記事

安倍政権の極右路線と教育

 安倍晋三氏は、総選挙時には右翼的な発言を連発し、自民党の公約も極度に右傾化したものでしたが、政権を獲得するや否や、対中韓関係を改善させるため、竹島式典の中止や、尖閣への公務員常駐見送り(検討)という方向へ「修正」しました。
公約はどうした! 安倍自民党総裁

 しかし、安倍氏が極右路線を放棄したものではないことは明らかです。
 まずもってやろうとしているのが憲法「改正」、しかも、憲法9条そのものにはまだ手をつけられないから、改正のための手続規定を緩和しようというものです。
 並々ならぬ意欲を示しています。
 改正手続規定を「改正」して、改正しやすくすること自体、憲法の否定です。
 憲法が憲法の条項を改正するのに厳しい手続規定を置いているのは、その時々の政治によって憲法が左右されないようにするためです。
参照
なぜ日本国憲法96条は憲法改正をしにくくしているのか 「笑顔のファシズム」に気をつけましょう」(Everyone says I love you !)

 この手続規定の「改正」の目的も憲法9条を「改正」し、国防軍創設にあるのですから、安倍自民党政権の極右化路線は、全く改まっていないのです。

 この安倍内閣の極右化という点では、教育に関する極右化も看過できないと思っています。
 文科相に就任したのは、下村博文氏です。
 総選挙前の自民党シャドウ・キャビネットでは、何故か義家弘介氏でした。
ヤンキー先生こと義家弘介氏に求めている文科相像は?」
 もしかすると義家氏、本気で文科相になれると思い込んでいたかもしれませんが、文科相が義家氏でなくて良かったと思いきや、よりによって下村氏が文科相とは。

 下村博文氏は、自虐史観などというように、極右思想の持ち主です。
 下村氏は、自民党の教育再生実行本部の本部長でもありました。
「「国と郷土を愛する」教育再生実行本部 政策で誇りある日本の再生急ぐ」(自民党ホームページ)
 2012年11月20日に、自民党から中間とりまとめが発表されていますが、その要旨が下村氏のブログ(教育再生実行本部の記者会見)にまとめられていますので、そこからそのまま引用すると、
「『教育基本法』が改正され、新しい学習指導要領が定められたが、いまだに自虐史観や偏向した記述の教科書が多い。子供たちが日本の伝統文化に誇りを持てる教科書で学べるよう、『教科書検定基準』を抜本的に改善する。あわせて、「近隣諸国条項」も見直す。」

とあります。
 さらに、下村氏は、河野談話(1993年、従軍慰安婦問題に関し、旧日本軍の関与を認めたもの。)の見直しも求めている人です。
 自民党安倍内閣が目指しているものからすれば、下村氏を正面に据えたということでしょう。義家氏ではいかにも軽すぎました。
 下村氏のような人が文科相であれば、橋下氏顔負けの日の丸・君が代教育の実施、そして教員、生徒に対する強制を強化してくることでしょう。

 そして、この下村氏、国防軍についての考え方も、憲法改正規定についての考え方も、安倍首相と全く同じ。
自衛隊を国防軍とすることについて
 極右路線に対する弁明まで掲載して、自らの極右路線を正当化しようとしています。
 自民党憲法改正草案を策定したのは、谷垣前総裁のときというのは、そのとおりですが、安倍色を色濃く打ち出して、極右路線を強調したのは、安倍総裁自身です。
 尖閣への公務員常駐や靖国参拝を声高に叫んでいたことなどは、その極右路線そのものの表明です。

 ところで、河野談話に対しては、安倍首相自身も、「未来志向」なる談話を用意するそうで、河野談話を否定することに意欲を示しています。
 これでは、対韓関係の改善など図れるはずもないのですが、とりあえず目先のこととしては、財界からの要請もあり、対韓関係の改善を図らなければならないということもあることから竹島式典の見送りという信条に反することまでせざるを得なかったというだけでしょう。前回の第1次安倍内閣のときも同じでした。
(あのときも、小泉元首相が靖国参拝によって中韓関係が冷え込んだ後でしたから。)

 今回、安倍氏は、非常に自信にみなぎっちゃっているようですので、「未来志向」であれば、河野談話を否定しても、日韓関係に影響はない、などと妄想を抱いているのかもしれません。

しかも、河野談話の否定は、決して日韓関係だけの問題ではなく、日米関係の問題でもあるということがわかっていないのでしょうか。
 米国が過去の負の歴史を否定する発言をどのように思うのか、かつて第1次安倍内閣のときも同じように、2007年、米国下院において、慰安婦に日本国政府が謝罪するよう決議がなされていますし、今回もまた、「同盟深化に期待=中韓との関係を不安視も-海外反響・米」(時事通信2012年12月16日)と報じられています。
 当たり前です。尖閣問題だって米国は迷惑しているのに、これ以上、事を荒立ててくれるなよというのが本音です。しかも、よりによって従軍慰安婦問題の否定では、歴史そのものの否定であり、米国も擁護する気にもならないでしょう。
 このような反応は米国ばかりではありません。欧州も同様の反応を示すことでしょう。オランダなどのように、実際に慰安婦被害者がいる国もあるわけですから。

 安倍氏や、下村氏の発想は、戦後生まれとして、全くあの大戦についての実感もなく、ただ妄想の中での大国日本があり、これを復活させたいだけの思想です。
 石原慎太郎氏の思想と同じです。
 戦艦大和や零戦が大好きといった類のものと考えればわかりやすいと思います。
 本心で王政復古を成し遂げたいという人たちです。
 戦後、積み上げられてきたあの大戦への反省を一気に覆そうという勢力が出てきたということです。その意味では従来の自民党(小泉総裁よりも前の自民党)とも異なるということでもあります。
 このような中で教育が保守反動派によって私物化され、過去の負の歴史を否定し、また軍事大国を目指すための国民に洗脳しようとしています。
 そして、日の丸・君が代は、国民支配のための手段、道具として位置づけられるものです。教員であれ、児童・生徒であれ、拒否は許さないということです。
 これでは、イスラム原理主義者が国家を私物化して、強権をもって国民に教義を強制し、支配しようとしている姿と全く同じです

 自民党支持者の中にも多数の平和主義者、憲法9条擁護者がいたというのは事実でしょう。それもまた、自民党をして非核三原則や武器輸出三原則を作り上げたのは、そのような声が圧倒的だったということでもあります。佐藤栄作氏がノーベル平和賞を受賞したのも、意味があったのです。
 しかし、小泉純一郎氏が総裁になって以降の自民党は明らかに変質しました。
 そこに従来の自民党を見てはいけません。必ず、裏切られます。
 しかも、裏切られたと知ったときには、もう遅い。知ったときには、全体主義国家、軍国主義国家が誕生してしまっていることでしょう。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  3. 3

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  6. 6

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  7. 7

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    強豪スペインと渡り合ったサッカー日本代表 最後まで希望を失わない全員攻撃に感動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    08月04日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。