記事

『ドラゴン桜』阿部寛 パチンコで生計の「不遇の時代」と才能の開花

いくつもの当たり役を掴んできた(時事通信フォト)

 俳優の阿部寛(56)が主演を務める人気ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の続編が好評だ。第1シリーズから16年が経ち、実年齢も50代半ばを過ぎた阿部寛の現在の魅力に迫った。

 中央大学理工学部に在学中の1985年、『第3回ノンノボーイフレンド大賞』で優勝を果たしてキャリアをスタートさせた阿部寛。翌年に男性向けファッション誌として創刊された『メンズノンノ』の看板モデルとして活躍を始めると、1989年12月号まで3年半にわたって表紙を飾り続けた。

 一方、俳優としては1987年に映画『はいからさんが通る』でデビュー。甘いマスクと身長189センチの抜群のプロポーションで二枚目の役柄をこなしたものの、その後はむしろ目立つ容姿が仇となり、役者として伸び悩むことになる。映画評論家の寺脇研氏は、当時の阿部についてこのように振り返る。

「確かに阿部寛さんはイケメンで背が高い二枚目の俳優でしたが、『はいからさんが通る』の頃は率直に言って“それだけ”という印象がありました。その後も全国配給のシネコンで上映しているメジャーな映画、例えば『YAWARA!』(1989年)に出たり、『孔雀王 アシュラ伝説』(1990年)では主演も務めましたが、やっぱり魅力があまり出ていなくて、パッとしない時期が続いていました」

 当時はパチンコで生活費を稼ぎ、借金を抱えていたほど。不遇の時代が続いたが、“ある作品”への出演が、阿部寛の才能を開花させたと寺脇氏は指摘する。

「当初はシネコンで上映する映画に出ていたけれども、徐々にVシネ的な知名度の低い作品にも出るようになりました。その流れの中で『大阪極道戦争 しのいだれ』(1994年)という作品に出演した。それが一つの転換点になったのだと思います。

『大阪極道戦争』で阿部さんは、役所広司さん演じる主人公の弟分で出演していました。ヤクザ役で役所さんとコンビを組んで何かを掴んだのか、それ以降は単なるイケメン俳優ではなくて、哀愁を感じさせるいい役者になっていったんです」

 1994年、阿部寛は『大阪極道戦争』と主演作『凶銃ルガーP08』での演技が認められ、第4回日本映画プロフェッショナル大賞の特別賞を受賞している。1990年代後半にかけては演じる役柄の幅も広がり、NHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』など時代劇でも活躍するようになっていった。

 さらに2000年代に入ると、女優の仲間由紀恵とコンビを組んだドラマ『トリック』(テレビ朝日系)がヒット。自身のモデル時代の写真を自虐ネタとして劇中で使用するほか、体は大きいものの肝っ玉の小さい理系の学者という三枚目の役柄を見事に演じ切り、2014年にシリーズが完結するまで好評を博した。

 そんな阿部寛が俳優として業界からも一目置かれる存在となったのは2008年のことだったと寺脇氏は言う。

「『トリック』で有名になった阿部寛さんが、日本を代表する俳優として業界の中でも認められるようになったのは2008年。『青い鳥』と『歩いても歩いても』で毎日映画コンクールの男優主演賞を受賞したときでした。映画業界ではキネマ旬報ベスト・テンと並ぶ価値ある賞です。

 特に『青い鳥』での演技が評価されたことは大きい。『歩いても歩いても』は樹木希林や原田芳雄など名優が多数出演していましたが、阿部さんが中学校の教師役を務めた『青い鳥』では、主な共演者は中学生役の子供たちでした。つまり、阿部寛という俳優が一本の映画を成立させる力を持っている、ということがハッキリとわかったのがこの作品だったんです」

 2005年に放送された『ドラゴン桜』から16年。続編では“日本を代表する俳優”へと成長を遂げた阿部寛が主演を務めることになる。寺脇氏は続ける。

「『青い鳥』で賞を獲ってから、阿部寛さんは円熟味が出て演技に深みが増していきます。『ドラゴン桜』の続編でも、16年前の第1シリーズとは異なる円熟した魅力を発揮するでしょう。原作の漫画の中でも時間が経過していますが、それをどう阿部寛さんが演じるのか見ものです」

『ドラゴン桜』で阿部寛は高校生に受験指導を行う元暴走族の弁護士役を演じている。教師役を務めた『青い鳥』で見事な演技を披露したように、『ドラゴン桜』でも阿部寛という才能が作品を牽引することは間違いなさそうだ。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)

あわせて読みたい

「阿部寛」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  3. 3

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  4. 4

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  5. 5

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  6. 6

    ビットコインから過去最大の資金が流出、価格頭打ちで=週間データ

    ロイター

    05月18日 08:56

  7. 7

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  8. 8

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  9. 9

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  10. 10

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。