記事
  • S-MAX
  • 2021年05月09日 12:38 (配信日時 05月09日 11:25)

秋吉 健のArcaic Singularity:オンライン投げ銭文化の光と闇。クリエイターとユーザーを惑わす諸問題と功罪について考える【コラム】

1/2


オンライン上での投げ銭文化について考えてみた!

ゴールデンウィークボケも抜けきらない5月7日、ソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」界隈が少々ざわつくニュースが飛び込んできました。Twitterに投げ銭システム(同社では「Tap Jar」と呼称)が導入されるかもしれないというものです。現在、Tap Jarは正式導入に向けて一部利用者を対象にテスト中だとのこと。

投げ銭とはその名の通り誰かが誰かに金銭を投げ渡す行為のことであり、かつては演劇の興行や大道芸人への謝礼などで行われていた行為です。数年前から動画配信サイトやイラスト投稿サイトでも金銭をコンテンツ提供者へ直接送るシステムが導入され、それらを俗称として「投げ銭」と呼ぶようになりました。

このオンライン上での投げ銭システムがTwitterに導入されるかもしれないというものですが、これまでにさまざまな動画投稿サイトやイラスト投稿サイトの現状を見てきた筆者としては「ついにここまで来たか」という複雑な心境です。

投げ銭システムはクリエイターやユーザーに何をもたらし、そこに問題はないのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はネット上の投げ銭システムのメリットやデメリットについて考察します。

as-179-002
投げ銭は誠実なる贈り物……とはならないのが現実の難しさ

■隆盛を極めるオンライン投げ銭文化

はじめに投げ銭が可能な国内の有名サイトをいくつかご紹介します。大手の動画投稿サイトでは主に収録動画ではなく生配信される番組で投げ銭が行われます。

筆者が記憶するところでは「ニコニコ動画」がかなり早くから導入しており、そもそもオンライン上での「投げ銭」という言葉自体の登録商標を取得しています。なお、商標化は独占的使用が目的ではなく自由に利用可能としています。

その後、YouTubeやTwitchといったサイトでも投げ銭システムは次々と実装され、現在では「推し」やお気に入り番組への応援を目的として広く利用されています。

なお、日本国内におけるオンライン上での投げ銭システムはマネーロンダリングとして法に抵触する恐れがあることから、サイト運営会社が提供するポイントなどを一度購入(換金)した上で利用することが一般的です。

as-179-003
ニコニコ動画の場合、投げ銭で用いられるポイントは「ギフト」と呼ばれる

動画サイト以外ではイラスト投稿サイトのようなクリエイター支援サービス(パトロンサービス)での投げ銭システムが大きな市場となっています。

日本国内では「Enty」や「FANBOX」、「Fantia」、「Ci-en」などが有名ですが、その草分けとなったものとして、海外で流行っていた「Patreon」などがあります。

クリエイター支援サービスの場合、1回ごとの投稿やコンテンツに対して投げ銭が行われるだけではなく、月額制などのサブスクリプション型による課金が主流です。かく言う筆者もこれらのサービスで支援しているクリエイターが数人居ますが、いずれも月額300円~500円程度の少額です。

動画投稿サイトでの投げ銭システムの場合、その課金額は任意であり課金額に応じて対価が得られる保証もありませんが、クリエイター支援サービスの場合、課金額に応じた特典やサービスをクリエイター自身が設定している場合が多く、支援者側も明確な目的があって支援している点が大きな違いと言えます。

as-179-004
「FANBOX」は画像投稿サイト「pixiv」と運営が同じであることからイラストレーターなどに人気が高い

こういった投げ銭やクリエイター支援サービスが隆盛を極めている背景には、これまで単なる趣味として無料で公開していたイラストや動画などが、対価を得るにふさわしい価値があると人々に認めてもらえるようになったからです。

もちろん、これまでも同人活動による作品が販売され、それを購入することはありましたが、作品ではなくクリエイター自身を応援するという目的での課金は、2010年代以降の大きな変化だと言えます。

これによって、一般人による動画配信やイラスト製作は趣味から副業あるいは本業へと変化していったのです。

as-179-005
企業系の人気YouTuberやVTuberともなると、投げ銭だけで月に数十万~数百万もの収益がある場合も

■投げ銭文化が生み出した闇

投げ銭文化の隆盛だけを見れば、クリエイターが直接支援者からお金を得られる理想的な収益システムのようにも感じられますが、現実はそれほど甘くはありません。見過ごせないほどのデメリットや問題点が様々に浮かび上がってきます。

最も懸念されるのは、ストーカー行為や嫌がらせに発展する可能性がある点です。

これはアイドルのライブ活動やホストクラブなどでも起こり得る問題ですが、投げ銭はイラストや動画といった「作品」ではなく、それを生み出す「クリエイター本人」への支援という意味合いが非常に色濃いため、支援者側は課金額に応じた対価を求めがちです。

前述したようにクリエイター支援サービスなどでのサブスクリプション型課金であれば、支援額に応じた対価をクリエイター側が設定しているために支援者側も線引が容易で大きな問題に発展することは稀ですが、投げ銭の場合「1万円も投げ銭したのだからコメントくらいくれるはずだ」、「毎日投げ銭しているのだから覚えてくれているはず」と、約束もされていない対価を期待してしまう人がいるのです。

それだけであればまだ良いですが、その「約束されていない期待」が反故にされた場合、「コメントもくれないなんて酷い!」、「名前すら覚えてくれないなんて!」と勝手な思い込みから激昂し、ファンからアンチユーザーへと変貌してしまうケースがあります。

こういったトラブルからストーカー化したり執拗な嫌がらせに発展する場合もあり、中には動画配信者としての活動を休止せざるを得なくなった事例もあります。

クリエイターとユーザーの距離が近い分、その距離感を履き違えたトラブルが起こることは必然でもあるのです。

あわせて読みたい

「詐欺」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。