記事
  • ロイター
  • 2021年05月10日 12:05 (配信日時 05月10日 12:02)

独コメルツ銀CEO、1万人削減で労組と合意

[フランクフルト 7日 ロイター] - ドイツの銀行大手コメルツ銀行のクノッフ最高経営責任者(CEO)は7日、世界で従業員1万人を削減する計画で労組と合意したと発表した。

リストラ費用は当初の予定の18億ユーロ(22億ドル)をやや上回る20億ユーロとなる見込み。

リストラによる黒字回復を目指すクノッフCEOは、ロイターに対し「(合意によって)持続可能なコスト目標の達成と黒字化に向けた大きな一歩を踏み出した」と語った。

コメルツ銀は幹部の相次ぐ交代や戦略の迷走で収益力向上に苦戦。10年余り前の金融危機で政府の救済を受けて以来、今もなお完全に立ち直っていない。

クノッフCEOは今年初めの就任から数週間後に、従業員1万人の削減と数百の支店閉鎖を盛り込んだリストラ計画を発表。経営陣と労組代表は5月の年次株主総会までの合意を目指し、ここ数カ月、リストラ計画を協議してきた。

今回の合意には、早期退職制度や時短勤務のほか、解雇手当、再訓練プログラムが盛り込まれた。

クノッフ氏は「黒字かつ高パフォーマンスの銀行としてコメルツ銀が単独で存続していけるようにすることが私の目標だ」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  3. 3

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  4. 4

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  5. 5

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  6. 6

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  7. 7

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  8. 8

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。