記事

平手友梨奈、『ドラゴン桜』でひたむきな役作り バド技術も制作陣の想像超え「頭が下がる思い」

●選手としての苦悩を熱演 「心に響いた」と反響

女優の平手友梨奈が、現在放送中のTBS系日曜劇場『ドラゴン桜』(毎週日曜21:00~)で、バドミントン部のエースであり、東大進学を目指す特別クラス・東大専科の生徒となる岩崎楓役を熱演。悩み多き繊細な役どころで存在感を放ち、元オリンピック選手から指導を受けたバドミントン姿も注目を集めている。

『ドラゴン桜』岩崎楓役の平手友梨奈

2005年に放送された『ドラゴン桜』の15年後を描く続編となる本作は、元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部寛)が、偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園の再建を目指し、元教え子の弁護士・水野直美(長澤まさみ)とともに、生徒たちを東大に合格させるために奮闘する物語。東大専科の生徒は、1000人以上のオーディションを勝ち抜いた高橋海人(King & Prince)、南沙良、平手、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太に決定した。

平手演じる楓は、両親ともに元バドミントン選手で、オリンピックに出場してほしいと願う2人の期待を背負い、バドミントンにすべてを注いできた生徒。2日に放送された第2回では、大学の推薦がかかった大会を前に膝を痛め、さらに大会当日、ペアを組む清野利恵(吉田美月喜)との衝突で悪化し、プレイできない状態に。病院で半月板損傷と診断され、復帰には2年はかかると告げられた。

その後、清野が大学推薦をもらうために、コーチとともに楓の膝が悪化するよう仕組んでいたことが発覚。「なんだったんだろう、私の頑張りって…」と呆然とする。そんな楓に桜木は、ケガでバスケを諦め、勉強に打ち込むことでその苦しみを乗り越えた過去を告白。「お前の道はお前が決めろ」と言葉をかけた。

後日、楓は桜木に「私を東大に合格させて」と東大専科入りを希望。「東大でスポーツ医学を勉強してみたい。それで選手としても復活してオリンピックに行く。選手を引退した後はスポーツ医学で若い選手たちのサポートをする。それが私の今の人生プラン」と伝え、「やるからには負けないから」と力強い眼差しで宣言した。だが自宅では、勉強に意欲を見せた楓に「そんなことより練習だ」と言い放つ両親。まだまだ思い悩む日々が続くことを感じさせるラストとなった。

平手の迫真の演技に、SNS上では「平手友梨奈ちゃんの演技が心に響いた」「演技力半端ない…」「圧倒的存在感」「平手友梨奈ちゃんの演技に吸い込まれる」などと、称賛の声が続出した。

バドミントン未経験の平手は、バドミントン全国トップの選手を演じるにあたり、リオ五輪にバドミントンダブルスで出場した経歴を持つ栗原文音氏の指導を受けた。第2話の大会シーンでは、俊敏な動きや華麗なジャンピングスマッシュを披露する楓を見事に演じ、バドミントン姿も話題となった。

●「難しいだろうと思っていたことも要求できるように」

飯田和孝プロデューサーは、“東大専科”の生徒7人の起用について「1000人を超える書類の中から、実際に300人くらいにお会いして演技を見させていただき、『ドラゴン桜』の東大クラス7人の役にどれだけハマるか。キャラクターのハマり具合と演技力がまず大きくありました」と説明。

「最終選考に残る子はみなさんうまい。その中で、東大クラスはみんな一生懸命勉強していくので、一生懸命な姿が偽りなく見えるかどうか、ある意味ピュアな演技というか純粋な演技力を重要視しました」と続け、「阿部さんや長澤さんとガッツリ向き合っていく中で、果たしてやっていけるかというのも含めて、いろんな意味を総合的に見て判断しました。そして、福澤(克雄)監督の芝居への要求の高さに応えられるだけの逞しさ、図太さも見ました」と明かした。

そして、平手について「ひたむきさをすごく感じました」とオーディション時の印象を告白。現場でもその印象通りのようで、「役に対する突き詰め方…がむしゃらに突き進んでいくというのをすごく感じます。バドミントンのトッププレイヤーに見えるために何が必要か、そのためにはこれをやるという、その努力の仕方には、本当に頭が下がる思いです」と語る。

バドミントンの上達ぶりにも感嘆。「撮影が始まるまでに1カ月半から2カ月くらい練習されていますが、制作側が思っている到達度を飛び越えて、難しいだろうなと思っていたことも要求できるように。制作側の想像を超えるくらいまで努力をされている」と驚かされているようだ。

さらに、「自分がここまでやらないと岩崎楓という人間になれないという考えがすごくあるのだなと。役に対する突き詰め方ということで、今回はバドミントンのトッププレイヤーだったので、バドミントンをひたすら練習することでその気持ちがわかってくる。そういうことだと思います」とその姿勢を称えた。

(C)TBS

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  5. 5

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  6. 6

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  9. 9

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  10. 10

    「空港は一般客とは別の専用口を用意しろ」VIP待遇を求めるIOCに怒り

    マガジン9

    06月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。