記事

働き方改革は教員のためだけではない──「定時上がり」をITで実現した小学校の本当の狙い

1/2

学校は多忙な職場で、教員は大変な仕事。

そうしたイメージを持っている人は少なくないでしょう。実際、国際教員指導環境調査(TALIS)によると、小学校教員の平均勤務時間は54.4時間/週。14カ国・地域中、最長となりました。

そんな状況でも、働き方改革を進め、大きく変わった学校もあります。今回、取材をした埼玉大学教育学部附属小学校(以下、埼玉大附属小)もその1校。デジタル化を進め、教員の時間外勤務の大幅削減や保護者とのITでの連携を実現しています。

「多忙でネガティブなイメージが広がっていますが、やっぱり教員はおもしろい仕事。だからこそ、次の世代にしっかり“バトン”をつないでいきたい」。口をそろえて語るのは、埼玉大附属小の副校長・森田哲史さんと教諭・塩盛秀雄さん。「学校」の働き方改革ストーリーを聞きました。

1874年に創立された埼玉大学教育学部附属小学校。一般の公立小学校と同様の児童指導に加え、教育実習生の受け入れや実験・研究の実施、地域学校への協力なども行う

目の前の子どもたちや将来の教育現場を考えたら、学校の働き方改革は必須


多田

いろいろな学校に取材していますが、学校の先生ってやっぱり忙しい人が多いですよね。

小学校教員の平均勤務時間は54.4時間/週というデータもあります。最近だと、たとえば「#教師のバトン」というプロジェクトでも、先生たちの悲痛な声が話題になっていました


森田

業務改善が進んでいる学校もありますが、一般的には多忙な印象は強いですよね。実際、かつては本校もそのような働き方をしていました。


多田

以前はどのような状況だったんですか?


森田

わたしが赴任した10年前は、定時で帰れることはほとんどありませんでした。

授業準備や職員会議などやることが山積みで、よく夜遅くまで働いていましたね。そのためか、昔から「不夜城」とささやかれていたそうです。

森田哲史/埼玉大学教育学部附属小学校 副校長/埼玉県小学校体育連盟 理事長。1979年千葉県生まれ。埼玉大学大学院修了後、2005年にさいたま市立小学校教員として採用。2011年に現任校へ着任、体育主任、研究主任、校内教頭などを経て、2021年より副校長


多田

イメージどおりの忙しさですね……。


森田

教員は「子どもたちのためなら、骨身を削ってでも働きたい」と考える人が多いんです。だから、長時間働くことをいとわない傾向があって。


塩盛

実際、「時間をかければかけるほど子どもたちのためになる」というのは、半分は真実なんですよね。

子どもは1人ひとり違う存在なので、それぞれへの適切なアプローチを試行錯誤することで、よりよい教育ができる。

でも、1クラス30〜40人分のアプローチをしっかり検討していくと、膨大な時間がかかってしまうんですよ。

塩盛秀雄/埼玉大学教育学部附属小学校 教諭/教育実習主任、理科主任。1984年福岡県生まれ。埼玉大学教育学部卒業後、2007年に新座市立小学校教員として採用。2012年に現任校へ着任


多田

1人の子どもへのアプローチ方法を考えるだけでも、とても大変そうです。それに教育学部の附属校として、実習生の受け入れや実験・研究などの業務もありますよね。


森田

そうですね。わたしは夜遅くまで働き、授業の準備をする同僚の姿を見てきました。そうした努力を否定するつもりは一切ありません。

ただ、本当に子どもたちのためを思うなら、教員が疲れ果ててしまうのは本末転倒だとも思うんです。


塩盛

子どもたちには、元気な姿を見せて、安心してもらいたいですからね。


森田

はい。それに、本校に来る教育実習生にも「教員はいい仕事だな」と思ってもらいたい。

たとえば、もし現役教員が「昨日も3時間しか寝られなかったよ」なんて愚痴をこぼしていたら、教員に失望するのも無理はありません。そうして教員になる人が減れば、未来の学校教育にも影響を与えます。

そんなふうに目の前の子どもたちや将来の教育現場のことを考えたら、学校の働き方改革は必須だと思うようになりました。

業務を「なくすのか、減らすのか、移すのか」から考える


多田

教育の未来のため、働き方改革に踏み切ったとのことですが、いまの埼玉大附属小はどんな働き方になったのでしょう?


森田

当校では16時55分が定時なのですが、いまは17時ごろにはほとんどの教職員が終業していますね。

定時を過ぎると「勤務時間外にすみません」「早く帰ろう」という言葉を耳にするようになりました。以前は、そんなこともなかったんですよ。残業が当然だと思っていたので。


多田

それはすごい!

働き方改革って、どこから手を付けるべきか、どうやって周囲を巻き込むかなど悩みどころが多いと思っていて。どんなふうに進めていったのでしょうか?


森田

働き方改革でわたしが重要だと考えているポイントがあります。業務を「なくすのか、減らすのか、移すのかをはっきりさせること」です。



多田

というと?


森田

業務改善の第一歩は、「なくせるものをいかに見つけられるか」です。

特に、学校は子どもの安全に関わる仕事はどんどん増やしがちなんです。たとえば、登下校の見守りやコロナ禍による校内の消毒作業等。

もちろん、安全に気を配るのは大切ですが、突き詰めると際限がなくなってくる。なにより、こうした仕事は始めるのは簡単だけど、やめるのは大変。いつやめるのかを決められず、「例年通り」で定着してしまうんです。

各学年の教室は、壁一枚を隔てたオープンスペースを採用。ゆったりとした空間の中で、子どもたちが伸び伸びと活動できるという


多田

自然と仕事が増えがちだからこそ、まずは「なくす」決断が大事になる、と。


森田

はい。次に大切なのは「減らす」ことです。やり方を変えて、業務の量や時間を減らすことですね。

本校の場合はペーパーレス化や勤務時間管理、情報共有によって、これまで時間をかけていた印刷や連絡などの業務を削減できました。


多田

なるほど。最後の「移す」については?


森田

業務をいろんな人に分散させたり、みんなで協力して行ったりすることですね。


塩盛

本校では、日々のスケジュール管理や学校日誌の作成など、これまで手書きや手渡しといったアナログな形で行っていました。それらの取りまとめは、主に管理職の先生が担当していたんです。

そこで、こうした業務をデジタル化し、いろんな先生に分担したんです。たとえば、行事日程はそれぞれの担当の教職員が入力できるようすれば、管理職の先生は取りまとめをせずに確認だけで済みます。


多田

たしかに。アナログだと「取りまとめ」の仕事が増えるんですね。


森田

ここに実は、働き方改革を組織で進める上での重要なポイントがあると思います。それは「あの人はラクしようとしている」という目線を避けることです。

そもそも、働き方改革を進めようとすると、周囲から「ラクしようとしている」と見られがちで。組織一丸となって改革を進めるには、まずそうした誤解を解かなくてはなりません。そのことは、地域や保護者の方々にも理解していただく必要があります。


多田

ふむふむ。


森田

そこで まず味方につけたいのが、多くの決裁権が委ねられている管理職の先生です。先の「取りまとめ」の仕事は管理職に集中しがちで、すごく大変なんです。

だからこそ、業務を「移す」仕組みをつくれば「取りまとめ」の仕事がなくなりますよと管理職の先生に伝えられると、改革がグンと進めやすくなると思います。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。