記事

質疑から逃げた立憲民主党は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実で遺憾な憲法審査会の結末

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

国民投票法改正案 衆院憲法審査会で可決 今国会で成立へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210506/amp/k10013014891000.html

3年以上棚晒しになっていた国民投票法の改正案がようやく成立する運びとなりました。

一部で誤解されている方もいらっしゃいましたが、これは憲法改正とは直接関係がなく、公職選挙法が改正されたことに合わせて国民投票法も変えないとおかしいよねという、当然の法改正を実施する内容です。

これによってようやく、国民投票においても期日前投票の柔軟化や、投票所への子どもの同伴などが可能になります。

正直、やっておいて当たり前の改正内容です。準拠する公選法が変わったんだから。

そこに「広告・CM規制をつけるべき」という別の論点を混ぜ込んでずーっと採決を先送りしていたのが立憲民主党だったわけですが、ここにきて

「施行後3年を目処にCMや外資規制などの事項を検討し、必要な措置を講ずる」

という修正案を提出し、それをなぜか自公が丸呑みして採用してしまいました。

やって当然の改正を行った後に、追加でCM規制などを議論することは大いにやれば良いと思います。しかし、それをわざわざ法案の中に明記させるのは

「3年間はこの検討事項を議論しなければならない。よって、憲法改正自体の議論に進むことは出来ないのだ」

というロジックで憲法議論を停滞させる意図があることは明白であり、実際にそのような誤解も招きかねない内容です。

幹事長レベルでこの内容で握った自民と立憲にどんな取引があったのかは知りませんが、実は与党側も本気で改憲の議論をやる気がないのではないかと思わざるを得ません。

そのため、維新は不誠実な意図がある本修正案に反対するとともに、仮に修正案でいくのであれば

「前項(検討事項)の規定は、憲法審査会が同項の措置が講ぜられるまでの間に日本国憲法の改正案の原案の審査を行うことを妨げるものと解してはならない」

という条項をさらに追加をするべきだという具体的な提案も行いましたが、受け入れられることはありませんでした。

よって冒頭に引用したニュースのように、「原案には賛成・修正案には反対」というスタンスに至った次第です。

さらに度し難いのは、立憲民主党がこの修正案を提出するにあたり、国会(憲法審査会)における法案審議・質疑応答を一切拒否したことです。

足立議員がまとめているこちらの動画内にて、国民民主党・山尾議員に「なぜ国民・維新が強く求めている質疑応答に応じてもらえないのか」と厳しく突っ込まれた立憲・山花議員はしどろもどろになりながら、

「自由民主党・与党と協議を重ねてきて、政党間レベルで合意を得た。そういう段取りなので…。」

と答えています。

つまり、自民・公明・立憲民主の3党だけで談合した挙げ句、1秒たりとも国会審議をしないで採決をさせたわけで、立憲民主党はその口で「強行採決ガー」とか二度と言わないでいただきたいと思います。

立憲民主党は案の定、

「発議者(立憲民主党)の意志としては、この検討事項に挙げられた法的措置が済むまで憲法改正の発議はできないということだ」

と好き勝手なことを言っていますが、開かれた国会の場で法案審議(質疑応答)に応じなかった時点でまったく説得力もなければ、そんな法的な意味も一切ないということは明確に指摘をしておきます。

国民投票法の改正案が採決されることは一歩前進ですが、大きな禍根と火種を残し、自民党と立憲民主党が馴れ合いで談合をするという非常に後味の悪い結末となりました。

議論のステージは参議院に移りますが、我々はこうした政局と一線を画し、改正議論を前にすすめるために尽力をしてまいります。

それでは、また明日。





音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「国民投票法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  4. 4

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  5. 5

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  6. 6

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  7. 7

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  8. 8

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  9. 9

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  10. 10

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。