記事

橘玲から新生活を送る人へアドバイス「専門性を磨けば有利になれる」

これからを生きる若者が「今、選択すべきこと」は何か(イメージ。時事通信フォト)

 新年度が始まっておよそひと月が経つ今頃は、新社会人や新入生が慣れない生活環境や人間関係に悩み出す時期かもしれない。だが『言ってはいけない 残酷すぎる真実』や『上級国民/下級国民』などの著作がある作家の橘玲氏は、「今いる場所でうまくいかないなら、自分の強みや一芸を最大限発揮できるところに移ればいい」と指摘する。(取材・構成/池田道大)

 * * *

 以前は通勤電車に毎日揺られて出社するのが当たり前でしたが、今はリモートワークが推奨されるなど、コロナによって人々の価値観や働き方が大きく変わりました。

 一方で長引くコロナによって、新入社員が会社で仕事を教えてもらえなかったり、キャンパスで友人と会えない大学生も多いでしょう。ヒトは徹底的に社会化された動物なので、人間関係や社会とのつながりを絶たれると精神的にも身体的にも強い負の影響が出ます。

 コロナ禍はワクチンの普及によって沈静化し、日常は徐々に戻ってくるでしょうが、これを機会に私たちの生き方や「関係の築き方」が大きく変わっていく可能性があります。

 リベラルな社会では「自由」が最大化されますから、好きなものを自由に選択できる方向にどんどん進んでいます。好きな仕事をして、好きな人とつき合って結婚するのは当たり前と思っているでしょうが、日本でも半世紀ほど前まではこんなことは一部の特権層しかできませんでした。

 ファッションでもレストランのメニューでも、いまでは多すぎる選択肢のなかから好きなものを選べます。でもひとつだけ例外があって、それが学校や会社の人間関係です。そしてこれが、いじめやハラスメントを引き起こし、大きな社会問題になっています。

 今の子供たちは、LINEなどのSNSでは自分のお気に入りの友達だけでつながり、嫌いなやりとりはブロックしています。それが当たり前だと思っている子供は、学校という閉鎖空間で、たまたま一緒になったクラスメイトとの人間関係を押しつけられることが理解できないはずです。ましてやそのクラスメイトにいじめられたら、“なぜこの人間関係をブロックできないのか”と思い、学校に行かなくなってしまうでしょう。

 社会人も同様です。実績がないのに威張るだけの上司、足を引っ張るだけの同僚、なにもできないのに生意気な部下——そんな人間関係になぜ耐えなければならないのか。この疑問に対する説得力のある答えはもはやありません。「置かれた場所に咲きなさい」の美徳は、今の若者には悪い冗談とすら思えないでしょう。

 突き詰めて考えれば、人間の感情はほぼすべて人間関係に由来します。単にお金がないとか健康状態が悪いからではなく、それをきっかけに人間関係に問題が発生するから、自分を不幸だと思うようになる。あらゆる幸福と不幸の原因は人間関係ですから、それを自分でマネージメントしたいと望むのは当たり前です。

 こうしてアメリカではフリーランスが労働人口の5割に達し、日本でも2割を超えました。これから先は、会社勤めは独立への最初のステップで、仕事を覚えてネットワークができたら、20代後半〜30代前半でどんどんフリーランスになるのが当たり前の社会になっていくでしょう。

「好き」「得意」のどちらで稼ぐべきか

 大きな問題は、日本は先進国のふりをしているものの、いまだに前近代的な身分制社会だということです。その象徴が正社員と非正規社員の身分差別ですが、女性の正社員も出産によって社内の身分が下がり、マミートラックという「下級社員」の働き方に追いやられてしまいます。

 その結果、さまざまな国際調査で、日本のサラリーマンは世界で一番やる気がなく、会社を憎んでいて、なおかつ長時間労働のわりに生産性が極端に低いことがわかってきました。これまで日本では、右も左もすべての知識人が「終身雇用・年功序列の日本的雇用が日本人(男だけ)を幸福にしてきた」として「雇用破壊を許すな」と大合唱してきましたが、じつは日本的雇用制度こそが日本人を不幸にしているのです。

 これから社会人になる若い人たちに伝えたいのは、会社という「伽藍の世界」を飛び出してフリーランスになるのは、けっして不合理な選択ではないということです。そればかりか、常識に反して、日本でこそ「フリー」の働き方が有利になるかもしれません。

 理由のひとつは、日本では優秀な人が官僚や大企業などのたこつぼ組織に閉じ込められているので、フリーランスのライバルが少ないことです。もうひとつは、「失われた30年」を経ても日本経済はなんとか世界第3位の規模を維持していて、国内でそこそこ成功するだけでもじゅうぶん食べていけることです。最後は、大企業で実権を握る中高年層がITをほとんど理解できず、「よくわからないけど、他社にもっていかれるよりいいか」とポンとお金を出してくれることです。

 東京大学の周辺にはベンチャー企業が集まり、最近では「本郷バレー」などといわれていますが、そこで話を聞いた若者はまさにこの3つのアドバンテージを理解していました。「好きなことをして生きていくのに数兆円のお金など必要ないから、シリコンバレーでチャレンジするのは確率が低すぎる。ぬるい日本でさっさと億万長者になった方がぜんぜんコスパがいい」と言ってましたから。

 高度化した知識社会では、あらゆる仕事で高い専門性が求められます。ところが日本の会社は、社員をいろいろな部門を回して人員調整するので、いつまでたっても専門性が身につきません。こうして、足らない専門性をフリーランスに依存するようになっています。

 だとしたら重要なのは、「好きなこと、得意なこと」を見つけたら、そこにすべての資本(リソース)を投入してライバルに差をつけることです。それ以上に大事なのは、「好きなこと、得意なこと」をマネタイズする方法を見つけることでしょう。どれほど得意でも、一銭にもならなかったらただの趣味です。

 次に大事なのは、ロングテールを目指すなら成功確率を慎重に考えることです。いくらゲームが好きでも、ゲームユーチューバーで成功できるのはほんのわずかで、その背後にはほとんどアクセスを稼げない膨大な「敗者(ショートヘッド)」がいます。歌手や芸能人、スポーツ選手も同じですが、ひとびとの憧れになるのは、ものすごくきびしい競争を勝ち抜いたからです。華やかな職業は魅力的かもしれませんが、自分がごく少数のロングテールになれる可能性がどれほどあるのか……。まあ、どんな人生を送るのかは個人の自由なので、こんな説教をするのは野暮ですね。

 いずれにせよ、これからの社会は「人間関係を選択できる」ように変わっていくでしょう。そんななかで、20歳から60歳まで40年間も会社という「伽藍」にしがみついていては、時代から取り残されて使い物にならなくなってしまいます。「置かれた場所に咲きなさい」ではなく、「咲ける場所に動きなさい」が、これからの若者の生き方の指針になるはずです。

【プロフィール】たちばな・あきら/1959年生まれ。作家。2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』でデビュー。『言ってはいけない 残酷すぎる真実』で2017新書大賞受賞。『上級国民/下級国民』、『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』など著書多数。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。