記事

驚愕のデータ!日本のコロナ感染拡大は空港検疫陽性者数とほぼ相関!なぜコロナを防げないのか?



日本は何度となく緊急事態宣言をしながら何度となくコロナが感染拡大をしてしまうのはなぜなのか?

それは一部の専門家らも指摘しているようにザル入国だからではないのか。

そんな仮説を裏付ける驚愕のデータが。厚生労働省が発表している空港検疫で見つかったコロナ陽性者数が200名以上になった時期に日本でもコロナ感染が拡大しているのだ。

277名も空港検疫で見つかった2020年7月は第2波が起きた時期。

2020年11月から騒がれ始めた第3波だが11月は354名、12月は360名も空港検疫で陽性者がみつかっている。

そして今の第4波だが2021年4月は292名も空港検疫で陽性者が見つかっている。

日本で感染者が減っていた2020年9月や2021年2月は空港検疫での陽性者数も少ない。

空港検疫で陽性者が多いということは空港で陰性ですりぬけ日本に入国してから陽性になっている人も多いはず。

だから日本は何度国内で緊急事態宣言を出して人流をとめても海外入国者からやっかいな変異株を持ち込まれる数が増えると再び感染拡大してしまうのではないか。

空港検疫が問題であることは直近ではTBSが「ひるおび」や「Nスタ」で特集を組んで指摘。2週間の強制隔離をしないため空港で陰性になった人が自主隔離の2週間を守らず動き回ってしまうから日本は変異株で感染が拡大してしまったのではないかと。

英国株にせよインド株にせよもともと日本に存在しなかったもの。しかしいつのまにか持ち込まれ海外滞在履歴のない人に感染されどんどん変異株が広がってしまう。

政府はインド、ネパール、パキスタンからの入国者に対して6日間の隔離を決定したがコロナの潜伏期間は最大2週間のため6日目で陰性でも7日目以降に陽性になる可能性は高い。

またインド株の感染者は今の段階ではインド、ネパール、パキスタンだけとは限らない。インドに滞在歴のある人が違う国から入国する場合もあればインド株に3国以外で感染してしまう人もいる。

つまりすべての海外入国者の2週間強制隔離をしない限り感染力の高い変異株を輸入し続けることになり結果どれだけ国内でしめつけしても大元の感染源の人流を止めていないがために再び感染が拡大してしまうのだ。

海外入国者の2週間強制隔離を。これをしない限り何をやっても再び感染が拡大してしまうのは今回の大阪の事例でわかったはずだ。このまま2週間強制隔離をしなければ五輪開催前に感染がピークに達し五輪も中止に追い込まれるのではないか。

・日本で感染が減少した3月5日に「緊急事態宣言延長より海外入国者の2週間強制隔離を」という動画をあげているがまさにこれをしなかったがために大阪をはじめ各地で変異株が猛威を振るい感染拡大してしまったのではないか。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス(変異株)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  5. 5

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  6. 6

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  9. 9

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  10. 10

    通常国会 説明不足のまま問答無用で閉会した菅政権に苦言

    大串博志

    06月17日 08:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。