記事

『ノマドランド』と『サウンド・オブ・メタル』二作品が描く苦難の人生を切り開く主人公

2/2

人生をかけて自分の居場所を選ぶ二つの作品の主人公

だが二作にはもう一つ決定的な共通点がある。車中生活を送りながらライブツアーでアメリカ各地をめぐり、その中で聴力を失うルーベンと、夫を病気で亡くし、さらに二人で長く住んだ街までも失い、車中生活をしながらアメリカを転々とするファーン。ともに車中生活を送りながら、各地を転々としながら生きる主人公たちの苦悩や、生き様を描く作品だ。「家」という生活の基盤や、さらには「五感」といった我々が当たり前に感じているものを失い、社会の片隅でひっそりと生きる人たちが、実はたくさんいるのだということを、改めて教えられたような気がした。

人種的・性的マイノリティのタレントたちが声をあげ、それぞれの居場所を勝ち取ってきたことはここ近年のアカデミー賞を見ても明らかだが、今回の映画の中ではルーベンやファーンがそれらのマイノリティとして描かれているわけではないし、確かにリズ・アーメッドは白人の俳優ではないが、今作ではそれが物語上の重要な要素ではない。だがこの二作が描いているのもまた、別のマイノリティの存在だろう。頑なに車中生活を守るファーンは、一見自らそれを選んでいるように見えるが、実際は自らの力の及ばないところで、社会の外に押しやられた存在であることは一目瞭然だ。

また近年、ハリウッドでは障がいをもつ俳優の機会均等についての議論を見ることも増えたが、『サウンド・オブ・メタル』はそれを前に進めるきっかけとなりうる一作だと言える。この第93回アカデミー賞のノミネート資格を得た366本、そして実際にノミネートされた約50本の映画の中で、障がいのある役がストーリーに登場するのはわずか3本。そしてこの『サウンド・オブ・メタル』がその一本にあたる。

本作監督のダリウス・マーダーはハリウッド業界紙「バラエティ」の中で「聴覚障がいは身体的な障がいではなく“文化”の一つ」とし、本作は障がいをもつ人たちが映画の中で正当に描かれていない状況に対する「警鐘」だと語った。長い間健常者たちによって一方的な描かれ方をしてきた聴覚障がい者たちのコミュニティも、より立体的に描かれるべき時が来たということだろう。

Getty Images

ここまで『ノマドランド』と『サウンド・オブ・メタル』を見比べてきたが、ともに主人公たちが人生の中で失ってきたものは大きく、強い絶望感や悲しみが映画のあちこちから伝わってきた。だがこの二本が心に強く響く理由は、彼らが人生をかけて自分の居場所や生き方を選んでいくからではないだろうか。

『サウンド・オブ・メタル』ではルーベンはミュージシャンの命とも言える聴覚を失い、どん底に叩き落とされながらも、恋人のルー(オリヴィア・クック)とも離れて難聴者のコミュニティに一人入っていく。いつしか居心地の良さを感じていた中で、お金をかければ手術によって聴力を取り戻せる可能性が出てくるが、それはコミュニティを去ることを意味し、思い悩むのだ。一方の『ノマドランド』のファーンもまた、家族や周りの人間が手を差し伸べようとしてくる中、与えられる「普通の」生活に戻るチャンスを拒否し、自分の生き方を頑なに変えようとしない。

ただでさえ周りの人との繋がりが希薄になり、「自分の本当の居場所」を見つけることの難しい現代の社会にあって、これらの主人公たちが苦難の中でも自分たちの居場所を模索し、人生を切り開いていく姿は、強い説得力があり、心に迫るものがある。二人は年齢も違えばバックグラウンドも違うし、彼らの選択に正解などない。だからこそ、これらの作品は我々に「自分ならどうする?」という質問を投げかけてくるのではないだろうか。ぜひこれら二本の映画で、彼らの生き様を観てほしい。

【参照】
https://www.indiewire.com/2021/02/sound-of-metal-darius-marder-10-year-overnight-success-1234613816/
https://variety.com/2020/film/news/sound-of-metal-oscars-deaf-culture-1234850993/

あわせて読みたい

「アカデミー賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  3. 3

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  4. 4

    ソフトバンクG孫正義さん、AI革命に熱意「10兆円でも満足しない」

    Ledge.ai

    05月12日 21:37

  5. 5

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  6. 6

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  7. 7

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    茨城県境町の殺人事件 デマ情報に基づく誹謗中傷が被疑者の同姓男性のもとへ

    岸慶太

    05月12日 14:46

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。