記事

《佳子さまの就職は“逆風対策”?》「一個人としての希望」重視の姿勢は悠仁さまに影響していないのか 秋篠宮家は「オーソドックスな皇族教育に方針転換すべき」の声 - 朝霞 保人

「学ぶでも就職するでもなく」の声も

「秋篠宮家の次女・佳子さま(26)が5月6日付で全日本ろうあ連盟の非常勤嘱託職員として就職されました。週3日の勤務で当面はテレワークとなります。2019年3月に国際基督教大学(ICU)を卒業してから職に就いておられなかったことで『大学院で学ぶでも就職するでもなく何をしているのか』といった批判の声もあったので、安堵いたしました」

【写真】この記事の写真を見る(5枚)


2020年11月、立皇嗣の礼祝賀行事のため、皇居に入られる秋篠宮家の長女・眞子さまと次女・佳子さま(皇居・半蔵門) ©時事通信社

 宮内庁関係者はこう語る。

 秋篠宮妃紀子さまは学生時代から手話に取り組み、日本語だけでなく英語やインドネシア語の手話も操られることで知られる。その姿を見て育った長女の眞子さま、佳子さまは共に手話をマスターされており、眞子さまはコロナ禍以前の19年8月、高校生の手話によるスピーチコンテストに出席し、手話であいさつされている。

「佳子さまは2015年9月、第2回全国高校生手話パフォーマンス甲子園に出席し、手話であいさつされたのを皮切りに、手話を交えたご公務に臨まれており、昨年1月にはそれまで紀子さまが出席していた第42回聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会に単独で臨まれ、手話であいさつをされています。昨年9月には第7回全国高校生手話パフォーマンス甲子園にオンラインで参加し、手話を披露されています。就職されるのなら、手話がらみというのは既定路線だったともいえます。

「一個人としての希望がかなう形に」の言葉に滲み出た姿勢

 一方で19年3月のICU卒業時に出されたコメントで、眞子さまのご結婚延期問題について『私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています』と綴られ、一個人を強調する形で公より私を前面に押し出す『佳子さま流』とでもいうべき姿勢を打ち出されました。

 本来、公を重視すべき皇族らしからぬ我が道を進まれる佳子さまは、就職はされないのではないかという見方も宮内庁内には根強くあったので、卒業から丸2年のこのタイミングで就職をされたのには何か理由があるのではないかとも庁内ではささやかれています」(同前)

 佳子さまは今年の2月末から約2カ月間、全日本ろうあ連盟でインターンシップのプログラムを体験し、就職を決められたという。皇室担当記者が語る。

「眞子さまと小室圭さんのご結婚延期問題は2018年2月の延期発表から3年が経過するのを前に昨年11月に眞子さまが『(結婚は2人にとって)生きていくために必要な選択』とする文書を発表されてから怒涛の展開を見せています。直後の誕生日会見で秋篠宮さまが『結婚することを認める』と発言されると『なぜ認めるのか』といった批判の声がインターネット上などにあふれました。

 そして眞子さまに向けられた批判の声は秋篠宮さま、さらには秋篠宮家全体に向けられるようになりました。コロナ禍で皇族方のご公務も滞る中、佳子さまの就職は秋篠宮家に向けて激しく吹き荒れる『逆風』対策という側面もあるのではないでしょうか」

 上皇・上皇后両陛下が天皇・皇后として活動されていた平成期には皇室が抱える諸問題について積極的に発言し、若かりし頃のやんちゃな印象が払拭されてご両親の代弁者となられた感もあった秋篠宮さまだったが、ずるずると長引く眞子さまのご結婚延期問題を受けて、秋篠宮さま、ひいては秋篠宮家全体のイメージは悪化の一途をたどっている印象だ。

悠仁さまの進路もオーソドックスに転換すべきでは

「ICUを卒業された眞子さまと佳子さまに向けられた批判の声は、秋篠宮ご夫妻の教育方針への疑念を生み、長男の悠仁さまに対する教育方針への疑念までをも生じさせているとの見方があります。皇室の伝統でもある学習院を忌避し続け、お茶の水女子大学附属の幼稚園から小学校、中学校へと進まれた悠仁さまについては、オーソドックスな皇族教育に方針転換すべきではないかとの声も宮内庁周辺では少なくないと聞きます。

 お茶の水女子大学附属を選択されたのは、紀子さまが健康心理学の研究を同大学でされていたからです。現在では同大学人間発達教育科学研究所の特別招聘研究員を務められています。秋篠宮家の教育方針は放任主義的な秋篠宮さまではなく、紀子さまの主導というのが定説です。全国初の手話言語条例を制定した鳥取県で例年行われている全国高校生手話パフォーマンス甲子園に、全日本ろうあ連盟は『特別協力』として参画しています。

“逆風対策”で紀子さまが根回しをされた?

 2014年11月に行われた第1回大会には紀子さまが佳子さまを同伴して観覧された経緯から、翌年の第2回大会での佳子さまの『手話あいさつデビュー』につながりました。佳子さまのご就職は、秋篠宮家に吹き付ける逆風を和らげようと、佳子さまと全日本ろうあ連盟の橋渡し役を務めた紀子さまが、根回しをされて実現したものなのではないでしょうか」(同前)

 小室さんが、母親の佳代さんと元婚約者との金銭トラブルについて4月に反論文書を発表してから、ご結婚延期問題に終止符が打てないままの秋篠宮家に対する逆風は、一層強まっているようにも見える。佳子さまのご就職は、果たして国民世論のバッシング緩和につながるのであろうか。

(朝霞 保人/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「佳子内親王」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  4. 4

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  5. 5

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  6. 6

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  7. 7

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  10. 10

    日本に必要な国産ワクチン 「掛け捨て」で次の危機に備えよ

    WEDGE Infinity

    06月21日 15:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。