記事

話題沸騰NFT市場ではなぜツイッターCEOのつぶやきが3億円で売れるのか

1/2

「初ツイートが3億円」「アバターの家が5000万円」……。何でも簡単にコピーできてしまうデジタルの世界で、そのオリジナルを売買できるNFTが話題だ。なぜツイートに高値がつくのか、NFTとは何なのか、ジャーナリストの大門小百合さんが解説する――。

2021年3月10日に6930万ドル(約75億円)の値が付いたビープルのデジタル作品「Everydays:The First 5000 Days」
2021年3月10日に6930万ドル(約75億円)の値が付いたビープルのデジタル作品「Everydays:The First 5000 Days」 - 写真=AFP PHOTO/CHRISTIE'S AUCTION HOUSE/HANDOUT/時事通信フォト

大坂選手を描いた作品に2000万円

最近、アメリカのテニス関連のウェブサイトで、大坂なおみ選手に関するこんな記事を見つけた。「Naomi Osaka enters NFT space with sister Mari(大坂なおみ、姉のまりと共にNFT分野に参入)」

NFTとは、世界のさまざまなクリエーターたちが自分たちの作品を売り出す手段として注目しているNFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)のことで、デジタル資産の一種だ。今回のニュースは、姉のまりさんが大坂なおみ選手を描いた「The colors of Naomi Osaka 」というアート作品集が、NFTとして出品されたという話だ。そのうち一つは、20万ドル(約2100万円)の値が付いた。また、最後の6枚目の作品は、1枚につき5ドルで抽選され、すべての収益は彼女が作った女性アスリートを支援するための「Play Academy」という団体に寄付されるという。

今年に入ってから、NFT関連のニュースが世界で続いている。とはいえ、まだまだ私のような一般人にはあまりなじみがない。

デジタル作品はコピーが簡単に作れてしまうので、これまでは本物との区別をつけるのが難しく、価値を付けるのが困難だった。ところが、改ざんすることができない(改ざんしてしまうと履歴が残ってしまう)というブロックチェーンの技術を使うことにより、一度オリジナルの作品をNFT化すれば、いくらコピーが出回ったとしても、自分の持っているものがオリジナルの作品であると電子的に証明できるようになった。

自分の作品をNFT化して売買するには、インターネット上でNFTの取引の場を提供するマーケットプレイスと呼ばれるところに出品する。現実のオークションのように、そこで値がつけば落札となり、所有者が決まるというわけだ。

75億円の値が付いたデジタル作品

それにしても、最近のNFTの状況はまさにバブルだ。

例えば、アバターが住むデジタルの家としてマーズハウス(Mars House)と名付けられた3Dファイルとビデオクリップが、51万2712ドル(約5650万円)で売られた。また、オークション大手のクリスティーズが、デジタルアーティスト、ビープル(Beeple)の「Everydays:The First 5000 Days」という5000点のデジタル画像を合成して作ったコラージュ作品をNFT化して売りに出したところ、100ドルで始まったオークションが6930万ドル(約75億円)まで跳ね上がり、落札された。

NFT化されているのは、アート作品だけではない。ツイッター(Twitter)の共同創業者でCEOのジャック・ドーシー氏が2006年3月21日に投稿した初めてのツイートには、290万ドル(約3億2000万円)の値が付いた。

デジタルの「オリジナル」を所有する意味

「所有」といっても所有しているのはあくまでデジタルデータであって、実際の作品をリアルで所有するのとは違う。もちろん、落札者がデータをダウンロードして印刷し、その作品を自分の居間に飾るといったようなことはできるが、そういう楽しみ方ではなく、「世界に一つしかないこのデータを持っているのは私です」と、ネット上で明らかにできるというところに価値が見いだされているというのだ。

しかし、アート作品ならともかく、初めてのツイートに値段が付くとは、どういうことだろう? 考えてみると、ツイッター創業者の初めての投稿は人類の歴史でもある。これから先、歴史がデジタルで記録されていくことを考えると、そのオリジナルデータを自分が所有しているということは、非常に価値のあるもののようにも思えてくる。

NFTに詳しい京都大学大学院特任准教授の山本康正氏は、デジタル空間が当たり前になってきている現代において、NFTは人々の承認欲求を満たすものだという。

例えば、『フォートナイト』や『あつまれ動物の森』といったオンラインゲームでは、バーチャル空間で他人とコミュニケーションすることで盛り上がっている。「そういった形でコミュニケーションする機会が増えれば増えるほど、バーチャルの中でデジタルアートなどを持っていることを人々に言いたいという、承認欲求が出てくるのです」

クリエーターにはありがたい仕組み

NFTのもう一つの特徴は、作品が売買されるたびにクリエーターにお金が入る仕組みを、NFTに書き込むことができるという点だ。今までのアート作品などは、最初に売った時には作家にお金が入るが、二次流通以降の売買には作家は関与できない。誰の手にその作品が渡ったのかはわからないし、もちろん収入にもならない。

ブロックチェーンの仕組みによって、自分が作った作品が今、誰の手にあるのかトラッキングできる。またNFTでは、例えば「売却されるたびにその金額の何%かがオリジナルの作家の手元に行く」といった設定もできるので、クリエーターにとってはありがたい仕組みでもある。そして、売ったデジタル作品は通常ネット上にそのまま残るため、他の人もその作品を見ることができる。

あわせて読みたい

「ブロックチェーン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト

    阿曽山大噴火

    05月11日 08:08

  2. 2

    「人権派弁護士」が牙をむく時。正義感の暴走、池江璃花子選手への中傷は異常だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月10日 09:51

  3. 3

    菅首相はオリンピックファースト?レッテル貼りで責め立てる野党に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    05月11日 08:24

  4. 4

    コロナ感染者増加の主因は街の「人流」ではなく、PCR検査への「人流」

    自由人

    05月10日 08:22

  5. 5

    国の反論は「性風俗は不健全」 デリヘル給付金訴訟の原告が法廷で語った思い

    小林ゆうこ

    05月10日 19:56

  6. 6

    日本の音楽シーンは宝の山 70~80年代シティポップが世界でブーム

    NEWSポストセブン

    05月10日 18:15

  7. 7

    五輪開催是非について、口を開き始めたアスリートたち

    諌山裕

    05月10日 15:51

  8. 8

    選手団の行動制限、セレモニーの簡素化…感染防止策の徹底で東京五輪は開催できる

    船田元

    05月10日 12:10

  9. 9

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  10. 10

    「結婚=幸福」という同調圧力 - 山口真由

    幻冬舎plus

    05月10日 08:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。