記事

ワクチンが遅いのは「厚労省の陰謀・利権」ではなく、正しく国民感情が政治に反映された結末である

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

ここ数日、ワクチン接種が遅れるフラストレーションから、その怒りは厚労省のワクチン施策へと向けられているようです。

私の結論から申し上げますと、厚労省には改善すべき点は多々あるものの、ことワクチンについては「利権・陰謀」の類とは無関係であろうと思っています。

私は医学そのものやコロナウイルスについては専門外ですが、これはHPVワクチンの問題には接種当事者として取り組んできた実感です。

参考過去記事:2021年4月10日

直近では子どもたちに対するインフルエンザ接種についても、なんとか集団接種を積極再開・許容できないか?と厚労省と意見交換したことがありましたが、医系技官は利権を守るどころかむしろ積極的

「医学的には問題ないし推し進めたいが、歴史的経緯や世論の反発から政府・厚労省は消極的で…(要旨)」

という雰囲気でした。なお、インフルエンザワクチンの集団接種が中止されたのも副反応に対する不安≒ワクチン忌避が強くなったことが主な理由です。

参考:【医師監修】昔の子どもは集団予防接種をしていた? インフルエンザの今と昔
https://general.kenei-pharm.com/learn/influenza/5355/

インフルエンザワクチンについては、その効果は無効だとする通称「前橋レポート」が大きな注目を集め、ワクチン忌避感情を強めてしまったのですが、現在ではこのレポートは多方面から反証・批判がなされています。

参考:インフルエンザ予防接種ワクチンは打たない派の方へ⋯なんで判ってもらえないんだろう?(五本木クリニック)
https://www.gohongi-clinic.com/k_blog/375/

話をコロナワクチンに戻します。

政府と厚労省がワクチン早期承認などに慎重だったのも、ひとえに(歴史的経緯も踏まえた)国民感情に配慮したもの、もっといえば国民感情を民意とした政治家が要望したものだと言えます。

私もまさに厚労省官僚の久米氏が指摘する国会審議に注目していましたが、ワクチンについて慎重な意見は与野党問わず出されています。

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  3. 3

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  4. 4

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。