記事

「薄っぺらく感じる」東山紀之が近藤真彦退所に厳しい批判を向けた心情

近藤真彦の退所に東山紀之の思いは…

 冷静な表情ながらも、言葉には怒気が込められていた。昨年11月、『週刊文春』が近藤真彦と25歳年下女性の5年間にわたる不倫関係をスクープ。近藤は活動自粛に追い込まれ、今年4月中旬に本人から申し入れがあり、30日に近藤の文面とともにジャニーズ事務所の公式ホームページで退所が発表された。

 このことについて、東山紀之が5月2日、メインキャスターを務める『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)で「今回の退所の仕方に、大きな疑問が残っている」と厳しく批判した。

 その理由について、「後輩たちにもファンの人たちにも、何の説明もなかったので。僕らはたくさんのファンの人たち、スタッフの人に支えられていますから。それと向き合うというのは礼儀の一つだと思う。マッチさんのために、自分自身を犠牲にして助けてきたスタッフの方をたくさん知っている。その人たちの思いは、マッチさんはどう受け取っているのかなって。退所のコメントでも、すごく薄っぺらく感じるんですね」と思いの丈を述べた。テレビ局関係者が推察する。

「番組スタッフも意外だったでしょう。過去のVTRでマッチが東山を褒めている映像を流しており、穏便に終わらせる意図も見え隠れしていた。東山はその映像には全く触れず、非常に厳しい言葉を並べた。想定外の反応だったと思います」

 近藤真彦の退所は、東山にも多くのスタッフにも寝耳に水だったという。近藤は1979年の『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒役で脚光を浴び、1980年12月12日に『スニーカーぶる~す』で歌手デビュー。翌年には日本レコード大賞などの最優秀新人賞を総なめし、NHK紅白歌合戦にも出場した。芸能記者が語る。

「田原俊彦、野村義男との『たのきんトリオ』で出演した映画も第6弾まで作られるほど興行収入が良かった。その中で、主演の回数は近藤真彦が1番多い。レコード売上枚数でも田原より上でしたし、キャパシティの大きい日本武道館公演も成功させていた。ソロアイドルとしては異例でした。1980年代前半の近藤の人気は凄まじかったですよ」(以下同)

 そんな彼らの姿を見ながら、錦織一清、植草克秀、東山紀之の少年隊は着々とダンスの技術を高め、1985年12月12日に『仮面舞踏会』でデビュー。オリコン1位を獲得し、翌年には近藤と同じく最優秀新人賞をいくつも受賞し、紅白にも選ばれた。

 アクロバットな踊りは、ジャニーズの歴史の中でも群を抜いていた。2019年9月4日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では、TOKIO国分太一が、ジャニー喜多川氏に「最強のグループは?」と聞いた時、「少年隊」と即答したことを明かしている。しかし、少年隊は2008年の『PLAYZONE』を最後に3人での活動はなくなり、2020年限りで錦織一清と植草克秀が退所。グループ名は残るものの、実質的には解散状態となっている。名実ともにジャニーズ事務所No.1グループだったにもかかわらず、少年隊の引き際に寂しさを感じたファンも多かっただろう。

溢れ出た“積み重なった思い”

「ジャニーズの中では、やはり近藤真彦という存在が大きかったのでしょう。マッチは1980年、少年隊は1985年にデビューしているから、アニバーサリーイヤーが被ってしまう。V6は1995年デビューですが、ファン層の年齢が違うので影響は受けなかった。少年隊の場合、20周年の2005年はマッチのディナーショーにゲスト出演したが、3人のライブツアーはなかった。

 25周年も30周年もメンバーが揃うことは叶わず、そして35周年の昨年、ついに2人が退所し、グループ活動に一旦の区切りをつけた。ベスト盤などは発売されましたが、ライブもテレビ出演の場もなかった。その年には、マッチの40周年という大イベントもありましたからね」

 昨年の近藤の40周年ツアーは、新型コロナウイルスの影響で大半が延期に。12月11、12日には東京・渋谷で記念ライブを予定していたが、11月に『週刊文春』で不倫を報じられて活動自粛となったため、複数のテレビ出演も含め、取りやめとなった。

「もし1年早く、今のような事態になっていたら、もしかしたら少年隊の活動再開、少なくとも退所前にファンの前に3人で姿を現すことも叶ったかもしれない。東山には、そんな忸怩たる思いもあったのかもしれません。今のマッチは、『歌って踊る』というジャニーズの理念から外れているようにも見える。東山はグループの活動がなくても、体を鍛え続け、いつでも踊れる準備をしてきたし、少年隊としての自負もある。

 それでも、先輩を立て、“マッチがトップ”という不文律を守ってきた。それなのに、マッチは活動自粛中に突然退所を決め、長い付き合いの自分だけでなく、ほとんどの仕事仲間にすら連絡しなかった。今回のコメントは、そうした東山の積み重なった思いが溢れたものではないでしょうか」

 東山は、“俺にはわからないよ おまえがなぜ…”という気持ちだったのかもしれない。

あわせて読みたい

「近藤真彦」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  2. 2

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  3. 3

    警鐘鳴らした当人が…医師会会長パーティ出席で謝罪内容に非難

    女性自身

    05月14日 08:34

  4. 4

    新型コロナワクチン接種。政治家が優先されるのはアリだけど、事前説明を徹底すべし

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月14日 08:17

  5. 5

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  6. 6

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  7. 7

    「希望者全員に毎月20万円の給付金を配れ」京大教授が訴える最強のコロナ対策

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:56

  8. 8

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  9. 9

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  10. 10

    発熱外来病院でみんなでランチの恐怖!県外移動さえしなければいいとの思い込み・・・

    かさこ

    05月14日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。