記事

過去記事からわかった東京五輪「本当の理念」 招致の原点にあったのは“あの一家”の気まぐれだった! - プチ鹿島

1/2

《みんなが我慢を強いられている。なのになぜ「五輪」だけは無条件に許されるのか…》(5月7日)

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 日刊スポーツ『記者の目』は続けて書く。

《コロナ禍が収束しない中であえて五輪を開催する意義を、丁寧に説明してこなかったツケが回ってきているのだと思う。》

 では東京五輪の開催理念ってそもそもなんだろう。東日本大震災からの「復興五輪」?

 だとしたら最初に言ったのは誰なのだろう。

 というわけで過去の記事を調べてみました。


©iStock.com

石原慎太郎が東京五輪をやりたかった理由

 2019年3月13日の毎日新聞(大阪朝刊)に「復興五輪の実像」という記事が見つかった。

「復興五輪」は元をたどると2011年6月17日、東京都の石原慎太郎知事の所信表明演説に行き着く。

 この日、「大震災から立ち直った9年後の日本の姿を披歴すれば、世界中から寄せられた友情や励ましへの返礼となるに違いない」と五輪招致への意欲を示した。

 驚くのはここからだ。

 8年経って毎日新聞が取材すると石原は「俺が言い出したんじゃない」と否定。「俺は五輪を復興に結びつけたいとは思わなかった。役人のレトリック(巧みな言い回し)だろ」と。

 じゃあ石原慎太郎がもう一度東京五輪をやりたかった理由はなんなのか?

「俺の招致の動機は1964年大会のリベンジだ」

 え?

 当時、若手作家としてテレビ局のコメンテーターとして国立競技場に通っていたが日本選手の優勝を見ることはできなかった。なので「メインスタジアムでとにかく日章旗を揚げたいと思った」。

 石原は2020年の東京五輪に期待するのは「国威発揚」とも言い切っている。

招致が成功したとたん「復興五輪」は消えていた

 驚いた。2度目の東京五輪招致は「アメリカ国歌を何度も聞いて、本当に悔しかった」という石原慎太郎の個人的な憤慨から始まったのである。

 そこに役人が「復興五輪」と味付けした。たとえば被災地での聖火リレーや五輪宝くじの収益金の分配など、五輪を通じて復興を後押しする“報告書”も作成された。

 ところが…

《13年9月に東京五輪開催が決まると、都が「復興五輪」へ突き進む姿は見えなくなり、報告書はいつしかホームページから削除された。事業が実現したかの組織的な検証もされず、今では五輪関係者でさえ報告書の存在を知る人は少ない。》(毎日新聞・同)

 なんと招致が成功したとたん「復興五輪」は消えていたのである。

 その一因には「海外では原発事故による放射線被害への懸念が強い。復興五輪をアピールするのは逆効果になるとみて、被災地への支援の感謝を示すにとどめ、大会運営力の高さなどを訴えた」という狡猾な戦略も見え隠れする。

 しかしまさに今「大会運営力」が問われているのは皮肉だ。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  4. 4

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  5. 5

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  6. 6

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  7. 7

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  8. 8

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    「確率論から考えれば、若者に自粛を強いるのはおかしい」厚労省の元医系技官が批判

    ABEMA TIMES

    06月17日 19:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。