記事
  • ロイター
  • 2021年05月06日 13:20 (配信日時 05月06日 13:19)

シノファームワクチン、一部データの信頼性低い=WHO専門家


[ジュネーブ 5日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)の複数の専門家は、中国国有製薬大手である中国医薬集団(シノファーム)が新型コロナウイルスワクチンに関して提供したデータの一部に関して「信頼性が非常に低い」と指摘したものの、全般的な有効性を認めたことが分かった。ロイターが資料を確認した。

WHOの報道官はシノファーム製ワクチン「BBIBP-CorV」に関する今回の資料について、「多くの(勧告判断)材料の一つ」と説明した。

シノファームからはコメントを得られていない。

この「エビデンス評価」資料はWHOの戦略的諮問委員会(SAGE)が用意。WHO専門家はエビデンスを評価し、ワクチンに関する勧告を行う。シノファーム製ワクチンは45カ国・地域で成人への使用が承認され、6500万回分が接種されている。

資料には中国、バーレーン、エジプト、ヨルダン、アラブ首長国連邦(UAE)での臨床試験データの概要が盛り込まれている。

それによると、複数の国における第3相臨床試験で2回の接種を終えた後の有効性は78.1%だった。これは中国でこれまで公表されている79.34%をやや下回る水準だ。

資料は「BBIBP-CorVの2回接種により、PCR(検査)で成人(18─59歳)の新型コロナウイルス感染症が確認されることを防ぐ効果があることにわれわれは非常に自信を持っている」と指摘。一方で、「共存疾患を抱える参加者における安全性分析は、第3相試験で(肥満を除く)共存疾患を抱える参加者数が少なかったことで制限された」とし、「(共存疾患などを抱える)個人の深刻な副反応リスクは低いというエビデンスの質の信頼性が非常に低い」とした。

また、「高齢の成人(60歳以上)について、BBIBP-CorVの1回ないし2回の接種後に深刻な副反応が起きるリスクは低いというエビデンスの質の信頼性が非常に低い」とも指摘した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法

    PRESIDENT Online

    08月03日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。