記事

弁護士登録不要というニーズ

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

宮城県富谷町が発表した、弁護士の特定任期付職員採用方針が話題となっています(平成25年度採用富谷町特定任期付職員〈弁護士〉採用試験 受験案内) 。宮城県内の基礎自治体では初の弁護士採用方針になるそうですが、話題の中心は残念ながら、弁護士の自治体採用拡大傾向ではなく、同町側の発表にある次の一文の方です。

「採用後の弁護士登録は必須でありません(町の訴訟代理人には選任しません)」

この採用方針について報じた1月4日の河北新報は、この点に関して、はっきりと「弁護士活動に必要な仙台弁護士会への登録をしないのが条件で、町の職務に専念してもらう」としています。前記採用案内の一文にはラインマーカーが施されており、弁護士登録をしないこと(外すこと)を念頭にしたものであることがうかがえます。そうだとすれば、これは実は弁護士として採用される話ではない、ということになります。

弁護士のブログで話題になっているのは、この弁護士登録不要という「ニーズ」の出現です(花水木法律事務所 小林正啓弁護士ブログ「SchulzeBLOG」「福岡の家電弁護士なにわ電気商会」)。これが何を意図したものなのかは、前記ブログも触れていますが、明らかです。つまりは、登録後の弁護士の負担の回避です。弁護士会費負担と公益活動の義務化。前者は自己負担に被せるということもできますが、年俸480万円とされる採用職員の経済的な条件の足を引っ張ることにはかわりありませんし、なによりも彼らのニーズとしては、そうした負担を上回る妙味を、弁護士登録に見出していないことがうかがわれるのです。

富谷町の担当者に聞きましたが、河北の「登録しないのが条件」という表現には当たらないとの立場ながら、前記したように会費負担をしない、訴訟代理人を選任しない、という条件からは、むしろ当然のこととして、町とて登録を希望しない立場であるという趣旨の回答が返ってきました。前記したように、会費自己負担という選択も、職員の就労条件を悪くするだけのものというニュアンスでした。

問題は、この現象を「改革」の結果として、どう受け止めるのかということです。これは、もちろん司法制度改革審議会が描いた法曹、とりわけ弁護士の活動の場が広がる社会という絵とは違います。つまり、法曹である必要はもはやない。一方、「改革」が予定した法科大学院を中核とした法曹養成は、法曹の質・量の拡充を目指したわけで、非資格者を前提としているとはとれないわけですが、それを脇に置いても、少なくとも能力において、こうした分野に特別に対応した人材を輩出した結果というわけでもありません。

これを「改革」の結果というのであれば、増員政策による弁護士の経済的困窮がもたらした、弁護士登録資格者の新たな採用環境による、というべきだろうと思います。これに対する肯定的な評価もあるのかもしれません。つまりは、一定の能力を持つ人材の採用が環境的に容易になった、逆にいえば、司法試験合格者の社会的な活動の場が広がった、と。弁護士が経済的に追い詰められたことで生まれた「多様化」というような。

しかし、これは法曹有資格者を前提とした「改革」のシナリオとは大きく異なります。それに対して、「改革」推進者は、まず答えを示す必要があります。現実的な負担の前に弁護士登録、つまりは弁護士会の必要性が、この増員政策の結果として否定されるということをどのように考えるのかということです。もし、弁護士会という形にこだわり、その維持を前提に、このニーズにこたえるとすれば、他に妙味がない以上、会費や公益活動という負担のハードルを下げるしかありませんが、その場合、弁護士会の存在とその意味がこれまでのような形で保てるのかどうかの問題にもなります。

もちろん、専門職大学院としての法科大学院も、相当に看板を書き変える必要も出てきます。既に公務員試験や民間企業への就職を進学のすすめとしてうたう法科大学院も出現していますが、前記ニーズが彼らの何でもありに組み込まれていくのか、あるいは生き残りのために目的がすげ替えられていくのか、ということです。もっとも、仮にすげ替えられたとしても、このニーズにこたえることが、志望者にとって法科大学院という負担に見合うのかという問題は残ります。

いずれにしても、「改革」の結果、生み出されたニーズの先に見えてきたものが、実は弁護士資格そのものを不要とするものであったという現実をどう受けとめるかは、「改革」と弁護士のこれからにかかわって来るテーマに思えます。

あわせて読みたい

「弁護士」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  8. 8

    小沢一郎氏の怒り買った立民議員

    文春オンライン

  9. 9

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。