記事
  • ロイター
  • 2021年05月09日 08:40 (配信日時 05月09日 08:38)

中国のロケット残骸、9日早くに大気圏再突入 欧米の機関が予測


[上海 8日 ロイター] - 中国が4月29日に打ち上げた大型ロケット「長征5号B」の残骸が地表に落下することが懸念されている問題で、欧州と米国の監視機関は8日、グリニッジ標準時(GMT)の9日未明ごろに大気圏に再突入するとの見通しを示した。

欧州宇宙監視・追跡(EU SST)によると、最新の予測時間は、GMT9日午前2時32分(日本時間午前11時32分)の前後それぞれ139分の間。米宇宙軍も同午前2時04分(日本時間午前11時04分)の前後1時間としている。一方、米連邦政府が資金を拠出するエアロスペース社の軌道・再突入デブリ研究センターは、同午前3時30分(日本時間午後0時30分)の前後それぞれ4時間と予測している。

EU SSTはウェブサイトで、陸上の人が住む地域に落下する可能性は統計的に「低い」としながらも、動きを制御できていないことから予測は困難と発表した。

米宇宙軍の収集データを公開するスペーストラックは、残骸は北大西洋上に落下すると予測する一方、再突入場所は「数時間前」までほぼ不確実と8日にツイッターに投稿した。

中国外務省は7日、残骸の大半は再突入で燃え尽き、被害を及ぼす恐れはほとんどないとの見解を示していた。同ロケットは、中国の宇宙ステーションの3人用居住区施設を打ち上げた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  5. 5

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  6. 6

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  7. 7

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  8. 8

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  9. 9

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  10. 10

    「空港は一般客とは別の専用口を用意しろ」VIP待遇を求めるIOCに怒り

    マガジン9

    06月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。