記事

温室効果ガスの削減目標の虚しさ

1/2

「気候変動サミット」で各国が削減目標を表明した。
がしかし、その目標はあくまで目標であって、達成できなかったとしてもペナルティがあるわけではない。
掲げた数字は、ただの数字であって、飾りでしかない。

温暖化対策、米中は「やってるフリ」だけ…各国が足並みを揃えたくない裏事情(長谷川 幸洋) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

菅首相は4月22日、オンラインで開かれた「気候変動サミット」で温室効果ガスの削減目標を「2030年度に13年度比で46%削減する」と表明した。従来目標の26%減から大幅な引き上げだ。19年度までに14%減を達成したので、あと10年で残りの32%を減らす必要がある。

(中略)

2030年の温室効果ガスの削減目標について、米国は「2005年比で50〜52%削減」と言った。欧州連合(EU)は「1990年比で55%以上」、中国は「2005年比で国内総生産(GDP)比で65%以上」である。日本は冒頭に書いたように「2013年度比で30年度に46%」である。

削減度を測る基準年(日本は年度)がバラバラであるだけでなく、中国に至ってはGDP比で示している。これでは、各国の比較が直ちにできない。なぜ、こんな簡単な前提すら統一できないのか。

それは、各国が暗黙のうちに「互いに比較できないようにしよう」と合意しているからにほかならない。言ってみれば「オレも地球温暖化には貢献するよ。ただし、他国と比較されるのはゴメンだ。オレはオレの都合でやるからね」という話なのだ。

(中略)

これらが示すように、原発反対の左派はジレンマに陥っている。地球温暖化の抑制には賛成だが、原発再稼働には反対なのだ。これは世界の左派勢力が直面しているジレンマでもある。彼らは環境重視をアピールしたいが、といって、だからこそ原発には反対せざるを得ず、出口が見えなくなっている。

ひとつだけ確かなことは、2030年あるいは2050年になったとき、菅首相もバイデン大統領も、その職には就いておらず、亡くなっている可能性もある。
つまり、責任を取る立場にいない未来のことだから、大盛りの約束をして守れなくても責められることがない。だから、なんとでもいえる。

結局のところ、環境問題や温暖化対策は、政治的な駆け引きであり、経済的な利権争いになってしまっている。脱炭素も儲けが出ないのなら、誰もやろうとは思わない。ビジネスチャンスがそこにあると見る企業や投資家がいるから、先取りで動きはじめている。
国がなんらかの規制をかけると、不利になる企業がある一方で、有利になる企業がある。企業は得をする側に回るための策を練るというわけだ。

二酸化炭素の削減のために原発を稼働させるというのは、詭弁なんだよね。
それは言い方を変えると、「二酸化炭素よりも放射性廃棄物の方がマシ」といってることになる。
なぜなら、放射性廃棄物は削減対象になっていないからだ。

放射性廃棄物は、高レベル放射性廃棄物が年間約1000トン、低レベル放射性廃棄物がドラム缶の数にして年間1500〜1800本(2017〜2019年)が出ている。
原発事故以前(2011年以前)は、低レベル放射性廃棄物が年間2万本以上が出ていた。
含まれる放射性物質の半減期は、長いもので10万年。10万年も保管・管理しないといけないのは無視しているというか、不可能である。

温暖化問題は未来の世代の問題とされるが、それをいうなら放射性廃棄物の方が、もっと深刻なはずだ。しかし、いまだ処理方法すら確定していない放射性廃棄物は、棚上げの処分保留状態で溜めこんでいるだけ。
老朽化した原発を再稼働しているため、第二、第三の原発事故はいずれ起きると予想される。福島の原発事故の教訓は生かされず、原発災害が繰り返される。

そのとき、「脱炭素のために原発は必要だった」と言い訳するのだろうか?
「二酸化炭素よりも放射性廃棄物の方がマシ」の選択が、正しかったのかどうかが問われる。

あわせて読みたい

「環境問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  3. 3

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  4. 4

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。