記事

虐殺、強制収容所、美容整形…海外アニメが抉り出す「実写では描けない“社会のリアル”」 - 土居 伸彰

1/2

「海外アニメーション」に、実は戦争や難民の姿、社会の実態を描いた作品が多いことは知られていない。実写映画では描けないアニメの世界こそが社会の実態をリアルに表現できるのだ。

【写真】この記事の写真を見る(7枚)

◆ ◆ ◆

 2010年代、世界の長編アニメーション・シーンは一気に成熟し、表現の多様性を獲得した。表現手法も、絵柄も、取り上げるテーマも様々で、しかし共通して、現実社会への確かな眼差しと態度を持った「大人向け」の作品が増えてきている。それに伴走するかのように、日本のミニシアターで配給される海外長編作品の数もまた増えてきたが、一方で、観るべき人に、まだまだ届いていないとも感じる。この原稿はなによりも、それがアニメーションであるからという色眼鏡があるせいで「生涯の一本」になりえる作品に出会いそこねているあなたに向けて、書いてみたい。海外アニメーションの世界は、いま、映画表現全般でみても、相当エキサイティングな時期を迎えつつあるので、見逃すのはもったいないのだ。

 大人向け海外アニメーションの面白さ――それはたとえば、ある時代・社会に限定された物語を語りながらも、しかしそれを観る人に、その「遠い」はずの世界をひとごととして感じさせないところにある。パーソナルな出来事を描きつつ、それが普遍的にもなるという矛盾する性質を、「絵」であり「記号」であるアニメーションは内包しうる。

 昨年末公開された『FUNANフナン』がその最適な例である。この映画は、クメール・ルージュ下のカンボジアで、突如として平和な日常を失い、虐殺の危機に生を脅かされた家族のサバイバルの物語を描く。


Les Films d'Ici-Bac Cinéma-Lunanime-ithinkasia-WebSpider Productions-Epuar-Gaoshan-Amopix-Cinefeel 4-Special Touch Studios © 2018

 ドゥニ・ドー監督の長編デビュー作である本作は、監督の母と兄が体験した実話が元になっている。キャラクターデザインをお互いに似せ、「匿名」の人々のドラマとして徹底して描くことで、市井の人々である彼らの必死なる生存(そしてそこに付随する無数の不条理な死)が、よりリアルに突き刺さってくる。

 実在の場所の空気感の表現に長けた本作は、自分がその場にいあわせたような気分にさせもする。カンボジアの山林に吹く「風」(本作の重要なテーマである)を感じたとき、この遠い時代・場所の悲惨な出来事が、本当にあったことなのだということを実感させ、背筋を凍らせる。

『FUNANフナン』:

1975年カンボジア。ポル・ポト率いるクメール・ルージュに支配され、農村へ強制移動される途中で息子と離れ離れになってしまった母親の激動の日々を描く。監督はフランス生まれでカンボジアにルーツを持ち、自身の母親の体験をもとに本作を描いた新鋭ドゥニ・ドー。長編初監督ながら世界中から絶賛された。

 日本とインドネシアの国際共同製作によるCG長編というユニークな作品『トゥルーノース』(今年6月4日公開)も、似たようなテーマを描く。脱北者の証言を元に、北朝鮮の強制収容所における過酷な生と死を語るのだ。本作のキャラクター造形や物語の展開はかなりメロドラマ的なものであるのだが、そういったフォーマット――エンタメという「糖衣」――によってこそ、観客は、この残酷な現実の姿をようやく自分ごととして飲み込み、その苦味を身体に染み透らせることができる。他人事が、自分ごとになるのだ。

 アニメーションは、寓話のような形態によって、社会のあり方を総体として浮かび上がらせることにも長けている。

『トゥルーノース』:

金正日体制下の北朝鮮で両親と暮らす幼い兄妹、ヨハンとミヒ。父親が政治犯として逮捕され母子も強制収容所に連行される。極寒の収容所の生活は凄惨を極めた。ドキュメンタリー映画『happy-しあわせを探すあなたへ』メインプロデューサーの清水ハン栄治の初監督作品。収容体験をもつ脱北者などにインタビューを行い10年の歳月をかけた。

社会の姿を変えようとする意志を描く

 昨年公開され、のんが吹替版の声の主演を務めることで話題となった『マロナの幻想的な物語り』は、犬のマロナの死の瞬間から始まり、その生を回想する作品となっている。本作の監督アンカ・ダミアンは、過去、アニメーション・ドキュメンタリーというジャンルで2本の長編を制作した。外国における不当逮捕に反対しハンストを行った一般人、そしてアフガニスタンでムジャーヒディーン(ジハードを遂行する民兵)となったポーランド人と、ともに、社会体制が生み出す抑圧や欺瞞の果てに自らの人生を賭してそれに抵抗した人々の人生を描いてきた。

 だから、『マロナ』は子供向けの作品として作られつつも、その本質にあるのは社会の告発である。マロナは複数の飼い主のもとを遍歴し、どの人間もそれぞれ自分勝手な理由でマロナを見捨てる。しかし、純真無垢な犬の目から眺められたとき、その飼い主の不幸は彼らが住む社会がもたらすものであること――彼らには不幸になる選択肢しか与えられていないこと――が、次第にわかってくる。飼い主たちの(不)幸せな人生を描くオムニバス的な構造は、社会構造そのものが人の人生を台無しにしているということを、エモーショナルに描き出す。社会のあり方を浮かび上がらせ、告発するのだ。

 今年夏頃の公開を控える『カラミティ』もまた、ある社会の枠組みを浮かび上がらせる。監督はレミ・シャイエ。生前の高畑勲が激賞していた長編デビュー作『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』に続く待望の作品だ。シャイエ監督の作風は、輪郭線のない色面によるドローイング・アニメーションを用い、少女が苦難のなかで自分自身の運命を切り開いていく物語を語るというものである。『ロング・ウェイ・ノース』は、19世紀を舞台に、行方不明の祖父を探して北極探検に乗り出すロシア人少女の奮闘を描くものだったが、本作『カラミティ』は、西部開拓時代のアメリカを舞台に、伝説の女性ガンマンであるカラミティ(疫病神)・ジェーンの子供時代を描く。

 レミ・シャイエの作品が日本で受け入れられているのは、本作の持つ空気感やキャラクターのあり方が、かつてのファミリー向け日本アニメの良質な伝統――たとえば高畑勲が手掛けたテレビシリーズのような――を蘇らせるような感触を持つものであるからかもしれない。

 そんな感触の中で『カラミティ』が描くのは、強い意志が周囲を動かし、社会の姿を変えることができるという、そんなポジティブなエナジーだ。

『カラミティ』:

リアルな表現で話題を集めるレミ・シャイエ監督による最新作で、西部開拓史上、初の女性ガンマンとして知られるマーサの子供時代の物語。家族とともに大規模なコンボイ(旅団)で西に向けて旅を続けるが、マーサは家族の世話をするために少年の服装をすることを決心する。女性は女性らしくという時代にあって、マーサの生き方は、古い慣習を大事にする旅団の面々と軋轢を生む。

韓国はアニメも必見作揃い

 2010年代後半、アジアからは、ヨーロッパとはまた別種の面白い流れが生まれている。社会性・ドキュメンタリー性を感じさせながらも、それがエンタメとしての強度を上げる方向に活用されている作品群だ。

 その先陣を切ったのは、ヨン・サンホだ。『新感染 ファイナル・エクスプレス』の大ヒットでいまや実写映画監督として著名な彼は、元々は個人制作に近い小規模なCG長編アニメーションで頭角を現してきた存在だ。『豚の王(日本未公開)』『フェイク 我は神なり』『ソウル・ステーション パンデミック』……そのどの作品も、韓国社会が直面する社会的な行き詰まりを毒のあるエンタテインメントに昇華していく骨太の構造を持っており、低予算のCGであるがゆえのぎこちない動きも、その社会のなかでゾンビのように生気をなくした人々の表現として「活きて」いる。

『ソウル・ステーション パンデミック』:

監督ヨン・サンホが実写映画デビューをした、列車内で発生した感染パニックを描く『新感染 ファイナル・エクスプレス』の前日譚となる作品。恋人とケンカし夜のソウルの街をひとりさまようヘスン。その頃、ソウル駅では息絶えた血まみれのホームレスが生き返り、人を襲い出した。襲われた人がゾンビとなり、へスンにも危機が迫る。(DVD発売中)

あわせて読みたい

「アニメ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。