記事
  • ロイター
  • 2021年05月06日 10:50 (配信日時 05月06日 10:45)

国際課税の合意機運、かつてなく高い=OECD租税局長


[パリ 5日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)のサンタマン租税局長は5日、多国籍企業への課税をめぐる国際的な合意への機運がかつてなく高まっているとの見解を示した。一方でサンタマン氏は、合意を最終的にまとめるには、10月までかかるかもしれないとも述べた。

OECDは140カ国と長年協議を行っており、国際的な最低法人税率導入への米政権による支持を受け、2021年半ばまでの合意形成を目指している。

サンタマン氏は仏上院財政委員会で、「成功の好機はこれまでになく高まっている。全ての関係者がこの問題をまとめたいとの意欲がある」と話した。

一方で、全ての問題が7月までに完全に解消できるとは考えていないと述べた。

バイデン米政権は多国籍企業による国際的なデジタル事業に対してどのように課税するかに関し、デジタル事業に限らず、国際化に恩恵を受けた大企業上位100社の利益に焦点を当てることを提案している。

サンタマン氏はこの提案について「理にかなっている」と述べ、税務当局も管理・調整がしやすいだろうとみていた。

一方、バイデン政権は21%の最低法人税率の導入を提唱しており、これまでの協議で中心だった12.5%を大きく上回る。

これに関し、サンタマン氏はこのような高水準の税率に各国が賛成するかどうか疑問視する一方で、近い水準での合意を期待していると話した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  5. 5

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  6. 6

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  9. 9

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  10. 10

    通常国会 説明不足のまま問答無用で閉会した菅政権に苦言

    大串博志

    06月17日 08:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。