤリスの参戦はコロナ禍で幻に終わったものの、WRC参戦を前提として開発された。

COTYは欧州も日本も、モータージャーナリストが中心となって選考される。走りの良さ、走りの楽しさが重視されることが多く、レースやラリーへの挑戦は好印象につながる。しかも欧州ではラリー人気が高い。欧州COTY受賞は、走りの良さや楽しさ、WRCに取り組む姿勢も高く評価されたと考えている。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  3. 3

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  4. 4

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  5. 5

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  6. 6

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  7. 7

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  8. 8

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  9. 9

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  10. 10

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。