記事

「まだ早い」麻生副総理は河野太郎に忠告 水面下で広がる“ポスト菅”の動きを後藤謙次氏が徹底解説 後藤謙次「政局」インタビュー #1 - 後藤 謙次

1/2

 4月25日、衆議院北海道2区と参議院長野選挙区の補欠選挙、参議院広島選挙区の再選挙が行なわれ、3つとも野党の候補が勝利しました。注目を集めたのは広島の選挙の勝敗ですが、私は以前から、自民党が北海道2区で候補者擁立を見送ったことが、将来に禍根を残すと指摘していました

【写真】この記事の写真を見る(11枚)

 北海道2区は収賄罪で起訴され辞職した吉川貴盛元農水相の補選で、党内には候補者を立てるべきだという声が圧倒的でした。「政治とカネ」の問題が響いて立てられないというのが、執行部が擁立を見送った表向きの理由でしたが、自身の選挙をめぐって公職選挙法違反で有罪が確定した河井案里元参院議員が失職したために再選挙となった広島には候補者を立てたのですから、整合性が問われる苦しい理屈だったと言えます。


後藤謙次氏 ©文藝春秋

 この擁立見送りには、こんな背景があったと永田町では囁かれています。吉川氏には、次の衆院選挙で息子を含む自身の系列の候補を擁立したいという強い希望があった。しかし、今回の補選で、候補を立ててしまうと、その目論見が崩れてしまう。そこで、当選同期の菅義偉首相や山口泰明選対委員長が阿吽の呼吸で、候補者擁立を見送りを決めたというわけです。

「執行部は本気で勝つための戦略を練っているのか」という不満

 小選挙区制度のもとでは、一度明け渡した議席を取り戻すには、大変な労力が必要です。自民党には2016年4月実施の衆議院京都3区補欠選挙で、候補者を立てずに民進党公認候補(当時)の泉健太氏に議席を明け渡したという苦い経験があります。泉氏は2017年の衆院選でも自民党公認候補を破り、連続当選。今や立憲民主党の政調会長です。京都3区は完全に野党の牙城になってしまいました。

 もし仮に次の選挙で吉川系の候補が北海道2区に立ったとしても、大苦戦を強いられるのは必至です。それなのに、今回の選挙を「不戦敗」で済ませてしまった。「党執行部は秋までに行なわれる衆院選に向けて、本気で勝つための戦略を練っているのか」という不満の声が出るのもある意味では当然と言えます。党全体の士気を保つという面では、今回の見送りは非常に問題のある決断となってしまったのです。

首相に近い自民党幹部は「負けに不思議の負けなし」

 加えて痛かったのが広島です。自民党は広島では勝てると踏んでいたはずです。保守王国・広島の基礎票は、ざっくり言って自公50万票、野党30万票。しかし、結果は、与党候補の西田英範氏は33万票しか獲得できず、野党統一候補の宮口治子氏に37万票を取られ、負けました。敗因は自民党の典型的な負けパターンである、支持者が投票に行かなかったためと分析されています。

 二階俊博幹事長は今年3月の記者会見で、河井夫妻の買収事件について「党としても他山の石として、しっかり対応していかなくてはならない」と発言しましたが、河井案里氏は二階派。「自分の庭の石」についてもどこか他人事でした。

 代わって、告示間近に県連会長を買って出て、今回の選挙の陣頭指揮を執ったのが岸田文雄前政調会長でした。岸田氏は「我々は、前の選挙で金権の河井夫妻と戦って敗れた陣営だ」という正義の味方のような気持ちでいたかもしれません。しかし有権者には、結局二階派だろうが岸田派だろうが、「自民党」という同じ風呂敷の中での出来事にしか見えなかった。さらに擁立された候補者も、地元出身の元官僚というワンパターン。広島では、自民党は状況判断を完全に読み違えて選挙を戦った結果、なすすべもなく敗れたといえます。

 長野の補選は立憲民主党の羽田雄一郎議員がコロナで急逝したために行われた選挙ですが、北海道と広島は事前に予想されていた選挙です。しかし、結局のところ、自民党は全く準備ができていなかった。というよりは戦略・戦術がなかった。しかもその敗北を、深刻に受け止めず、「負けるべくして負けたのだから仕方ない」という空気が党内にある。首相に近い自民党幹部も「負けに不思議の負けなし」と言っていました。ここに、私は自民党の危機が潜んでいる気がしています。

水面下で活発化する「菅おろし」の動き

 地方の選挙を見ても、自民党は1月に行なわれた山形県知事選で野党候補にダブルスコアの敗北を喫し、3月の千葉県知事選で100万票の差を付けられました。今回のトリプル選挙と同じ日にあった兵庫県豊岡市の市長選でも、自公推薦の現職が敗れています。政治の潮目の変化は地方から静かに始まるものです。こうした動きを見れば、風向きの変化を感じないわけにいきません。

 今年9月30日は自民党総裁の任期満了で、10月21日が衆議院議員の任期満了です。今回菅政権発足後、初の国政選挙に3戦全敗したことで、早期解散はできなくなりました。来年の夏には参議院選挙があります。衆院選後1年以内の参院選挙ですから、いわば「衆参ワンセット選挙」となります。これから参院選の公認候補を揃えていく時期なので、誰を顔にして、次の選挙を戦うのかという話が必ず参院側から出てきます。

 そこで、にわかに起こり始めているのが、「党の顔を代えるべきではないか」という議論です。つまり今自民党内には、9月に総裁選を行い、新しい総裁の下で10月の衆院選を戦った方がよいというシナリオが囁かれているのです。

 ただ、こうした「菅おろし」の動きはまだ表面化していません。「菅さんでは総選挙を戦えない」と見ている人たちが表向き沈黙しているのは、コロナ禍で権力闘争をすれば世論の反発を受けるからです。時間が経てば経つほど、こうした水面下の動きは活発になってくる可能性があります。

菅・二階の“老獪さ”に対して、岸田氏の“人の良さ”が際立った

 では、ポスト菅として考えられる人物は誰か。昨年の総裁選で敗れ、消えたと見られていた石破茂氏は、1月に福岡で山崎拓元副総裁らと会食していたことが報じられました。これは来るべき総裁選に向けた多数派工作と考えるべき動きです。昨年の総裁選後、石破氏は派閥会長を辞任して、退会者も出ています。そこで小なりとはいえ石原派に影響力を持つ山崎氏に接近したと見られます。ただ石破氏に関しては「安倍さんあっての石破さん」という見方があります。安倍氏が首相を辞めればライバルも存在意義を失うという意味です。

 岸田氏は、今回の広島の敗戦責任を押し付けられています。河井事件で名前が出た菅首相や二階幹事長は、今回の選挙で洞ヶ峠を決め込み、被害者だったはずの岸田氏が悪者の頭領になってしまいました。菅・二階の“老獪さ”に対して、岸田氏の“人の良さ”が際立つ形になりました。しかし、「お人好し」というのは、政治家にとって決して褒め言葉ではありませんから、ここからどう立て直すかが問題になってきます。

あわせて読みたい

「麻生太郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  4. 4

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  5. 5

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  8. 8

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  9. 9

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  10. 10

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。