記事

「監督賞は中国系女性に」白すぎるアカデミー賞が生まれ変わった本当の理由

1/2

監督賞は初めてアジア系女性の手に

2021年のアカデミー賞は、女性として史上2人目、アジア系女性としては初めて監督賞をとったクロエ・ジャオ(作品『ノマドランド』)や、助演女優賞に輝いたユン・ヨジョンなどが脚光を浴び、「史上最もダイバーシティ溢(あふ)れるオスカー」と大きく報道された。

2021年4搈25日、米国カリフォルニア州ロサンゼルスのユニオンステーションで開催された第93回アカデミー賞授賞式のプレスルームでポーズをとる『ノマドランド』で搀優秀作品賞と監督賞を受賞したクロエ・ジャオ氏。2021年4月25日、米国カリフォルニア州ロサンゼルスのユニオンステーションで開催された第93回アカデミー賞授賞式のプレスルームでポーズをとる『ノマドランド』で最優秀作品賞と監督賞を受賞したクロエ・ジャオ氏。 - 写真=EPA/時事通信フォト

しかしつい5年前には、「Oscars So White=オスカーはとても白い(白人受賞者が多すぎる)」と強く批判され、その論争はつい最近まで続いていたのを覚えている人も多いだろう。アカデミー賞は一体どうやってそれを克服したのだろうか。

そのハッシュタグ「#OscarsSoWhite」がSNS上で広く拡散されたのは2016年だった。前年に公開された映画から選ばれたノミネートは、女優、男優全員が白人だったからだ。

アメリカはこの年、オバマ政権最後の年に入ったところだった。ピープルオブカラー(有色人種)が人口の4割に迫る勢いで、アメリカの顔はもう白人だけではないと言われるようになってからも久しかった。

映画を見る客にこれだけ非白人が増えているのに、なぜハリウッドだけが白人ばかりを押しつけてくる のだ? という批判は大合唱に変わっていった。

なぜアカデミー賞は「白い」のか、それには2つの理由がある。

配給会社も制作陣もみな白人ばかり

まず、ハリウッドの映画業界が白いからだ。

大手配給会社のトップは年配の白人であるところから始まって、プロデューサーもディレクターもキャスティングエージェントも多くが白人だ。彼らが作る映画は自然と白人目線のものになり、主役も白人になる。2011年に公開された映画で、ピープルオブカラーの主演はわずか11%だった。

一方女性に関して言えば、2011年の女性の主役は3割、しかも40歳を超えると役がないというエイジズムに直面し、#metooではセクハラの犠牲になっていることも明るみに出た。同様にアカデミー賞の投票メンバーも白人男性に偏っている。2016年当時、約8000人のうち女性は25%、ピープルオブカラーになるとわずか8%だった。

その結果、93年の歴史の中で、主演男優賞を受賞した黒人はわずか4人、主演女優賞は1人、また監督賞を受賞した女性も2人しかいない。

これを変えなければ未来はないと悟った映画業界は、改革に着手する。

『パラサイト』は脚光を浴びたが…

2016年のオスカーの後、賞を主催する映画芸術科学アカデミーは女性とピープルオブカラーの投票メンバーを2倍にすることを表明。雇用についても、俳優はもちろん裏方にもピープルオブカラーと女性を増やすことを宣言した。

そのためか、1年後の2017年オスカーでは『ムーンライト』が最優秀作品賞をとり、マハシェラ・アリが助演男優賞、ヴィオラ・デイヴィスが助演女優賞に輝いた。

しかしその後3年間、ピープルオブカラーはそれなりにノミネートされていたが受賞数は低迷し、2019年には『ブラック・クランズマン』で監督賞の呼び声が高かったスパイク・リーが受賞を逃すなど、多くのファンが首をひねる結果が続いた。

翌2020年では、女性とピープルオブカラーの投票メンバーはそれぞれ31%と16%まで増えた。その結果が韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の作品賞につながったとも考えられる。字幕映画は受賞できないというこれまでの常識を打ち破り、折からのアジアブーム、特にK-POPや韓国ドラマ人気の追い風にも乗った。

しかし、ピープルオブカラーで主演俳優のノミネートはシンシア・エリヴォのたった1人。ダイバーシティはパラサイト1点に集中したかのような印象を受けた。

ところが今年になると話は全く変わってくる。

最多受賞…いったい何が起きたのか?

今年はピープルオブカラーが最多ノミネート、最多受賞という歴史的なオスカーになった。

特に助演女優賞に、アジア女性としては2人目で初の韓国人受賞を果たした『ミナリ』のユン・ヨジョン、助演男優賞は5人のノミネートのうち3人がアフリカンアメリカンで、『ユダとブラック・メサイア』のダニエル・カルーヤが受賞。主演男優賞はノミネートでは5人のうち3人、主演女優賞もノミネートでは5人のうち2人がピープルオブカラーだった。

メークアップ&ヘアスタイリング賞で初の黒人が受賞、短編映画でも、黒人への警察暴力をモチーフにした『トゥー・ディスタント・ストレンジャーズ』が受賞した。

 ハリウッド大通りのお土産店に並ぶオスカー像※写真はイメージです - 写真=iStock.com/vzphotos

しかし、今年最もインパクトが大きかったのはやはり監督賞だろう。女性が2人ノミネートされたのも初めてなら、クロエ・ジャオは女性2人目の受賞、また初のアジア人女性でもある。

今年はいったい何が起きたのか? 実はノミネート対象となる2020年に公開された上位185作品のう ち、ピープルオブカラーが主役の作品は40%、女性の主役は48%と例年よりも比率が大幅に上がったのだ。しかしそれは、ハリウッドが雇用を劇的に拡大したからではない。

あわせて読みたい

「アカデミー賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  3. 3

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  4. 4

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  5. 5

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  6. 6

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  7. 7

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  8. 8

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  9. 9

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  10. 10

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。