記事
  • ロイター
  • 2021年05月07日 13:55 (配信日時 05月07日 13:54)

豪マッコーリー、21年度は過去最高益 自社予想上回る


[7日 ロイター] - 豪投資銀行大手マッコーリー・グループが7日発表した2021年度(20年4月─21年3月)決算は利益が自社予想を上回り、過去最高となった。手数料ベースの一部事業が低迷した一方、エネルギーや貴金属、為替などボラティリティーの高い市場からの利益が伸びた。

純利益は10.6%増の30億2000万豪ドル(23億5000万米ドル)で、2月に示した自社予想(5─10%増益)を上回った。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で航空機リース部門が打撃を受け、企業のM&A(合併・買収)に関連した手数料収入や銀行の利益率が圧迫された一方、商品(コモディティー)取引部門が50%の増益となった。

リテールバンキングからM&A、インフラ投資、商品取引まで多岐にわたる事業を世界的に展開していることが奏功した。2月に北米を襲った寒波でガス価格が上昇した恩恵も受けた。マッコーリーは北米の天然ガス市場で第2位。

シェマラ・ウィクラマナヤケ最高経営責任者(CEO)はアナリスト会見で、幅広い事業展開について「さまざまな市場サイクルの中で多様性を提供した」と評価した。

また、北米における下半期のガス・電力取引だけでなく、上半期の貴金属、原油取引のほか、為替やデリバティブの活発な取引も寄与したと述べた。

同CEOはさらに、マッコーリーは「慎重な姿勢」を維持するものの、「主要な市場における深い知識や事業・地理上の多様性に伴う強さ」を踏まえると、「中期的により優れた業績を達成する良い位置につけている」との見方を示した。

期末配当は1株当たり3.35豪ドルと、前年の1.80豪ドルから2倍近くに引き上げた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  6. 6

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  7. 7

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  8. 8

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  9. 9

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  10. 10

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。