記事

ブログ「自由をもとめて」開設にあたってのご挨拶

1/2

自己紹介

 新ブログ、「自由をもとめて」へご訪問くださりありがとうございます。これまで応援してきてくださった皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。

 はじめましての皆さま、簡単に自己紹介をさせてください。

 松本麗華と申します。

 道ばたに咲いている小さな花や、山河や空の写真を撮るのが好きです。コンクリートの隙間などから頑張って顔を出している花を見ると、思わずしゃがんで写真を撮ってしまいます。

 ときどき「すみすみ」というゲームもしています。あのほんわかした絵に癒やされます。かわいいです。

 仕事は事情があって、離職続きです。それでもあきらめず探し続けています。今は相談業務や、「一般社団法人共にいきる」のお仕事を頑張ります。

 よろしくお願いいたします。

 これまでの人生

 わたしの父はオウム真理教の創設者で、わたしは3番目の娘として生まれました。

 5歳のとき、親に連れられて教団施設に引っ越しました。

 父は5歳のわたしに、「ウマー・パールヴァテイー・アーチャリー」という宗教名を与えました。教団の人は略してわたしを「アーチャリー」と呼ぶようになりました。

 11歳のとき、いわゆる「オウム事件」が起き、12歳で両親が逮捕されました。

 当時は、オウム関連の報道をすれば視聴率が稼げる時代だったと、報道機関の方から何度もうかがっています。今振り返れば「教祖」という中核を失った上、幹部が根こそぎ逮捕され、「オウム真理教」の報道価値が落ちていたのかもしれません。そのためもあって、わたしは、教団の危険性や「悪」の象徴として、マスコミに報じられるようになりました。

 会ったこともない人を殺せと命じた、信者の拉致監禁を命じた、教団を離れようとした信者を水死させるよう指示したといった内容の、まったく身に覚えがないおそろしい報道の数々。

 わたしが、わたしではなくなってゆく――。

 アパートのベランダから、夜間にマスコミに侵入されたこともあります。水着姿を盗撮されたこともあります。こわくても、誰も助けてはくれません。報道被害を食い止めたくて、教団の広報の人に裁判を起こせないかと相談したこともありました。

 しかしその人はなぜか未成年者は裁判を起こせない。どうしようもないのだと言いました。本当は、親権者の同意があれば裁判は起こせたのです。

 小学校に1日も通ったことがなく、自分の名前さえ漢字で書けなかった当時のわたしは、その人を信じ、泣き寝入りするしかありませんでした。

 どんな報道をしても反撃されないため、報道被害は積み重なり、いつの間にかわたしには人殺しも厭わないモンスターのような、わたしとは別の人格が与えられていました。

 「麻原三女」「三女アーチャリー」「アーチャリー」として。

 ――わたしの知らない「三女アーチャリー」が、またバッシングされている。「三女アーチャリー」はわたしの知らないひと。わたしには関係ない。

 やがてわたしは、マスコミに強要された別の人格を遠くから眺めるようになりました。そうしなければ、生きてはいけなかったのだと思います。

 けれど、道を歩いていたら通報され、小学校、中学校と義務教育も拒否される現実。いくら別人格だと思って心を守ろうとしても、その被害は松本麗華であるわたしに及んでしまうのです。

 2000年――今から21年前、わたしは松井武弁護士や、わたしが社会で生きて行けるよう支援して下さる方に出会う幸運に恵まれ、16歳で教団を離れました。

 松井先生が支えて下さり、わたしは未成年のうちから報道被害と闘いはじめました。それでも、すでに社会に根付いてしまった「偏見」は、至るところで松本麗華に影響を及ぼしました。

 高校、大学と幾度も入学拒否を受け、結局、裁判を経て拒否された大学の一つに通いました。わたしを松本麗華として見て下さる裁判官が担当して下さらなかったならば、わたしは大学に行けなかったかもしれません。

 仕事もたくさん失いました。わたしが自活していると教団と関係がないことがばれて困るのか、おそらくは公的機関が、仕事先に身元を報せるということもありました。

 わたしは教団とも裁判で闘ってきました。教団はわたしを「悪魔」と呼び、客観的に訴訟対立関係にあるにもかかわらず、わたしが今でも教団の関係者であり、教団を支配していると主張する人がいます。

 わたしは教団に迷惑をかけられ、被害を及ぼされた当事者として、教団には即座に解散してほしいと願っています。

 わたしが今を生き、未来へ向けてあゆむためには、逆流にあらがい、心許ない足場をさぐり、少しでも前進し続ける努力が必要です。

 生まれや子どものころに親や大人に与えられたもの、報道機関に犯罪者や人殺しのような人格を作られたこと。それらがまた巡りにめぐって、さらなる名誉毀損がなされ、仕事を首になり、生きる道を拓くことができない。

 2018年7年に父が亡くなったとき、正直わたしは疲れ果てていました。足元がばらばらと崩れ、自分が生きていることが不自然に感じられました。

 いつか「その日」が来るかもしれないとおそれていたのに、実際に父が亡くなると、途方もないことが起き、想像したこともない世界に放り込まれたかのようでした。

 混乱し、泣き叫ぶわたしの話を長々と聞いてくれた友人、「あなたは今も呼吸をしているんですよ。生きているんです」と仰ってくださった松井先生。父に花やお菓子をくださり、わたしの父としていたんで下さった方々。LINEやSNS等で温かい言葉をいただけば、声に出して涙を流しながら読み上げていました。自分でもう限界だと分かっていたのかもしれません。優しい言葉、優しい思い、そういうもので身体を満たさないと壊れてしまうという感覚でした。

 わたしは自ら情報発信をすることがほとんどできなくなっていました。生きる覚悟もできず、今後情報発信ができるのかということにも悩んでいました。目的も見失っていました。

 わたしが、このままではいけないと思ったのには、いくつか理由があります。

 皆さまの励ましをいただいたこと、呼吸をしている限りは生きていかねばならないこと、ある裁判の判決への絶望などです。

あわせて読みたい

「オウム真理教」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  3. 3

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

  4. 4

    池袋暴走死傷事故・飯塚被告の“記憶違い”の写真  

    NEWSポストセブン

    06月24日 17:10

  5. 5

    緊急事態宣言の解除後からコロナ感染者数が増加 苦境に立たされる菅首相と自民党

    早川忠孝

    06月24日 22:30

  6. 6

    「ネットワーク生かし現場の声を都政に届ける」公明党東京都本部代表高木陽介氏

    安倍宏行

    06月24日 18:29

  7. 7

    マンションの一部が崩落、1人死亡・99人が行方不明 米フロリダ州

    ABEMA TIMES

    06月25日 08:27

  8. 8

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  9. 9

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  10. 10

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。