記事

新型コロナ対策で生じた葛藤により「法的紛争の可能性」最高裁長官が談話発表

 憲法記念日にあたり、最高裁判所の長官が談話を発表し「新型コロナの感染対策で国民生活に生じた葛藤が、今後法的紛争として現れる可能性がある」との見方を示した。

【映像】最高裁大谷長官の談話

 最高裁の大谷直人長官は、「国民生活は多くの影響を受けており、そのような中で生じている葛藤が、今後法的紛争として現れてくる可能性もあると思われる」「特に家族のあり方の多様化などに伴い解決困難な家庭事件が増えているが、現在の事態が家庭を巡る状況に与える影響についても十分留意する必要がある」との見方を示し、「新たな争点にも適切に対応できるよう体制を整備したい」と述べた。

 裁判所の業務については「感染対策を確実に講じた上で各地の実情に配慮し、できる限り安定的に継続する方針だ」とした。

 また、夫婦別姓や同性婚を求める裁判が全国で相次いでいることについて「一般論だが、裁判官は新たな社会問題について、広い視野で対立する主張に耳を傾け判断することが求められる。そのためには、それぞれの裁判官が日々の仕事や生活を通じて識見を高めるのが重要」との考えを示した。
(ANNニュース)

▶映像:新型コロナ対策で生じた葛藤により「法的紛争の可能性」 最高裁長官が談話発表

あわせて読みたい

「最高裁判所」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  3. 3

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  4. 4

    ソフトバンクG孫正義さん、AI革命に熱意「10兆円でも満足しない」

    Ledge.ai

    05月12日 21:37

  5. 5

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  6. 6

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  7. 7

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    茨城県境町の殺人事件 デマ情報に基づく誹謗中傷が被疑者の同姓男性のもとへ

    岸慶太

    05月12日 14:46

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。