記事

庵野監督がシンジ役を直接交渉…緒方恵美が演じ続けた「少年の声」、本当のスゴさ - CDB

1/2

『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公である碇シンジの半分は、声優・緒方恵美の声で出来ている。そう書いても、異論の声はあまりないのではないかと思う。4月28日に角川書店から刊行された緒方恵美の自伝『再生(仮)』では、碇シンジ役選考に関する驚くべき逸話が明かされている。緒方恵美は実は、碇シンジ役の第一回オーディションに参加していなかったのだ。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)


新型コロナウイルス感染拡大などによる複数回の公開延期を乗り越えて迎えた初日・3月8日の映画館(写真は新宿) ©共同通信社

「あなたに演じてもらいたい」と訴えた庵野

 1994年の夏、人気アニメ『美少女戦士セーラームーンS』の番組旅行に参加した緒方恵美は、宿のエレベーターの中で突然、演出家の庵野秀明に話しかけられる。

「今度新しく始まるテレビアニメの主役をあなたに演じてもらいたいと思っていたのだが、オーディション参加を断られたと聞いた。再度二次を受けてもらえないか。自分や、うちのスタッフがあなたに何か失礼なことをしたのだろうか」

 要約すればそうした内容で、言うまでもなくその新作こそ『新世紀エヴァンゲリオン』、「主役」とは碇シンジ役のことである。事務所からまったく話を聞いていなかった緒方恵美は驚く。どの作品に出演するかは当時、声優の所属事務所が決定することで、必ずしも声優が決めるわけではなかったからだ。

「自分は知らなかった、この役を受けたい」と相談した緒方恵美に対し、所属事務所は「監督が声優に直接交渉するのはルール違反だ、絶対に参加させない」と激怒したという。だが裏を返せばそれは、監督・庵野秀明が碇シンジ役にそれほど緒方恵美を熱望していたということでもある。

 エヴァのオーディションでは、当初綾波レイ役を受けた宮村優子がアスカ役に決まるなど、声優の適性を見極め、柔軟で流動的にキャストが決定される中、シンジ役に限っては第一希望も第二希望も緒方恵美だったわけだ。最終的に緒方恵美は事務所を押し切る形で碇シンジ役を受けることを決める。

空白ばかりの特殊な主人公・碇シンジ

 碇シンジは日本アニメ史においてあまりにも特殊な主人公である。『エヴァ』を特別なものにしたのは、一にも二にも14歳の主人公の鮮烈な人物造形だったと言っていい。だが1995年に放送されたTVシリーズを見返して驚くのは、碇シンジに対する過去の説明や情報が驚くほど少ないことである。

 通常、物語はまず主人公の背景や生い立ちを説明し感情移入させる、あるいは謎のヒーローとして圧倒的な能力を示し、観客を引きつける所から始まる。碇シンジはそのどちらでもないのだ。使徒という謎の存在と戦う組織に呼ばれ、ただ翻弄される14歳の少年。父親ゲンドウと対立はしているが、過去に父と何があったのかは明かされない。

 敵の正体が見えないのはある意味で作劇の常道だ。だがエヴァにおいては、主人公の碇シンジの過去に何があり、父となぜ対立し、なぜエヴァに乗りたくないのかという説明が空白のまま物語が進む。脚本の常識として、これでは主人公が共感を得るのは難しいはずだ。

 しかし誰もが知るように、碇シンジというキャラクターはたちまち多くの視聴者をひきつけた。ほとんど過去の説明がなく、天才的能力を見せるわけでもない14歳の謎の少年に、「碇シンジは私だ、これは私の物語だ」と吸い込まれていく観客の数は1話ごとに膨れ上がった。

視聴者の心を掴んだのは、言葉ではなく声だったのでは

 実は初期テレビ放送で碇シンジの内面を鮮明に描写し視聴者の心を掴んだのは、彼の言葉ではなく声だったのではないだろうか。見逃し配信サービスなどない1995年当時、視聴者はたとえ途中の何話から見始めても、碇シンジを演じる緒方恵美の声を数秒聞くだけで、この少年が何者でどんな感情を抱えているか、その内面を直感的に感じることができた。

 アスカがバイオリン、レイがビオラだとすればそれよりは低く、成人男性のコントラバスよりは高いチェロのような繊細な声。14歳の少年が児童から青年に変わる一瞬の変声期の独特なかすれ、弦楽器と弓の摩擦のようにきしむその声の響きは、幅広い年代の視聴者に息が詰まるような思春期の記憶を喚起させた。緒方恵美の演技は、碇シンジの内面を台詞で説明するのではなく、声の色彩で表現することができたのだ。

 庵野秀明はおそらく、碇シンジの内面に視聴者がそれぞれに違う自分の過去、内面を重ねられるよう意図的に空白を作り、その空洞を埋め反響するような緒方恵美の声を求めたのだろう。そしてその演出は的中した。

 アニメファンのみならず、多くのクリエイター、評論家、学者たちまでもが物語に引き込まれていった。当時、批評家たちは様々な思想や哲学を引用して『エヴァ』の魅力を力説した。だが本当にあの物語をエンターテイメントとして支えていたものは、声優たちの生きた声だったと思う。

碇シンジの弱さと強さを演じ分けた緒方恵美

 『宇宙戦艦ヤマト』の放送開始を14歳の時に体験した最初の世代のクリエイターである庵野秀明は、日本のテレビアニメにおいて声優がどれほど特殊で決定的な存在であるかをよく知っていたのではないか。

 不安定な作画の中でキャラクターの自己同一性を支え、視聴者に対してキャラの人格として認識されるのが実は声優の声であること、ジブリやディズニーはいざ知らず、時に紙芝居とも揶揄されるテレビアニメは文字通り紙に描かれた絵に命を吹き込む「芝居」、声優の演技が動かしていること、彼ら声優こそが日本アニメの見えざる立役者であることを少年時代からファンとして知っていたからこそ、庵野秀明は碇シンジ役に緒方恵美を絶対に必要としたのだろう。

 その庵野秀明の熱望に、緒方恵美は十分すぎるほど答えた。碇シンジは、ただ可愛らしく甘美な美少年として演じればすむキャラクターではなかった。ある面では他人の気配にも揺らぐような繊細な枝と葉を持ちながら、一方で暴風雨にも動かないような幹と根を張った、思春期特有の頑なさがなくてはならなかった。引きこもったり登校拒否になるのにも、それなりに根性とガッツが必要なのである。

 緒方恵美はチェロの音域を上から下まで使いきり、まるで宮沢賢治の童話『セロ弾きのゴーシュ』の主人公が、ある時は野ねずみの子の病気を癒す繊細さで、ある時は聴衆を叩きのめす激しさでチェロを弾くように、碇シンジの弱さと強さを演じ分けていく。

声優とキャラクターのイメージをあえて重ねた演出

 エヴァのメインキャラの多くが、担当声優と同じ誕生日に設定されている。庵野秀明は脚本を書く中で、しばしば声優たちとキャラクターのイメージを重ね、その生身のリアリティをキャラクターに転写しているように見える。エヴァがそれに乗り込む14歳の魂とのシンクロを求めるように、庵野秀明は声優とキャラクターの共振を求めたのだ。

 よく知られるように、劇場映画『Air/まごころを、君に』のラストシーンに合わせ、宮村優子は緒方恵美に首を絞められる姿勢で声を録音した。

 驚くべきことに、監督である庵野秀明から今後のストーリー展開やキャラクターの行動を相談されたという声優の証言は事欠かない。緒方恵美の、林原めぐみの、宮村優子の、三石琴乃の、山口由里子の人間としてのリアルな肉声をキャラクターに注ぎ込むこと、いわば本物の血で虚構の絵を描き上げるようにリアリティを求める演出手法は、異様な迫力を作品にもたらした。

 出生から現在までを振り返る緒方恵美の自伝『再生(仮)』の一つの軸となるのは、エヴァンゲリオンが放送されていた90年代半ば、第三次声優ブームの追憶である。『ボイスアニメージュ』『声優グランプリ』という現在も続く声優誌が当時相次いで発刊され、エヴァ人気はそれをさらに押し上げた。

あわせて読みたい

「エヴァンゲリオン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。