記事
  • ロイター

ブラックロック、持続可能性を重視 気候関連の株主提案に賛成票


[ボストン/ロンドン 5日 ロイター] - 米資産運用大手ブラックロックが、気候変動、その他持続可能性の問題への取り組みを重視し、投資先企業により厳しい目を向けている。第1・四半期に実施された株主総会では、会社提案に反対したケースが前年同期より増え、株主提案への賛同が増えた。

米国では大手企業の株主総会シーズンを迎えたが、経営陣は株主の厳しい姿勢に直面している。4日のゼネラル・エレクトリック(GE)の株主総会では幹部報酬案が否決された。先週、デュポンではプラスチック汚染に関する報告を要求する提案が81%という記録的な賛成票を集めた。

ブラックロックが5日発表した第1・四半期の株主総会での投票行動に関する報告書によると、環境や社会関連の株主提案の4分の3に賛成した。前年同期は10%弱だった。

第1・四半期に開催された2600社の株主総会で、ブラックロックは2万1000件以上の提案に投票。経営陣に反対した提案が1件でもあった総会は全体の35%で、前年の30%から増えた。

取締役関連の提案に反対した割合は12%。前年は9%だった。反対の理由は、取締役会の構成が多様性に欠けていたり、報酬や独立性を巡る問題があったためとしている。

ブラックロックは昨年、気候変動関連リスクの管理や情報開示について191社を監視対象とし、進展がなければ2021年に是正を促す投票行動を想定していた。

今年第1・四半期は、気候変動問題で取締役53人、47社に反対票を投じ、その数は2020年通年(64人、69社)に迫る水準となった。

報告書は、ブラックロックが世界有数の機関投資家として受託者責任(スチュワードシップ)を一段と強く認識していることを示す。

2020年から投資スチュワードシップのグローバルヘッドを務めるサンディ・ボス氏は、インタビューで「われわれは、スチュワードシップ活動を加速している。その結果、より多くの投票への関与を強め、高まった期待を反映させている」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  2. 2

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  3. 3

    警鐘鳴らした当人が…医師会会長パーティ出席で謝罪内容に非難

    女性自身

    05月14日 08:34

  4. 4

    新型コロナワクチン接種。政治家が優先されるのはアリだけど、事前説明を徹底すべし

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月14日 08:17

  5. 5

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  6. 6

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  7. 7

    「希望者全員に毎月20万円の給付金を配れ」京大教授が訴える最強のコロナ対策

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:56

  8. 8

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  9. 9

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  10. 10

    発熱外来病院でみんなでランチの恐怖!県外移動さえしなければいいとの思い込み・・・

    かさこ

    05月14日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。