記事

「監督賞は中国系女性に」白すぎるアカデミー賞が生まれ変わった本当の理由

2/2

ストリーミング配信で多くの人が注目

2020年は映画業界にとって苦しい1年だった。コロナ禍で映画館がオープンできず、ストリーミングは一気に主流になった。また大作の公開が相次いで先送りとなり、昨年の公開本数は前年の3分の1にとどまった。そんな中、比較的低予算のピープルオブカラーや女性を主役にした作品がストリーミングで公開され、自 宅巣ごもり中のアメリカ人に注目されることになった。

一方、ブラックライブスマター(BLM)運動でアメリカ人のダイバーシティに対する意識が飛躍的に高まり、こうした作品への需要も増えた。特に『ユダとブラック・メシア』は、1960年代の公民権時代に人種差別と戦いながらコミュニティー起こしに力を注いだ黒人の若者集団「ブラックパンサー」を描いた映画で、これまで白人にとっては危険な存在でしかなかった彼らのイメージを大きく変えた。

作品賞は取れなかったものの、パンサーのリーダー役を演じたダニエル・カルーヤが助演男優賞を受賞した。

またユン・ヨジョンが助演女優賞をとった『ミナリ』は韓国からの移民家族の物語で、これまでほとんど知られていなかったアジア系移民の暮らしにスポットが当たった。これも2020年という年だったからこそ実現した快挙だろう。

期待を裏切るどんでん返しも…

ダイバーシティは、作品だけでなく会場のセレモニーでも大いに発揮された。

今年はパンデミックを受けて、ロサンゼルスのユニオンステーションという小さな会場で、大掛かりなステージも作れず華やかなパフォーマンスもなかったが、プレゼンターの半分を占めるピープルオブカラーの存在が目立った。

前回アジア系男性として2人目となる監督賞をとったポン・ジュノは、監督賞にノミネートされた全員のプロフィールを韓国語で紹介、またドキュメンタリー部門のノミネート作品は、すべて手話で紹介されるなど前代未聞の演出が話題を呼んだ(ちなみに作品賞ノミネートの『サウンド・オブ・メタル』は、聾唖(ろうあ)者でドラッグ依存症の人々を描いている)。

しかし最後にはどんでん返しも待っていた。

誰もが受賞は確実と信じていたチャドウィック・ボーズマン(がん闘病の末、昨年43歳で死去した黒人俳優)ではなく、大御所で史上最高齢のアンソニー・ホプキンスが受賞。本人も全く期待していなかったそうで会場にも来ていなかった。

授賞式の演出上、例年は作品賞が最後に発表されるが、今年は主演男優賞を最後にすることで、ボーズマンの追悼とダイバーシティを祝ってのエンディングを狙ったのだろうが、それが覆され尻切れとんぼの結末になっただけでなく、何よりも「黒人は結局受賞しない」という一般認識を強烈に裏付けることになってしまった。

“白人ばかり”の映画は売れなくなっている

しかし、これからのアカデミー賞はダイバーシティに向かう流れが後戻りすることはないだろう。それは社会的な理由だけではなくビジネス上の理由もあるからだ。

米国の調査によれば、今やピープルオブカラーのキャストが4~5割を占める作品が、最も興行成績が良いことが分かっている。反面、その比率が11%以下の作品の売り上げは最低ランクだという。

無人の映画館※写真はイメージです - 写真=iStock.com/peshkov

多様化した社会に住むアメリカ人はリアルなアメリカが見たい。グローバルマーケットであればなおさら、自分たちを代表する俳優たちが躍動している映画が見たいのは当然だろう。

こうした中でアカデミー賞は昨年9月、ノミネート作品に対するダイバーシティ・ルールを策定し、2024年からはルール違反の作品はノミネートできなくなる予定だ。

なぜ『ノマドランド』は評価されたのか

監督賞受賞など作品として圧倒的な評価を得た『ノマドランド』だが、出演者も主演女優のフランシス・マクドーマンド含めほぼ100%白人。彼女が演じるファーンは、キャンピングカーでアメリカ西部を放浪する60代の女性だ。高齢化、失業、ホームレスなど、アメリカ人が抱える恐れや不安を静かに描き、コロナで疲弊した人々の心に染みわたった。

こうした白人の恐れはピープルオブカラーへの怒りや憎しみに向きがちだが、この映画では冷徹な現実を、同じ非人間的なシステムの中で白人も苦しんでいるという、皆が共感できるアメリカの物語に昇華させた。それをクロエ・ジャオという中国出身女性が監督したのも象徴的だ。彼女はスピーチで中国の詩を引用し「人間は生まれた時は皆本質的に良い人だと信じている」と語った。

「あらゆるヘイトを拒絶しよう」

俳優・プロデューサーとして数々の黒人主役映画を製作、慈善家でもあるタイラー・ペリーの言葉も今年のオスカーを象徴している。ジーン・ハーショルト人道賞を受賞した際のスピーチで、「すべてのヘイトを否定しよう、白人だから、黒人だから、LGBTだから憎むことを否定しよう。アジア人だから、警官だからといって憎むことを拒もう」と述べた。

さらにこうも付け加えた。「この賞を、“真っただ中にいる人”に捧げたい。どんなに壁が高くてもそれを超えて対話を始めることが、何かを変えるきっかけになる」

コロナという人類未曾有の危機と、BLMというアメリカを揺るがす社会運動を受けて行われたオスカーは、俳優やクリエイターたちの思いを静かに発信して幕を閉じた。これが来年にどうつながっていくかは、私たち受け手がどんな映画を望むかにかかっている。

----------
シェリー めぐみ(しぇりー・めぐみ)
ジャーナリスト、ミレニアル・Z世代評論家
早稲田大学政治経済学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。ラジオ・テレビディレクター、ライターとして米国の社会・文化を日本に伝える一方、イベントなどを通して日本のポップカルチャーを米国に伝える活動を行う。長い米国生活で培った人脈や米国社会に関する豊富な知識と深い知見を生かし、ミレニアル世代、移民、人種、音楽などをテーマに、政治や社会情勢を読み解きトレンドの背景とその先を見せる、一歩踏み込んだ情報をラジオ・ネット・紙媒体などを通じて発信している。
----------

(ジャーナリスト、ミレニアル・Z世代評論家 シェリー めぐみ)

あわせて読みたい

「アカデミー賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  3. 3

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  4. 4

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  5. 5

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  8. 8

    G7:バイデン大統領が主導、一帯一路に対抗する「B3W」で合意

    My Big Apple NY

    06月14日 08:14

  9. 9

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  10. 10

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。