記事

オリンピックは開催できるか

1/2

本論の理路は長い(あと、やや分かりにくい)ので、お手数ですが端折らず最後までお読みください。

以前、「成人式には行かないで」というブログを書いた。同様に、アスリーツに「オリンピックにはこないで」というメッセージを出せばよい、というご意見を頂いた。

本稿のテーマは「オリンピックは開催できるか」だが、その前に「アスリーツに来ないで」というべきかについてコメントする。

アスリーツにオリンピックに来ないで、というべきではない。

成人式に行かないでほしい、という意見は、新成人が(しばしば)都会から田舎に移動し、旧友たちと旧交を温め、実家に帰り、家族親類と久方ぶりに再会する、というシナリオが容易に想定できたからだ。それは感染リスクの拡大のみならず、ハイリスクな高齢者への感染の広がりのリスク増加を意味する。成人式なんかに出なくたって成人はする。ぼくも外国にいたので成人式には出なかった。成人式に出る「価値」は各人各様であろうが、少なくとも自分や友人の親、親類の命を危険にさらしてまででるほどの式ではなかろう、と僕は思う。よって、この時代に成人式なんてやらないほうがよいと思ったし、出るべきでもないと考えた。今もそう考えている。

オリンピアンたちの場合は事情が異なる。彼らは(少なくともオリンピックというスキーム上は)高齢の家族たちと面会したりはしない。バブルの中で繰り返し検査をしながら監視されての活動だ。選手の殆どは、若くて、健康で、肥満体ではない。もちろん、例外的に免疫抑制状態の方もおいでだろうが、ごく少数派に属する。選手たちの生命リスクは高くない。彼らからの感染広がりのリスクもそれほど高くはない。

そして、ここからは価値判断の問題になるが、多くのアスリーツにとって、オリンピックは自分の人生をかけた超重大イベントだ。場合によっては、自分の命よりも大事、という人だっているだろう。登山家に「山に登るのは事故が危ないから、登るな」とアドバイスするのは、旅行医学の専門家が行うべきプロフェッショナルなアドバイスではない。我々は「山に登りたい」という登山家の価値観に寄り添って(山に登るという条件下での)健康アドバイスをせねばならないからだ。同様の理由でアスリーツに「オリンピックに出るな」はプロの医者のアドバイスとは言えない。ぼくはそう思う(ごく一部の例外はあるが、ここでは論じない)。

だから、選手たちに「辞退しろ」。オリンピックにくるな、と主張する気はぼくにはない。

問題は、関係スタッフ、来賓、メディア、ボランティアたちだ。

彼らの健康リスクはアスリーツよりも高い。年齢が高い人も多いし、肥満体の人も多いだろう(肥満はコロナ重症リスクだ)。その生命リスクは相対的に上がる。対して、彼らがオリンピックに参加する価値は、少なくともアスリーツのそれよりは高くない。リスクは相対的にジャッジするのが原則であり、関係スタッフ、来賓、メディア、ボランティアたち(医療ボランティア含む)がオリンピックに参加する意義は相対的には、大きくない。

そして、彼らからの感染拡大リスクもアスリーツのそれよりは大きい。報道によれば、選手たちはワクチン接種をオファーされ、検査を毎日受け、バブルに入り、活動を制限されるが、同じことを来賓やメディアやボランティアたちに義務化するであろうか。もししないのであれば、来賓が泊まったホテルや外食したレストランを介して海外からの新たな変異株が輸入されたり、いまだにぶら下がり取材という感染対策の原則をガン無視した奇異な行動を取り続けるメディアがクラスターを作ったり、東京に集まったボランティアたちが、大会後に地元に新たなウイルスを持ち込んだりする事例が十分想定される。

そういうことが起きる、と予言しているのではない。そういうことが起きうる可能性は十分に高い、と申し上げている。リスクマネジメントの世界では十分にPlausibilityやPossibilityの高い懸念事項は対策しなければならない。「テロが起きるとは限らない(あるいはエビデンスはない)」という根拠でテロ対策を放棄するのは愚かである。

このことは、現在行われている「聖火リレー」についても同様の原則から議論できるだろう。近代オリンピックで聖火リレーを始めたのは、1936年のベルリン・オリンピックからで、この大会はよく知られているように政治的プロパガンダ的側面の非常に大きな大会だった。それ以前は特に聖火リレーをやっていなかったわけで、聖火リレーはオリンピックになくてはならない「必然」ではない。その必然性に乏しいリレーを、不要不急の外出をするな、というメッセージが日本各所で出されているさなかに強行するのは、リスク・コミュニケーション的にはまったく不可解なことだ。

むしろ、「今は緊急事態宣言も出ているので、安全なオリンピックのため、感染者を減らすためにリレーは割愛します」というメッセージを出したほうが、政治家やIOCたちの主張に対する国民の共感も得やすかっただろう。正直、スポンサーたちの意思決定プロセスも不可解だ。コカ・コーラのロゴがついたバスでどんちゃん騒ぎをしながらリレーをする映像を見ても、多くの人たちは反感しか感じないのではなかろうか。なぜ、わざわざ企業イメージを毀損する行為に加担するのか、理解し難い。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  3. 3

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  8. 8

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  9. 9

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  10. 10

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。