記事
  • ロイター
  • 2021年05月07日 11:05 (配信日時 05月07日 10:58)

原油先物は小反発、米欧のコロナ規制緩和で需要回復に期待


[シンガポール 7日 ロイター] - アジア時間の原油先物は小反発している。世界経済の回復や米欧の移動制限緩和で燃料需要が改善するとみられている。一方、インドの新型コロナウイルス感染急拡大が上値を抑制した。

0052GMT(日本時間午前9時52分)現在、北海ブレント先物7月限は0.08ドル高の1バレル=68.17ドル。米WTI原油先物6月限は0.09ドル高の64.80ドル。

いずれも週間では2週連続で上昇する見通しだ。米欧の移動制限緩和や工場の稼働再開、新型コロナワクチンの接種進展で燃料需要が回復するとの期待や、夏場の旅行需要でガソリンやジェット燃料の消費が一段と拡大するとの見方が背景にある。

米国では週間の新規失業保険申請件数が昨年3月中旬以来の低水準に改善し、労働市場の回復が新たな段階に入った可能性を示唆した。

一方、インドでは新型コロナの感染急拡大で燃料消費が減少しており、石油需要の回復は一様ではない。

エネルギーコンサルタントのFGEはリポートで、インドや日本、タイなどの感染再拡大がガソリン需要の回復を妨げていると指摘した。ただ、労働節の連休中の国内旅行件数がコロナ流行前の水準を上回った中国などが落ち込みを一部相殺していると分析した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  5. 5

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  10. 10

    10年前は有事の国会閉会を批判 国会軽視の態度に変わった菅首相

    野田佳彦

    06月21日 17:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。