記事

「新型コロナの知られざる国籍問題」リスクを押し付け、感染を拡大させる政治・行政の不作為の罪

1/2

正確に把握されない外国人感染情報

新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)発生場所としては、病院や高齢者施設に加え、飲食店やカラオケ店などが指摘される。一方、世に知られることなく、少なからずクラスターが起きていると思われる場所がある。外国人実習生や留学生の住居や就労先がそうだ。

新型コロナ感染者の国籍は、政府の方針で公表されていない。厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症の国内発生動向」によれば、2021年5月5日時点で「日本国籍が確認されている者」が11万1539名に対し、「外国籍が確認されている者」は5001名とある。しかし、両者を合わせても累計感染者数の2割程度にすぎず、このデータだけでは在日外国人の感染実態はよくわからない。

また、実習生や留学生がクラスターに含まれていても「従業員」などとしか報じられず、会社名も企業側が同意しなければ、自治体は基本的には明らかにしない。

だが、筆者のもとには外国人の感染情報が次々届いている。とりわけ目立つのが、ベトナム人の感染だ。

たとえば、2021年4月に西日本の食品加工工場で起きた県内最大規模のクラスターである。新聞などには「事業所の寮で感染が広がった」といった程度の情報しか載っていないが、会社関係者によれば、感染者の大半は「ベトナム人実習生」だったのだという。

2月には、やはり西日本の日本語学校の留学生寮でもクラスターがあった。この学校の留学生はベトナム人が多く、感染者にも相当数含まれていたと見られる。

高齢女性の手を握る若い女性の手
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/fizkes

日本で感染し、母国に持ち込むケースが

日本ほど感染が広まっていないベトナムからも、気がかりなニュースが届いている。ベトナム保健省によれば、同国では4月12日からの1週間で89人の新型コロナ感染者が確認された。全員が海外からの入国者だが、うち4割以上の39人が日本から帰国したベトナム人なのだという。

ベトナムと日本の間では定期便の運行が停止していて、ベトナム人帰国者は皆、チャーター便の利用者だ。在日ベトナム人たちの話では、チャーター便は4月中旬には週2〜3便が飛んでいた。その乗客の「39人」が感染していたとすれば、割合は決して小さくない。

在日ベトナム人の数は2020年末時点で44万8053人に達し、12年から8倍以上に増えている。その数は、在日外国人として中国人に次いで多い。出稼ぎ目的で、実習生や留学生として来日するベトナム人が急増した結果である。コロナ禍(か)で帰国を希望しているのも実習生や留学生が多い。チャーター便でベトナムに到着後、感染が判明したのも実習生らが中心だったはずだ。

同じ日本で日本人よりはるかに感染リスクが高い現場

元留学生で、現在は東京都内の「監理団体」で企業へ実習生を派遣する仕事をしているベトナム人のタンさん(20代)が言う。

「コロナのクラスターは今、日本人にもあちこちで起きています。でも、実習生や留学生たちは、一般的な日本人よりもずっと感染リスクが高いことは間違いない。仕事は肉体労働ですから、リモートワークなどは無理。しかも寮などで共同生活をしている。私が担当している実習生も先日、建設現場で働く5人が感染しました」

幸い感染した実習生たちは軽症ですんだという。仕事を休んだ間の給料も保証された。実習生よりも悲惨なのは、コロナに感染した留学生たちである。

アジア人留学生が直面する現実

新型コロナ「第3波」が全国的に広がりつつあった2020年12月、関東地方の専門学校で日本語教師を務めるAさん(女性・30代)からこんな連絡があった。

「教え子のベトナム人留学生たち数人がコロナに感染しました。夜勤のアルバイトをしていて感染したようです」

Aさんによれば、留学生たちが働く2つの工場でクラスターが相次いで発生したのだという。1つは食品関連の工場で、もう1つが化粧品メーカーの工場だ。どちらの工場も24時間体制で稼働していて、日本人の働き手が集まらない夜勤を中心に多くの留学生バイトが働いている。

化粧品メーカーの工場には私も馴染(なじ)みがある。数年前、日本語学校に通うベトナム人留学生に密着取材した際、留学生のアルバイト先の1つがこの工場だったのだ。工場までの通勤を見届けるため、留学生が乗った人材派遣業者の送迎バスをレンタカーで追いかけたことがあった。

その留学生は、オックさん(当時27歳)という女性だった。彼女は日本語学校の初年度分の学費や寮費などで、150万円程度の借金を背負い来日していた。

その借金を返済し、加えて翌年の学費を工面するためには、留学生に許されている「週28時間以内」のアルバイトでは不可能だ。そのため、彼女は2つのアルバイトをかけ持ち、法定上限に違反して働いていた。アジア新興国出身の留学生たちの多くに共通する現実である。

借金まみれの留学生が人手不足を埋める実態

勉強そっちのけでバイトに明け暮れる留学生も少なくない。だが、日本語学校に在籍できる最長2年では、借金の返済に追われ、出稼ぎの目的は果たせない。だから彼らは専門学校などに進学してバイトを続けようとする。

そんな留学生をターゲットにして、日本語能力を問わず、学費さえ払えば入学を認める専門学校や大学が増えている。Aさんの勤務先も、そんな学校の1つである。

オックさんの化粧品工場でのアルバイトは、週3回、午前0時から8時までの夜勤だった。同僚は留学生ばかりだ。

工場のラインに並んで立ち、流れてくる商品にラベルを貼り、箱に詰めていく作業を延々と続ける。肉体的にも、精神的にも厳しい作業である。とはいえ、日本語の不自由な留学生ができるアルバイトは、夜勤の単純労働に限られてしまう。

「簡単な作業なので、何か考えていないと眠くなってくるんです。無理して眠らないようにしていると、だんだん頭がおかしくなってくる」

そう語っていた彼女の言葉が、今も鮮明に残っている。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。