記事

五輪招致 猪瀬知事、9日からロンドンへ

リンク先を見る

オリンピックの招致理由を説明する猪瀬知事。熱気らしきものは感じられなかった。石原前知事へのお義理で「招致する」と言っているように見えて仕方がなかった。=4日午後、都庁記者会見室。写真:田中撮影=

 石原都政の継承を掲げている猪瀬直樹新知事だが、「エ~ッ、こんなことまで?」というのがオリンピックの招致活動だ。

 猪瀬知事はきょうの定例記者会見で、2020年のオリンピック・パラリンピックを東京に招致するため9日からロンドンに行き、プレゼンテーションすることを明らかにした。

 東京で開催したい理由の一つとして猪瀬氏は「福祉費が増大しているので、スポーツで健康増進し病気にかからないようにしてもらうため」とした。

 何か変だ。オリンピック・パラリンピックが東京で開かれたからといって、都民がスポーツをするわけではない。

 筆者は質問した。「オリンピックに巨費を投じるより、プールやスポーツ公園などを作った方が都民はスポーツに親しめるのではないでしょうか?」

「巨費は投じない」と知事は否定した。

「これから投じるでしょ?」

「投じないの」

 万万万が一、オリンピック・パラリンピックが東京で開かれることになれば、再開発だの会場につながる道路の整備だのに、莫大な費用をかけることになるだろう。

リンク先を見る

記者会見室の飾りはオリンピックムードに溢れているのだが…=同日、東京都庁。写真:田中撮影=

 原発事故が収束していない日本に、果たして体が資本のスポーツ選手が集うのだろうか? 「原発事故が収束した」と言い募っているのは日本政府だけで、外国の政府は「福島原発から放射能が今なお垂れ流されている」と認識している。

 「巨費を投じない」と猪瀬知事が言い張ったのは、『オリンピックが来ることはない』からだ、と解釈すればすんなり納得がいく。

 だいいち、招致理由が薄弱なのである。知事は冒頭「私自身がスポーツマンだ」「空手の黒帯を持っている」「フルマラソンを走れる」と説明した。筆者は噴き出してしまった。ロシアがソチ五輪を招致できたのは、プーチン大統領が柔道の黒帯だからとでも言うのだろうか?

 きょうの記者会見では「築地の移転問題」「八丈島の地熱発電」がテーマになった。気味が悪いのは記者クラブがまったく追及しないことだ。疑問を呈するのはフリーランスやクラブ外メディアだけだった。

 石原慎太郎前都知事の記者会見もそうだった。2013年も記者クラブに権力の監視を頼むのは無理な注文のようだ。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。