記事
  • ロイター
  • 2021年05月07日 10:55 (配信日時 05月07日 10:53)

米SEC委員長、新たな取引規則を検討 アルケゴス問題など受け


[ワシントン 6日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)のゲンスラー委員長は6日、下院金融委員会で証言し、米ゲームストップ株の取引や投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントに絡む金融機関の巨額損失問題によって露呈した問題に対処するため、新たな取引規則を検討していると明らかにした。

空売りに関する情報開示の拡大、空売りの裏付けとなる証券の貸し出しを巡る透明性向上、アルケゴス関連の損失につながった複雑な株式スワップに関する新たな報告規則などを検討していると説明した。

株式取引アプリがポイントなどゲーム感覚の機能を使って個人投資家の関心を誘っているとの懸念を踏まえ、こうした「ゲーム化」を規制する新ルールの導入について一般から意見を募る用意を進めていることも明らかにした。

ゲームストップ株は今年1月、低コストのプラットフォームで取引する個人投資家がオンライン掲示板「レディット」で購入を呼び掛けたことを受けて急騰し、同社株を空売りしていたヘッジファンドに多額の損失が生じた。

ボラティリティーの急上昇を受け、スマホ専業証券のロビンフッドは2日間の決済期間に取引を保証するため清算機関から求められた追加保証金を支払うことができず、ゲームストップなど一部銘柄の取引制限に追い込まれた。

ゲンスラー氏はこれについて「数百万人の投資家にとって好ましくなかった」と述べた。

その上で、個人投資家向けの市場に十分な競争があるか検証するとともに、金融システムへのリスクを抑えるため、2日間の決済手続きを迅速化する案を検討していると明らかにした。

アルケゴス問題については、株式スワップがもたらす「システミック」なリスクが浮き彫りになったとし、2007─09年の金融危機を受けて導入されたデリバティブ市場の透明性に関するルールでは対処できなかったと指摘した。

ゲンスラー氏はさらに、企業の気候変動関連リスクの開示義務について投資家のフィードバックを集めているとし、今年後半に新たなルール案を公表する可能性が高いと述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  4. 4

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  5. 5

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  6. 6

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  7. 7

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  10. 10

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。