記事

ホームレスを「おっちゃん」と考える人は、本当のホームレス問題を知らない

1/2

なぜホームレスの「暴行殺人事件」が起きるのか

2020年3月、岐阜市の河川敷でホームレスの高齢男性が少年らに襲われて死亡する事件があった。同年11月には渋谷でホームレスの高齢女性が中年男性に暴行を加えられ死亡した事件が続いた。

これらの事件は大きなニュースになったことから記憶している読者も少なくないだろう。なぜ、こうした痛ましい事件が繰り返し起こるのか。背景には、ホームレスをはじめとする社会的弱者への無理解・偏見がある。

われわれは社会的弱者に転落するリスクと無縁ではない。家族、地域、企業などこれまでの社会を支えてきた基盤はどんどん不安定になっていて、貧困や失業のリスクは増している。コロナ禍の広がりはそのことを一層実感させた。それにもかかわらず、ホームレス問題をどこか縁遠いものと捉えていないだろうか。

現在、日本の政府が把握しているホームレスの数はおよそ4000人。ホームレス問題を20年近く研究してきた筆者にはかなり少ないと感じられる。バブル経済の崩壊を受け、1990年代中頃には仕事と住まいを失い、ホームレス状態を余儀なくされた人々が溢れた。東京や大阪の都心部に近い公園、河川敷などではブルーシートでこしらえた小屋などで暮らす人が目立った。

統計上、ホームレスはこの20年弱で「6分の1」に減っている

1998年に大阪市で実施された調査では8600人ものホームレスが確認されている。この時点では国のホームレス対策はほとんどなく、ボランティア団体が生存を支えるための支援を講じることがやっとの状態だった。

2000年代に入るとホームレス問題の解消を目指す社会運動の成果もあり、ようやく国の対策も一定程度進むようになった。以来、ホームレスの数は右肩下がりに減少し、2003年に全国で2万5000人いたホームレスは、2012年に1万人弱まで減少した。厚生労働省によれば、2021年1月時点の全国のホームレス数は3824人(男性3510人、女性197人、性別不明117人)。2003年の調査開始以来、最少になったという。

出典:ビッグイシュー基金のHP「ホームレス問題の現状」より出典:ビッグイシュー基金のHP「ホームレス問題の現状」より

1990年代から2000年代はじめにかけて、ホームレス問題の主たる要因は失業だと考えられていた。事実、ホームレスを対象にした各種調査によれば、直前職が非正規雇用の者が多く、とりわけ建設業に従事する中高年の日雇い労働者が目立った。ホームレスに対して「おっちゃん」のイメージが色濃いのはそのためだ。

統計には出てこない「流動するホームレス」が増えている

政府が把握しているホームレス数の推移を見ていると、日本のホームレス問題は解消に向かっているかのようだ。しかしそれは事実とは異なる。

日本では20年ぐらい前までは路上でブルーシートを張って暮らすホームレスの存在が目についたが、近年はこうした行為への取り締まりも強化されているし、住所不定者に対する生活保護の適用も進んできた。したがって現在の日本ではホームレスという存在は、きわめて見えにくいものとなっている。

ホームレス支援に取り組む認定NPO法人Homedoorの夜回り活動の様子。スタッフの他、ホームレス経験者、学生や社会人のボランティアなど、多様な属性人々が混じり合って活動している。ホームレス支援に取り組む認定NPO法人Homedoorの夜回り活動の様子。スタッフの他、ホームレス経験者、学生や社会人のボランティアなど、多様な属性人々が混じり合って活動している。

不可視化したホームレスは当然、統計上にも現れにくくなっている。なぜなら、国のホームレスの統計は目視で調査した結果だからだ。特定の拠点で定住しているホームレスが減り、流動するホームレスが増えるようになると、その数は把握しづらくなる。

筆者も支援団体の夜回り活動に参加することがあるが、特に市街地にいるホームレスは場所を転々としていたり、深夜営業の店舗で夜を過ごしていたりすることから、周囲からホームレス状態なのか否かが判別しにくい。このように流動するホームレスは固定するホームレスに比べて発見されにくく、介入も難しい。

国の調査では「ホームレスの96%は男性」となっているが…

また生活保護を利用するなどしてホームレス状態から脱却しても、それは問題の一部が解消しただけの場合が少なくない。というのも屋根のある暮らしは確保できたとしても、社会関係が極端に希薄で、自分の困りごとを話せる他者がいない(社会的孤立)、自分の存在を肯定してくれる仲間がいない(承認の不在)といった、諸課題が横たわっているからだ。

「ハウス」(物理的な居住空間)は何とかして確保できたとしても、「ホーム」(あたたかな社会関係)から排除されている人たちは少なくないのだ。

筆者が「ホームレス問題は本当に解消に向かっているのか?」と疑問を呈するのにはもう一つ理由がある。厚生労働省による調査で把握されているホームレスと、民間の支援団体で把握されているホームレスとの間にギャップがあるからだ。

2016年に実施された厚労省の調査(ホームレスの実態に関する全国調査<生活実態調査>)によると、ホームレスに占める男性の割合は96%を超えている。また、平均年齢は61.5歳と高い。ホームレス歴が10年以上の者も全体の35%を占めている。これらのデータからは、長期間ホームレス状態で暮らす中高年男性の姿が浮かび上がる。一般的なホームレス像もこれに近いだろう。

一方、民間の支援団体で把握されているホームレスは幾分様相が異なる。

あわせて読みたい

「ホームレス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。