記事

それでも東京オリパラは開催すべきである

 新型コロナ感染症は第4波を迎え、感染力と重症化率の高い変異ウイルスが猛威を振るっている。東京・大阪をはじめ3回目の緊急事態宣言も、さらに3週間延期されることとなった。2ヶ月半後に迫った東京オリンピック、そしてパラリンピックの開催に対しては、「国民の命とオリンピックのどちらが大切なのか」などと、世論の風当たりが日増しにに強まっている。

 また4月に開催された日本水泳選手権で重病から見事に復活を果たし、オリンピックに2種目で出場が決まった池江璃花子選手のSNSに、「出場を辞退しなさい」「オリンピックをやめさせてください」などと、心ない投稿があったことをご本人が戸惑いとともに吐露している。選手個人にこの難題を突きつけることは、あってはならないことである。

 安倍前総理も菅総理もかつては「コロナに勝った証としての五輪開催」を声高に述べていたが、さすがに今は影を潜めている。先日の総理記者会見では「コロナ対策をしっかりやれば、開催は可能である」と述べるのがやっとだった。私は以前から「五輪を開けるようにコロナを抑えよう」と言って来たが、これも厳しい状況になりつつある。

 しかしオリパラの代表選手が出場権を勝ち取った死に物狂いの努力にどう応えるか、惜しくも出場権を逃した選手の無念さにどう報いるかを考えると、私はそう簡単に「オリパラを中止せよ」とは言えない。またこういう時だからこそオリパラ開催を通して、国民に世界に元気や勇気を与えるという大きな効果を述べることは、許されても良いのではないだろうか。

 そのためにもオリパラのせいで、感染が増えるような事態だけは避けなければならない。先日のファイザーCEOと菅総理との電話会談では、各国の選手団全員へのワクチンの提供が、ファイザー側から提案された。なぜ選手だけなのかとの批判は当然あるだろうが、安全な開催のためには必要な措置である。また選手団の日本国内での行動制限、関係者の入国者数の削減、無観客での競技、開会・閉会式などセレモニーの出来る限りの簡素化など、考えられる感染防止策を徹底的に行えば、開催は決して不可能ではない。

 思えば東京オリパラが決定した8年前は、日本国内は歓喜に満ちていた。しかしエンブレム盗作疑惑、新国立競技場設計案の差し替え、誘致疑惑による竹田JOC会長辞任、森会長やイベント責任者の失言や失態など、受難続きの東京オリパラとなってしまった。そして今回のコロナ禍の直撃で、満身創痍といった様相である。

 しかしこのような中にあっても、日本の努力によってオリパラというレガシーを何とか残せたとすれば、日本の世界における評価は高まるに違いない。もし残せなければ、そのダメージは計り知れない。ご批判を受けることを覚悟して、私は敢えてオリパラ開催を声高に主張したい。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  4. 4

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  5. 5

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  8. 8

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  9. 9

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  10. 10

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。