記事

「日本人には不可能」そんな世評を覆した松山英樹の優勝は"まぐれ"ではない

1/2

プロゴルフの松山英樹選手が日本人男子で初めて海外メジャーを制した。『書斎のゴルフ』元編集長で、『マスターズ』(ちくま新書)を上梓した本條強さんは「松山のマスターズ優勝は奇跡ではなく、勝ち方は歴代の優勝者に共通するものがある。それはマスターズを作ったボビー・ジョーンズの『オールドマンパー』という根本的なゴルフ精神だ」という――。

朝のゴルフ
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/woraput

マスターズ歴代優勝者に共通するものとは何か

マスターズに優勝した松山英樹は、胸を張って言った。

「日本人には勝てない。そう言われていたことを覆せた」

戸田藤一郎と陳清水がマスターズに初挑戦したのが1936年。第2回大会であり、それからこの2021年まで、日本人が勝つまでに実に85年の歳月がかかった。尾崎将司、青木功、中嶋常幸など、日本ゴルフ史に燦然たる爪痕を残した強者を含め、延べ122回の挑戦があったが、優勝への壁は非常に高く、「不可能」といわれるのも当然だった。

ボビー・ジョーンズ(出典:Wikipedia)
ボビー・ジョーンズ(出典:Wikipedia)

実際、松山が優勝できると心底予想できた者はいなかっただろう。松山は2017年の全米プロで最終日のアウトまで首位に立ちながら、バックナインで崩れて5位になってからは、PGAツアーで優勝できず、世界ランクもそのときの2位から今年のマスターズ直前には25位まで滑り落ちて、「松山はピークを越えた」というアナリストさえいたのだ。

私は昨年、筑摩書房から新書『マスターズ』の執筆を依頼され、マスターズの歴史を詳細に調べていくうちに、歴代の優勝者に共通するものがあることがわかった。その一つがマスターズとその舞台となるオーガスタナショナルを創ったボビー・ジョーンズの精神を踏襲したものが勝てるという事実だ。それは即ち、彼が見いだした「オールドマンパー」という根本的なゴルフ精神である。

相手は人間ではなくむしろコース

ジョーンズは14歳で全米アマに初登場して以来、天才と言われ続けていたが、7年もの間メジャーを制することができなかった。しかしあるとき、「ゴルフプレーで相手にするのは仮想の相手、パー爺さん」であることに気づいた。

本條強『マスターズ』(ちくま新書)
本條強『マスターズ』(ちくま新書)

つまり、相手を気にせずに自分のプレーを全うすること。相手は人間ではなくむしろコースだということ。目の前のボールに全集中できるかということ。バーディを臨むのではなく、パーを相手にしながらバーディを待つということ。これらのことが「オールドマンパー」には含まれている。

松山が優勝できた要因は、このジョーンズの「オールドマンパー」を行使しできたことに他ならないと私は考える。もちろん、この「オールドマンパー」はゴルフプレーを向上させる重要な精神であり、マスターズだけに限るものではない。

しかしオーガスタナショナルという非常に特殊な難コースとマスターズという最高の大会を手中に収めたい世界中の強者たちとの争いを勝ち抜くには、マスターズを制するための「オールドマンパー」を行使できなくてはならない。

松山はそのための特殊な「オールドマンパー」を、過酷な練習とトレーニングによって鍛え上げてきた自分のゴルフで成し遂げたのだ。松山流の新しい「オールドマンパー」によって優勝を果たしたと言って良いだろう。

グリーンジャケットを着て喜ぶ松山英樹=2021年4月11日、オーガスタ
グリーンジャケットを着て喜ぶ松山英樹=2021年4月11日、オーガスタ - 写真=Sipa USA/時事通信フォト

「待つ」ことができるようになった松山

そのことを具体的に検証していきたい。

まずは「相手にするのは人ではなくコースである」ということ。マスターズの舞台となるオーガスタナショナルは、実はアベレージゴルファーが愉しめるように造られたコースである。美しくやさしく見える。ジョーンズは言う。

「ラフがない広々としたフェアウェアウェイ。プレーヤーには伸び伸びとドライバーで球を飛ばしてもらいたい。安心できないのはセカンドショットからで、フェアウェイはマウンドがあり、複雑な傾斜のライになることが多い。しかもグリーンを速く固くし、ピンポジションを難しくすれば容易には攻められない。一見やさしそうに見えるオーガスタナショナルも至難のコースに変貌する」

これは1934年の第1回大会から何も変わっていない。やさしいセッティングならボギーであがるのはたやすいが、グリーンを速くしピンポジションを難しくすれば、世界のトッププロでさえパーであがるのも難しくなる。無闇にピンを目がければ大叩きもあり得るのだ。

パーをキープしながらバーディが来るのを待つ

2011年にローアマを獲得して以来、目指すは優勝であり、それを果たそうと思って無理に攻めることで痛い目に逢ってきた松山。辛酸を舐め続けて10年、ようやくジョーンズの精神、「オールドマンパー」の意味するところがわかってきた。慎重に攻めながら、チャンスを待つ。パーをキープしながらバーディが来るのを待つ。

この「待つ」ということが試される。真に実力のある者は無闇に攻めない。じっと我慢しながらチャンス到来が待てる。故に戦い方としては前半のアウトはパーセーブを旨とし、後半にチャンスが来るのを待つ。前半でリズム良く流れをつかめれば、後半にバーディやイーグルが獲れるホールが続くのだ。

松山の3日目が好例だ。前半はパーをキープして1アンダー。後半一気に攻めて6アンダーとし、首位に立った。しかし、パーキープといえど、オーガスタナショナルでそれを実行するのは容易ではない。

超高速グリーンと至難のピンポジションをどうやって凌ぎきるか。無理な攻めをしなくともボギーは出る。松山はパーをキープするためにボールスピンを操る技術を磨いた。その技術は世界最高と断言できる。

オーガスタ ナショナル ゴルフ クラブ
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/wellesenterprises

あわせて読みたい

「松山英樹」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  4. 4

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  5. 5

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  6. 6

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  9. 9

    中国のロケット「長征5B」、日本時間のきょう昼ごろ大気圏に再突入か 米研究機関

    ABEMA TIMES

    05月09日 08:41

  10. 10

    吉村知事よ、北新地の悲鳴を聞け!「もう今が限界ですわ。お店も言うこときかなくなってくる」

    NEWSポストセブン

    05月09日 08:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。