記事

コロナ禍で増す「家飲み」需要-現役世帯を中心に支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ? - 久我 尚子

1/2

■要旨

  • 総務省「家計調査」によると、2020年3月以降、二人以上世帯の外食の「飲酒代」は前年同月より減少する一方、「酒類」は増加している。特に「チューハイ・カクテル」の増加幅が大きい。「家飲み」の支出額は増えているが、元々支出額の大きな「外飲み」が減ることで、世帯当たりのアルコール関連の支出額は全体としては減少している。
  • 世帯主の年齢によらず「酒類」は増えているが、特にコロナ前は会社帰りの「外飲み」機会の多かった30~50歳代の現役世帯で目立つ。内訳は、ビールや発泡酒など以前も家で日常的に飲んでいたものに加えて、非日常感や気分転換を求めているのか、若い世帯を中心にウィスキーなど、以前は家であまり飲んでいなかったものも増えている。
  • 近年の変化に目を向けると、若者や男性では20年前より飲酒習慣率が低下し、「アルコール」離れをしている。米国のミレニアル世代を中心に健康などへの悪影響から、あえて飲まない選択をする「ソーバーキュリアス」という新潮流があり、日本の若者でも半数以上は日常的に飲酒をしていない。コスパ意識や安全志向の高い若い世代では、飲酒はメリットをデメリットが上回る娯楽と認識されている可能性がある。
  • コロナ禍で、飲食店のようなきめ細かな泡を楽しめる缶ビールや極低アルコール飲料など「家飲み」需要を見込んだ新商品が登場している。成熟市場では、時勢に応じて、いかにきめ細やかに消費者のニーズをくみ取れっていくかが重要だ。コロナ禍で需要構造が激変し、苦境に立たされる企業も多い。ウイルスとの戦いは未だ続いているが、今後とも様々な領域で企業の取り組みに期待をしていきたい。

■目次

1――はじめに
 ~コロナ禍で「外飲み」から「家飲み」需要へシフト、「外飲み」気分を味わえる新商品も登場
2――コロナ禍におけるアルコール支出の変化
 ~「家飲み」支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ?
  1|二人以上世帯の状況
   ~「外飲み」大幅減少、「家飲み」増加でアルコール関連支出はトータルでは減少
  2|世帯類型別の特徴
   ~現役世帯を中心に「家飲み」支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ?
3――近年のアルコール消費動向~若者ほどあえて飲まない「ソーバーキュリアス」の増加
4――おわりに~成熟市場における商品の多様化、コロナ禍ならではのヒット商品にも期待

1――はじめに~コロナ禍で「外飲み」から「家飲み」需要へシフト、「外飲み」気分を味わえる新商品も登場

コロナ禍でアルコールの楽しみ方が変化している。外出自粛や飲食店の時短営業などの影響で、「外飲み」の機会が減り、「家飲み」が増える中、飲料メーカーでは家でも飲食店で提供されるようなきめ細かな泡が楽しめる缶ビール1やアルコール度数が1%未満と極めて低い商品を発売するなど、「家飲み」需要を見込んだ新商品のラインナップに工夫を凝らしている。また、アルコール度数1%未満は従来のノンアルコールの区分であり、どのような需要を見込んでいるのかなどにも注目が集まっている。

本稿では、総務省「家計調査」などを用いて、コロナ禍によるアルコール需要の変化を捉える。また、日本ではこれまでも若者の「アルコール離れ」などが言われてきたが2、あらためて消費者の飲酒状況の最新動向を確認する。

1 アサヒビールは缶内部の凹凸に工夫をすることで、飲食店で提供される生ビールと同様のきめ細かな泡が楽しめる商品も発売したが、想定を上回る注文が殺到したことで出荷を一時停止する事態となっている(2021年4月半ば時点)。
2 久我尚子「さらに進んだ若者のアルコール離れ」、ニッセイ基礎研究所、基礎研レター(2020/2/3)など。

2――コロナ禍におけるアルコール支出の変化~「家飲み」支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ?

1二人以上世帯の状況~「外飲み」大幅減少、「家飲み」増加でアルコール関連支出はトータルでは減少

総務省「家計調査」によると、国内にコロナ禍が直撃した2020年3月頃から、二人以上世帯の外食の「飲酒代」は前年同月を下回る水準で推移している(図表1(a))。特に、初めて緊急事態宣言が発出された2020年の4月の対前年同月実質増減率は▲90.3%を示し、平常時の消費が大方消滅した。6月以降は経済活動の再開を受けて改善傾向を示し、政府のGоTоイートキャンペーンの効果も相まって、10月には▲36.3%まで回復したが、秋冬の感染再拡大によって再び低迷している。

一方、同期間において、主に「家飲み」用途が見込まれる「酒類」の支出額は前年同月を上回る水準で推移しており、緊急事態宣言が発出中の2020年5月の対前年同月実質増減率は+25.6%を示した。なお、10月に再び上昇しているが、これは前年同月(2019年10月)が消費税率10%への引き上げによる反動減が生じたために、2010年10月は対前年同月でプラスに振れやすいためだ。

「酒類」の内訳を見ると、全体的に前年同月の水準を上回るものが多いが、特に「チューハイ・カクテル」の増加幅の大きさが目立ち、2020年5月は+52.6%を示している(図表1(b))。また、「ワイン」や「発泡酒・ビール風アルコール飲料」なども、コロナ禍で比較的堅調に増加している。

なお、「飲酒代」と「酒類」をあわせた「アルコール関連合計」の支出額を見ると、「家飲み」の「酒類」の支出額は増えているものの、元々支出額の大きな「外飲み」の「飲酒代」が減少することで、世帯当たりのアルコール関連の支出額は全体としては減少している(図表1(c))。

2世帯類型別の特徴~現役世帯を中心に「家飲み」支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ?

(1) 世帯主の年齢別
二人以上世帯について世帯主の年齢別に2020年と2019年のアルコール関連の支出額を比較すると、世帯主の年齢によらず、2020年の「飲酒代」は大幅に減少している(図表2(a))。なお、減少幅は高年齢世帯ほど大きく(65歳以上で▲6割超)、感染による重篤化リスクの高まる高年齢世帯ほど「外飲み」を控えている様子がうかがえる。なお、「食事代」も同様である。

一方、「酒類」は世帯主の年齢によらず増加しており、増加幅は30~50歳代(あるいは25歳~50歳代)の勤労者の多い現役世帯で大きく、2割程度増えている。これまで会社帰りなどに「外飲み」が多かった世帯ほど「家飲み」支出が増えているようだ。

「酒類」の内訳を見ると、全体的に増加しており、特に「ウィスキー」や「チューハイ・カクテル」、「焼酎」の増加幅が大きいほか、若い世帯ほど「ウィスキー」や「清酒」が、高齢世帯で「ワイン」の増加幅が大きい。

なお、支出額自体は、コロナ前の2019年も2020年も、年齢によらず「ビール」や「発泡酒・ビール風アルコール飲料」が多く、これらに加えて若い世帯ほど「チューハイ・カクテル」が、高年齢世代ほど「焼酎」や「清酒」が多い傾向がある(図表3(a))。これらと比べて「ウィスキー」の支出額は年齢によらず少ない。

つまり、コロナ禍で、ビールや発泡酒などコロナ前から日常的に家で飲んでいたアルコールの支出が増えていることに加えて、コロナ前はあまり家では飲んでいなかったものも増えている。以前は、ウィスキーはバーで、日本酒は専門店でというように、主に「外飲み」で楽しんでいた種類のアルコールを「家飲み」で楽しむようになっているようだ。家の中で過ごす時間が増えたことで、気分転換を図ったり、非日常感を楽しむために、これまで挑戦したことのなかった種類のアルコールを楽しむようになっているのかもしれない。

単身世帯でも同様に、世帯主の年齢によらず「飲酒代」は大幅に減少している(図表2(b))。なお、単身世帯では元々男性で、かつ、若いほど「飲酒代」が多く、年齢による差が大きいため(図表3(b))、コロナ禍で「外飲み」が控えられたことで、その減少幅は若い男性ほど大きくなっている(「食事代」も同様)。

あわせて読みたい

「お酒」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  4. 4

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  5. 5

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  6. 6

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  7. 7

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  10. 10

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。