記事

劇団四季代表取締役「配信は演劇の充分な代替品になり得ない」の意味

NEWSポストセブン

 劇団四季の新作『劇団四季 The Bridge ~歌の架け橋~』の全国公演が4月16日に開幕した。コロナ禍で公演数が半減し、舞台芸術の存在意義さえ問われる状況の中、名実ともに“日本一”の劇団はコロナとどう向かい合ったのか。代表取締役の吉田智誉樹さんは、劇団を人の体に例える。

【写真】滑らかな黒い床の稽古場で18人一斉にポーズをとる劇団四季のメンバー。他、アラジンやキャッツなどの劇中の様子も

「創設者の浅利慶太の教えはまるで血液のように私たちの中に流れ、浅利を知らない新人という“新たな細胞”にも、それは受け継がれていくのだと思います」

『The Bridge』で初めてオリジナル作品の演出を務める荒木美保さんも、浅利さん亡きいまも、その信念はしっかりと受け継がれていると話す。

「そのうえで、自分たちなりの新たな作品づくりをしなければ、先人がつくり上げてきたものを本当の意味で守ることはできないと思っています。劇中で朗読する『ハングリー・キャッツ』の詩にあるように、“得たものをこわしながら築き、築きながらこわす。相変わらず、飢えている”ことが大切なのです」(荒木さん)

 創立68年目を迎えた劇団四季の「これまで」を受け継いだ『The Bridge』は、未曽有の危機を乗り越え、劇団四季の「これから」に続く架け橋となっていく。同作に出演する笠松哲朗さんはいう。

「先輩たちが築いてくれたものは、確かにぼくたちの足掛かりになっています。同じように、ぼくたちの“いま”の積み重ねが、いずれ誰かの“これから”になるんだと思います。『The Bridge』には、アラジンやシンバといった役名がありません。出演者はみんな、ありのままの自分で、劇団四季の歴史を表現しなければいけないんです。

 普段は『アラジン』や『ライオンキング』といった架空の物語の中に身を投じて生きているぼくたちは、お客さまの前で自分自身をさらけ出すことが、とても怖かった」(笠松さん)

 それについて、荒木さんは、そうして恐れたり、悩んだりする一人ひとりの生きざまこそが、この作品のストーリーになっていくと話したという。

 コロナ禍では、多くの演劇、コンサート、ミュージカルが、ライブ配信されるようになった。世界中どこにいても、観たい公演を観られるようになったが、吉田さんは、配信は演劇界の新しい生活様式にはならないと考える。

「配信には、日本中どこにいても舞台をご覧いただけるというよい点もあります。しかし、演劇の充分な代替品にはなり得ない。舞台上の高揚感、緊張、喜び、悲しみは、出演者とお客さまが同じ空間を共にしなければ、お客さまに完全には伝わらないからです。

 また、同じ劇場、同じ出演者であっても、今日と明日の『オペラ座の怪人』は、まったく違うものです。この“一期一会”も演劇の魅力の1つ。アーカイブされた配信では感じられません。

 いま、多くの人が、未来に希望を持てなくなっている。だからこそ、舞台の上にある、希望に満ちた“虚構”の世界を信じることで、『人生は生きるに値する』というメッセージを、1人でも多くの人に感じていただきたい。それが舞台芸術の使命なのです」(吉田さん)

 4月16日。神奈川・相模原市で全国公演の初演を観劇したばかりの女性に話を聞いた。

「この1年間、外に出られなくて、娘に『廃人になっちゃうわよ』と言われるほどふさぎ込んでいました。でも、最近観劇するようになってから、みるみる元気になって。私も“人間に戻る”ことができたみたいです」

 舞台の冒頭で、1982年から劇団四季に在籍するベテラン俳優、味方隆司さんは、「今日、私たちは劇場で逢いました。夢は眠りの中だけにあるわけじゃない。劇場でも大きくふくらむ」というせりふを朗々と語り、そしてこう続ける。

「人生を生きるには、夢が必要だ。苦しいとき、悲しいときはここへいらっしゃい。寂しいとき、うれしいときもぜひ。劇場は夢をつくり出し、人生を映し出す、大きな鏡です」

 昨年4月7日の緊急事態宣言発出から、本誌が全取材を終えた今年4月19日まで、378日が経過した。その間、中断と再開を繰り返しながら、劇団四季の挑戦は続いた。苦難の連続だった昨日までが、きっと明日からの自分たちを強くすると信じて──。

※女性セブン2021年5月6・13日号

あわせて読みたい

「演劇」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。